2008/5/16

会社経営で培った感覚を活かし・・・。  出来事

 昨日、秋の座間市長選挙への出馬表明、記者会見がありました。これで既に4月12日に出馬表明をされている小田あきら氏に次いで2人目の方が名のりをあげたわけです。
 今回出馬表明されたのは、現座間市商工会会長ならびに現座間市観光協会会長の遠藤三紀夫氏であります。遠藤氏は、私にとって座間青年会議所の先輩であり、私がメンバーになって以来、公私にわたりかれこれ15年ほどのお付き合いになります。そのようなことから、今年の私の賀詞交歓会には、現商工会会長としてお招きをしてご挨拶をいただいたところです。(当時、こいうことになるとは全く予想していなかったんですよ、ホントに
 さて、記者会見の席で遠藤氏がどのようなことを生の声で語られるのか、私は大変興味を持って昨日の記者会見の傍聴に出向いたわけですが、「市民の声に耳を傾けニーズを把握し、一民間人として会社経営で培った感覚を活かし、現市政を発展的に継承し、加えて現場主義に徹して、必要な改革は粛々と推進していく」と力強く語った遠藤氏、今後第三、第四の候補者が現れようとも、ご自身はご自身としての持ち前のパワーを発揮して多くの市民の方のご理解をいただけることを願っています。
 それはそれとして、市議会議員ですから記者会見なんてものはありませんが、私は私としてしっかりがんばらなくては・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


市長選出馬の記者会見をする遠藤三紀夫氏

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ