2008/4/17

(仮称)県公共的施設における禁煙条例  出来事

 昨日の神奈川新聞朝刊の1面、朝日新聞夕刊の社会面に載ったある記事、ご覧になられましたか?それは、松沢神奈川県知事が15日の定例会見で、『受動喫煙防止を目的に制定を目指す「県公共的施設における禁煙条例」(仮称)に対する、県の基本的な考え方を示した。』という記事であります。受動喫煙被害を懸念する方々やタバコの煙や臭いを嫌う方々などの嫌煙派としては大歓迎されるもので、一方愛煙家の皆さんにはさらに肩身の狭い思いになる条例素案であります。
 規制対象としてあげられているのは、官公庁施設や学校、病院のほか、公共的施設を「不特定多数の者が利用する施設で、室内またはこれに準ずる環境にあるもの」と定義し、健康増進法などを基に、規制を検討する対象範囲を決定したということで、ただし事務所や共同住宅などは対象外とし、施設内の休憩室や倉庫、事務室などは適用除外とされるそうですが、飲食店、宿泊施設、娯楽施設なども含めることを前提に今後検討を進めるとされいます。そして条例の実効性を担保するため、県民や施設管理者に罰則を設けるとしています。
 規制対象としてあげられている官公庁施設や学校、病院などは、健康増進法により2003年から公共施設での受動喫煙防止が義務付けられ、すでに多くの施設で「禁煙」や「分煙」が進められていますが、この条例には飲食店、宿泊施設、娯楽施設なども含めることを前提に今後検討されるとされています。と言うことは、例えば喫茶店や居酒屋、バー、パチンコ店やボーリング場もということでしょうか?生ビールをクゥーって飲んで、気持ちよくタバコはふかせなくなる?
 松沢知事は、早ければ県議会6月定例会に条例の骨子案を提示し、条例案は年内にも提案し、規制の手法を“目指すは全面禁煙”、一歩譲って部屋で分ける“完全分煙”と述べられているそうであります。
 まあ、私のようにタバコを吸わない人間は・・・。だって昨年の10月17日の書き込みにあったように入院をきっかけに禁煙して・・・。さらに10月29日には「禁煙もほぼ成功の域に。」と書き込んだように・・・。すいませ〜ん、正直に申し上げます、とっくの昔に禁煙に失敗してま〜す。11月10日、大学の友人の結婚式で仙台に行った時をきっかけに、再び“喫煙活動”を開始してしまいました。だって大学の仲間が誘うんだもの・・・(言い訳です)。やっぱり“吸うという意志”が“吸わないという意志”より強かったんでしょうね(開き直りです)。それに市税収入にも影響するだろうし・・・(すごい言い訳でしょう?)。だけど1日に吸う本数は減りましたよ。もともと車の中では吸わないし、家の中ではほとんど吸わないですもん。パソコンを前にしては絶対吸わないし、家では庭かベランダ、お勝手の換気扇の下、トイレでしか吸いませんもん!はい、わかっています、全部言い訳です!
 今、政和会には9人の議員が在籍しますが、タバコを吸うのは私と長谷川議員の2人だけで、座間の市議会議員全体をみても26人中10人程度だと思います。本市の庁舎内でタバコを吸えるのは地下2階の庁用車駐車場と屋上だけとなっています。肩身の狭い思いもしてますし、十分「分煙」も守っています。世界的にもそいう潮流であることは承知していますが、マナーは守りますから、せめて「分煙」ということで許していただけないでしょうか?“愛煙家”の一人として、今後この条例案に注目していきたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ