2007/12/31

今年の汚れは今年のうちに!  プライベート

 ついに大晦日を迎えました。1年が過ぎるのが年々本当に早く感じるようになりました。こんなことを言ったら叱られるかもしれませんが、やっぱり歳をとったせいでしょうかねぇ?。我が家の大晦日は、毎年昼間からゆっくりテレビを見て・・・。んなわけありません!「今年の汚れは今年のうちに!」ということで一家総出でうす暗くなるまで大掃除です。
 今日も例年の通り家族全員フル回転。私が唯一一息つけたのは、女房との正月食材の買出しの時でした。でもこれもお店が混んでて大変!そして毎年決まって私が発する言葉は、
「お刺身高えー!」
買出しから戻り、女房はおせちの準備で、私は再び“大掃除と言う名の戦場”に復帰し、そして5時過ぎ、これまた毎年恒例の
「今年はこれくらいでいいだろう。これなら神様やご先祖様も怒らないだろう。」
との父からの一声で今年の大掃除の幕は閉じました。
 本当に今年最後の一仕事です。夜7時から、座間駅前商店振興会の街路灯のタペストリーの付け替え作業。商店街の街路灯も新年を迎えるにあたりお色直しです。一日大掃除をした後で疲れていますし、また今日は一段と風は冷たいし、ベソをかきそうだったのですが、これもお客様たちに新年から気持ち良く商店街を通ってほしいという気持ちからがんばって付け替えをしました。
 皆様、この1年本当にお世話になりました。皆様にアクセスをいただくことが大きな励みとなり、7月から始めたこのブログ「走れ韋駄天!」、なんとか続けてくることができました。来年もがんばっていろいろと書き込んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 皆様にとって素晴らしい1年、平成20年が迎えられますことを心よりご祈念申し上げ、ここに平成19年の「走れ韋駄天!」を閉じたいと思います。ありがとうございました。
0

2007/12/30

わざわざ府中まで?  プライベート

 朝7時過ぎに家を出て東京の府中へ。新年を控え、毎年30日の朝一番には美容室へ行き髪を整えます。わざわざ府中まで?理髪店じゃなくて美容室?と思われるでしょうが、これには理由があるんです。
 その美容室は、高校時代の友人の店で、彼が就職をしてからですからもう25年近く府中まで通っていることになります。始めはご多分にもれず“実験台”の一人であったわけですが、彼は後に閉店することになったその店のお客さんを引き継ぎ独立し、今ではりっぱなオーナー美容師です。私の記憶が確かなら、私はこの25年近くの間、2、3回よその店に行った以外はすべて彼の店、女房は結婚してから彼の店以外で髪を切ったことはなく、長女に至ってはそれこそ赤ちゃんの頃から生まれて此の方高校2年の今まで他の店に行ったことはありません。私は別として、女房、長女には強制しているわけでなく、「好きな店に行っていいよ。」と言っているのですが、やはり慣れている店がいいらしく、最近ではよく二人で府中まで出掛けて行ってます。
 議員になってさらに忙しくなり、府中までの道のりが時間的に苦にならないと言ったら嘘になりますが、高校時代からの腐れ縁、たまに会って髪を切ってもらいながら、彼といろいろ話しをすることで、どこかホッとして身も心もリフレッシュさせてもらっているのでしょう。ちなみに、高3の時、彼は代々木にある某美容専門学校を受験したのですが、私ともう一人(この彼もいまだに家族で府中に通っています。)で試験に付き添って行き、学校の前で手を振って彼を見送り、私たちは近くの喫茶店で半日マンガを読んで待っていたんですよ。
「おまえたち、試験の時、俺に付き合ってくれよ〜。」
「なんでよぉ〜。・・・。」
「いいじゃんよぉ〜。どうせヒマだろ?」
「ヒマと言えばヒマだけど・・・。まあいいか、付き合ってやるぜ。
きっとこんな程度の会話で、がん首揃えて代々木まで行ったんだと思います。
ねっ、腐れ縁でしょう?今、こうして付き合っているのも無理ないでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します 府中市緑町の「暖家」(だんけ)が彼の店で、私の行きつけの美容室です。気さくな店主と陽気な奥さん、アットホームなお店です。お近くの方は、ぜひご利用ください。
0

2007/12/28

大和斎場組合議会と仕事納め式  活動報告

 事後報告になりますが、先日26日、大和市議会議場で開かれた「広域大和斎場組合議会」の平成19年第2回定例会に出席しました。広域大和斎場組合議会は、管理者が大和の大木市長、副管理者は星野市長を始めとする海老名の内野市長、綾瀬の笠間市長の3氏、そして大和6市議会議員、海老名、綾瀬、座間が各3議員で議会構成されています。座間からは、伊澤議長、吉田議員、そして私の3人が議会議員となっています。
 議案は、「平成18年度広域大和斎場組合会計歳入歳出決算について」の認定他4議案でありましたが、採決の結果はすべて全員賛成をもって認定、可決をされました。実はここで今日、私は初体験がありました。それはこの議会での賛否の取り方。座間の市議会は「・・・賛成の方の挙手を求めます。」ですが、ここでは「・・・賛成の方の起立を求めます。」というかたちです。初めは、立つタイミング、座るタイミングに戸惑い、タイミングを掴んだところで採決はすべて終わってしまいました。今日の5議案程度ならいいですが、何十議案もの採決がある時には、これは結構大変だろうなと思ったのが率直な感想でした。
 ちなみに、平成18年度の広域大和斎場組合会計歳入歳出は、
予算現額 478,607,000円
収入済額 502,442,348円
支出済額 468,205,506円
翌年度繰越 34,236,842円
 もうひとつ参考の数字として、平成18年4月から平成19年3月までの12か月間大和斎場で荼毘に付された方は、大和1,309人、海老名629人、綾瀬472人、座間695人、4市外238人の合わせて3,343人であったといことです。

 話は変わって今日は、3時半に市役所に登庁して、年末恒例の仕事納め式の放送を議員控え室で聞きました。市長、議長から、職員の皆さんへ1年の労をねぎらう挨拶がされて20分ほどで終了、これで平成19年も“納め”となります。職員の皆様、1年間お疲れ様でした。年末、年始短い限られた休みですが、どうぞ英気を養っていただき、ご家族とともに素晴らしい新年をお迎えになられることをご祈念申しあげます。
 
0

2007/12/27

過去の一般質問から・その6の1  一般質問

 平成19年第1回定例会一般質問の1項目は、「公園の活用」をテーマに市長の考えを質しました。私の発想でズバリ「公園にバーベキュー施設を設けませんか?」というかなり奇抜な提案をぶつけています。
 質問内容については「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
続きを読む
0

2007/12/26

過去の一般質問から・その5の2について  一般質問

 この一般質問の題材は、「子ども議会」の新聞記事を見たことをきっかけに興味を持ち取り上げてみたものです。
 「子ども議会」について、前回本市で開催した平成13年当時の市長の感想、また今後の開催についてお聞きをしたのですが、ご答弁は
「私たち大人にない非常に純粋な、非常にすばらしい発想の中でさまざまな質問をいただいた。それは、やはり小・中学生らしい視点、そしてまた角度、そういう関係で大変厳しい質問をいただいたわけで、ただ、そういうふうな発想からくる発言に、率直に私は参加した子供たちに非常に将来への希望を持たせていただいた。今後の関係については、またよく教育委員会と協議をさせていただきたい。」
と、わりとさらりとしたものでした
 先日も今月17日に湯河原町で開催された「子ども議会」の記事が新聞に載っていました。記事によると、湯河原町では昨年に続いて十二回目の開催で町立小3校の5、6年生計23人が参加し、町側は、町長のほか教育長ら約10人が出席して、「町の発展をめざして」のテーマに沿って、観光や文化、人口などの視点から鋭い指摘やユニークな提案を展開したそうです。その中で湯河原駅のトイレは薄暗くて汚いと指摘した児童がおり、町長から「来年の町の仕事の中でも優先的に駅のトイレを新しくすることに取り組みたい」と、素晴らし答弁をいただいたことも取り上げられていました。
 毎年とは言いませんが、うちも2、3年に1度ぐらいの開催はどうですかねぇ。「市民参加」の一環として、彼らの「?」部分やいろいろな発想が聞けて、きっと行政も私たち議員もいい刺激を受けるんじゃないかと思います。

 
0

2007/12/25

過去の一般質問から・その5の2  一般質問

 平成18年第4回定例会一般質問の2項目は、「子ども議会」について市長の考えを質しました。県内各地でも開催されている「子ども議会」、本市でも過去に開催されたことがありますが定期的なものではありません。
 質問内容については「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
続きを読む
0

2007/12/24

メリークリスマス!あれ?  プライベート

 今晩の夕食は、私、女房、長男、次男、父、母の家族団欒、ささやかなクリスマスパーティーです。あれ?一人足りないよ?高2のお姉ちゃんがいませんよ。彼氏とクリスマスデート?まあ、お年頃だから仕方ないでしょう。長女が帰宅してから、あらためてクラッカーを鳴らして
「メリークリスマス!」
子どもたちの笑顔があふれ幸せを感じるひと時です。
0

2007/12/23

サンタクロースのお仕事  プライベート

 明日はクリスマス・イブですね。皆さんはどのように過ごされるのでしょうか。我が家は、まだ幼稚園の男の子がいるので、女房の手作り料理で彼中心のささやかなクリスマスパーティーを開いています。
 そのパーティー自体はさておき、やはり子どもたちの関心は何と言ってもクリスマスプレゼント。すべて“オーダー制”になっているのですが、恒例により、おじいちゃん、おばあちゃんからはそのパーティーの時にプレゼントが“授与”されます。ねえちゃん、にいちゃんは、嬉しいには変りませんが、もう年齢的にも落ち着いてその時を待っています。しかし、幼稚園児の末っ子は、目をお星様のように輝かせてニヤニヤそわそわ落ち着かないのは、きっとご想像いただけることでしょう。一方、私たち夫婦からのプレゼントは「公式」にはなく、信じる信じないは別としてすべてサンタさんからということで(おませな末っ子は、すでに微妙な領域ですが・・・。)、イブの晩にそっと子どもの枕元にプレゼントを置いておきます。
 先に言ったようにプレゼントが“オーダー制”なので、苦労するのはその“仕入れ”なんです。仕入れがクリスマス・イブぎりぎりになり、もしオーダーのあった商品が売り切れていたりしたらもう大騒ぎで、女房とふた手に分かれて商品探しに師走の街を走り回ったことも過去に何度かありました。それが本当の“サンタクロースのお仕事”なんです。
 今年の準備はOK!明後日の25日の朝、枕元のクリスマスプレゼントを見つけ
「パパー!ママー!サンタさんからクリスマスプレゼントが来たー!」
と叫んで、今年もベッドから飛び起きて来てくれるだろう?末っ子の顔が今からとても楽しみです。

 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ