2008/5/10

親子で奮闘!  活動報告

 午後、山本県議会議員の後援会主催によるボーリング大会が開催され、次男と二人で参加させていただきました。
 今日は雨模様で、次男の少年野球の練習は一日中止、長男は授業参観のため登校日、長女は高校の部活関係でお出かけ、女房は長男の授業参観なのでもちろん中学校へ行っており、おじいちゃんおばあちゃんとお留守番になるちょっとブルーな気分の次男に「ボーリング行っちゃう?」と声をかけてみると、目を輝かせて「行く!」と返事が返ってきたもので、了解をいただいていっしょに連れていくことにしました。それにしても野球以外で次男と親子二人で出掛けるなんていうことは本当に久しぶりです。(お互いに緊張してたりして・・・。
 仲間からは私と次男一人づつで投げればいいのにと気を使ってもらいましたが、結局は奇数フレームを次男、偶数フレームを私が投げるという親子混合ペアで2ゲームに挑みました。やる気満々の次男は生まれて2度目のボーリング、さすがにまだ腕の力がなく、キッズ用ボールでも片手で上手く投げられないので必殺の両手投げ。それでも1ゲームめの中盤には要領を掴んでそこそこピンを倒すようにはなりました。親子で奮闘の末、1ゲームめ69点、2ゲームめ85点で99人中97位という満足いく(?)成績でありました。
 調子に乗って表彰式の懇親会まで出席させてもらった次男。97位で表彰され山本県議より商品を受け取りご満悦。まわりのおじちゃんやお姉さん(?)に良くしてもらって親子で楽しい時間を過ごさせてもらいました。お世話になり、本当にありがとうございました。
 
0

2008/5/9

ものは言いようと言っても・・・。  出来事

 今日、保険代理店の事務所であった会話。
いだてん「○○さん、書類で見つからなくなっちゃったのがあるん
だけど作れる?」
事務さん「作れますけど、もしかして失くしちゃったんですか?」
いだてん「違うよ見つからなくなっちゃったんだよ!
事務さん「え〜、失くしちゃったんでしょう?」
いだてん「失くしてなんかないって。見つからないの・・・。あれ?
なにかこの会話、まるで老舗料亭の女社長の記者会見みたいだね。」
事務さん「ほんと(笑)」
 ここ最近話題になっている老舗料亭の“使い回し”の問題に比べれば、私の言い訳なんぞかわいいものでしょうが、“手つかずの料理”と“食べ残し”、「手つかずの料理を食べ残しと表現するのはニュアンスが違うと思う。」ですって?おい、おいあなた、いい加減にしなさいよ!飲食業を営んでいてどういう神経をしているんでしょうか?ものは言いようと言ってもほどがありますよね。

0

2008/5/7

何か淋しい話しですよね。  出来事

 皆さんはパンダを何回見たことあります。いつ頃か忘れましたが、私は1回だけ上野動物園で見たことがあります。
 ネットでニュースを見ていると「パンダレンタル賛否」という記事が目に留まりました。6日夜の福田康夫首相と中国の胡錦濤国家主席の非公式夕食会で、胡錦濤国家主席よりパンダの貸与が表明されたとのことです(パンダの貸与?なんだそれ?)。パンダはそもそもチベットの動物で、ワシントン条約で国際取引が規制されていることもあり、原則的に無償貸与もできず、年間1億円以上ともいわれる高額のレンタル料なんだそうです(し、知らなかった)。そのようなことから、パンダのレンタルについて賛否それぞれの声が上がっているということです。
 中国では1950年代から各国にパンダを贈る「パンダ外交」を展開してきました。しかし、近年はワシントン条約に抵触することから繁殖研究目的として原則、有償貸与するようになり、パンダの生息する四川省が、チベット族が多く住む地域であるため「外交に使うのはおかしい」との声も一方では上がっているそうです。
 何か淋しい話しですよね。たとえ政治的な裏や“現実”があったとしても、それが表に出過ぎてきてしまうとね。レンタル料とかの話題は、純粋な子どもたちの夢を壊すだけでなく、例えば“癒し”を求めて動物園を訪れる大人たちの“癒し”さえも“現実”に戻してしまう雰囲気崩しではないでしょうか。
 
 ある日の動物園で   作・いだてん
ガイド 「は〜い、次はみんなの大好きなパンダですよ〜!」
子どもA「あ〜、パンダだあ〜。かわいい!」
子どもB「本当だぁ〜。初めて見たぁー!かわいいな〜。」
子どもC「かわいいけど、レンタル料払って借りてるだってぇー!」
子どもA「ふ〜ん、なにかビデオみたい・・・。」
子どもB「じゃあ、このパンダさん、何泊借りているんだろうね?」
ガイド 「・・・。


将来、パンダを前にした子どもたちがこんな会話をしていたら・・・。淋しくなりませんか?
 
0

2008/5/5

心地よい疲れと満足感が・・・。  活動報告

 今日も朝から「大凧まつり」の会場の相模川へ。まず10時からの座間市商工会青年部40周年記念事業式典に出席。セレモニー終了後、青年部の後輩たちが、部発足40周年を記念して、3.6m四方(8畳)のメンバー手作りの大凧を掲揚しました。大凧に書かれた文字は「団結」。大凧保存会の皆さんの指導を受けながら、文字通りにメンバーが「団結」して大凧を作り上げ、「団結」してロープを持って走り、見事に大凧を空高く舞い上がらせました。残念ながらこの日は風が弱く、長い時間飛んでいたわけではありませんが、見物していた皆さんにも十分楽しんでもらえたでしょうし、何よりもメンバーの皆が達成感に満ち溢れ感動したことでしょう。素晴らしい周年事業をやり遂げた後輩たちが、ちょっぴり羨ましくも思えました。あらためておめでとう!
 さてメインの大凧「清風」の方ですが、この日は市野球協会の一員として、綱の引き手で参加。午前、午後のすべての掲揚に出て、綱をもってグラウンドを走りまくりました。1回目の掲揚前に、星野市長から
「おい、大丈夫かぁ?無理するなよ。」
とお声をかけていただきましたが
「まだまだ若いんですから心配ご無用!」
と言ってグラウンドに軽やかに(?)に駆け下りたものでした。綱を引くのは、ひとつ間違えれば大ケガをしますのでかなりの緊張感をもって、また綱を引っ張りながら思いっ切りダッシュをしますので正直楽なもんではありません。週1、2度ですが、きっと少年野球のお陰でしょう、転倒するようなこともなく無事にすべての掲揚に参加することができました。
 家に帰って風呂に入ると、心地よい疲れと満足感が・・・。さらに体を鍛えておき来年もぜひ挑戦したいと思います!

クリックすると元のサイズで表示します 「団結」と書かれた商工会青年部発足40周年を記念して作られた大凧。メンバーの熱い想いをのせて座間の大空に舞い上がりました。午前中「団結」の舞い上がった姿は撮りそこね、メインの大凧「清風」は引き手だったもんで写真はないんです。ごめんなさい。

0

2008/5/4

善戦空しく・・・。  活動報告

 今日は「大凧まつり」初日。9時半頃から「わんぱく相撲座間場所」の開会式、10時過ぎから「大凧まつり」の開会式に出席しました。
 「わんぱく相撲座間場所」は、わんぱく力士を応援するご家族や見物客で土俵廻りはいっぱい、例年にも増す盛り上がりをみせていました。あっちに行ったり、こっちに行ったりと、なかなか落ち着いて見ていることもお手伝いすることもできなかったのですが、それでもなんとか3年生の取組みで副審として土俵に上がることができました。土俵が白のシートになっているので、照り返しがすごいのですが、1年に1度この土俵に上がり、元気なわんぱく力士たちを間近に感じられることは、長年わんぱく相撲に携わってきた人間としてはとても幸せなものです。
 ところでうちの次男坊も1年生の部で出場したんです。長男も3年生ぐらいまで出場していたんですが、それは半ば強制的。どういうわけか次男は自分から出場したいと言い出し、今回の出場となりました。うちでは“ガリガリくん”と呼ばれている次男の結果は、善戦空しく1戦目の2回戦で敗退、残念ながら勝ちなのりを受けることはできませんでした。さすがに悔しそうな次男でしたが、今回は勝ち負けより、自分から出場したいと言い出した、そのチャレンジ精神を大いに誉め称えてあげました。そう言うとちょっぴり微笑んだ次男、いつもその気持ちを忘れずに!
 クリックすると元のサイズで表示します


わんぱく力士たちの熱戦に大きな歓声が上がっていました

0

2008/5/2

大凧とわんぱく相撲  地域活動

 明日からゴールデンウィークも後半戦に突入といったところでしょうか。皆さん、それぞれ楽しいご予定をたてられていることと思います。
 4日、5日は座間市の伝統行事である「大凧まつり」が相模川河川敷で開催され、今年も、13メートル四方(100畳敷き)の大凧や恒例の「わんぱく相撲座間場所」(4日)などの各種イベントが行われる予定です。今年の凧文字は、応募により集まった作品23点の中から「乱れ国会、食品偽装等汚れきった世の中に清い風を吹かせたい」という意味を込めて、市内の方が考案された「清風(せいふう)」に決定しました。伝統行事を通じて、市民の郷土愛を育成するとともに、後世に伝えることを目的とする「大凧まつり」にぜひお出かけくだい!
 もちろんメインはこの13メートル四方の大凧ですが、4日のわんぱく相撲も見逃せない大イベントです。今年も近隣各市から集まった小学1年生から6年生の約180名のわんぱく力士たちが学年ごとのトーナメント戦で熱戦を繰り広げます。この「わんぱく相撲座間場所」は、県内の子どもの相撲大会では1番の規模を誇るもので、笑いあり涙あり、そして決勝も近くなると緊迫した取組みの連続です。どうぞご期待下さい!
 私がなぜこんなに「わんぱく相撲座間場所」をPRをするかというと、青年会議所在籍時にメンバーとして約10年、また現在、座間青少年相撲協会の一員としてこの大会に関わっているからなんです。「わんぱく相撲座間場所」は、今年で24回を数えることになりますが、私自身、第11回大会には実行委員長、第17回大会では青年会議所理事長として大会委員長も務めさせていただいた経歴があります。当日は、わんぱく相撲の審判資格も持っているので、昨年に続いて審判員の一人として土俵に上がることになるかもしれません。もしかして野球の審判より上手かったりして・・・
 
0

2008/5/1

新田宿グラウンド女性専用トイレ新設置!  活動報告

 昨日、新田宿グラウンドに、新しく簡易水洗式の女性専用トイレ2基が設置されました。新田宿グラウンドのトイレは、男女の区別はありますが、ボックス型の簡易トイレであるがゆえの臭い、そして衛生面について問題があり、自身の経験と利用者の声をもとに昨年の9月に一般質問の中で取り上げたものです。(昨年の9月10日、10月24日の書き込みをご覧いただければ幸いです。)
 簡易水洗式になったことにより、衛生面はかなり良くなるものと期待できますが、あくまで簡易水洗式なので、これから気温が上がる夏場になってからの臭いなどについては、今後十分観察していく必要があるでしょう。お互いにマナーを守りながら、皆さんに気持ち良く施設を利用していただくことを願っております。当初の予定では5月下旬頃の設置と聞いておりましたが、一般質問の中で取り上げて半年ちょっとでの当局の迅速な対応にあらためて感謝をするものです。
 先月19日の市民球場での高松宮賜杯一部県央ブロック大会。応援に来ていた若い女性が
「ここって、男女兼用のトイレしかないんですか〜?
と怪訝な表情で管理人さんに聞いている姿を目撃しました。さあ、次は市民球場の男女兼用トイレの問題解決です。人間誰しも、1つできると今度は次、と欲が出るもんですよね・・・。当局と話し合いながら早期解決に向けがんばります!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



女性専用のマークが目立ちますね。室内も清潔感があります。みんなできれいに大切に使いましょう!



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ