2008/6/30

給食費に関わる記事について  出来事

 27日に書き込みをした地域新聞に載った「据え置きか、値上げか?」給食費問題の記事について関係当局に確認を致しました。
 当局の回答は、最近の原油高騰をはじめとする物価上昇の影響で、学校給食研究会や校長会の中で給食費について検討をしていかなければいけないだろうという声が出てていることは確かだそうです。ただし、「検討=値上げ」といことではなく、まずは栄養士の先生や調理員さんの意見などをよく聞いて現状把握したうえで検討をしていくということです。記事にあった『学校給食委員会・校長会・市による「給食費検討委員会」(仮称)を立ち上げ、本格的な審議に入る。』というのは、あくまで値上げの方向で考えざるを得なくなった場合に、例えばそのような組織を作って検討していかなけれならないだろうという主旨で答えたものがあのようなかたちで掲載されたとのことです。
 給食費の値上げについて私は、最近の食材等の相次ぐ値上がりの現状を鑑みれば、関係者が検討せざるを得ないだろうと考えることは、正直仕方がないことだろうと思うところです。栄養士の先生や調理員さんたちは、とにかく子どもたちのことを1番に考えながら、限られた予算の中で工夫して、苦労してメニュー作りをしていただいていると思います。もしも現況の中で、これまでの食育の観点から大切にしていたこと、また食の安全を確実にキープしていたことが揺らぐのであればそれこそ問題となることでしょう。ただし、ただ単に物価がこうだから○○円値上げというのは通じるものでなく、しかっりと整合性が問われるのは言うまでもありません。
 今回の記事について、私個人の意見として、地域新聞に取り上げられたことについては、新聞社には「報道の自由」がありますから仕方ないこととして、関係当局側からある程度の事前告知(今、給食費について検討がされようとしているといったようなもの)もないまま、その記事内容から保護者の皆さんに不安を抱かせるかもしれないようなものが地域新聞に先行して掲載されたことはいかがなものかと、関係当局の対応に忠告を与えました。
 今回の件、食材等の値上がりにリンクして絡んでくる問題として、きっと給食費未納の件についても触れらることでしょう。このような状況ですから、給食費未納を限りなく0(ゼロ)に近づけることがさらに強く求められます。
0

2008/6/29

がんばれチビ助!  プライベート

 6、7月、そして12、1月は我が家では誕生日ラッシュ。6、7月は先日24日が長女、今日は次男、そして来月の12日は父の誕生日。12、1月は、12月の4日が長男、女房が1月の4日、母親が30日といった具合です。私だけポツンと4月生まれ
 さて、今日は我が家のアイドル次男7歳の誕生日で、メインメニューはすき焼き?(今月24日の書き込みをご参照ください。)ではなく、たらこスパゲティとぺペロンチーノのスパゲティでした。それにプラス餃子とのリクエストもありましたが、スパゲティはイタリア料理で、餃子は中華料理だから合わないんじゃないかと説明してとりあえず納得してもらいました。次男としてはとにかく食べたいママさんの手料理をリクエストしたのでしょう。かわいいもんです。
 おじいちゃん、おばあちゃんからの誕生日プレゼントは野球のグローブ。もちろん次男のリクエストです。夕方、私と二人で行きつけのスポーツ品店に行って注文をしてきました。彼にとって初めての新品のグローブです。昨年の4月の入部以来使ってきたのはチームの先輩から借りていたもの。幼稚園の年長でしたからどの程度続けられるかもわかりませんでしたし、野球を始めた当初ですから多少使い古されたグローブの方が柔らかく使い易く手に馴染むものです。これまでの1年ちょっと、たまに長男に頼んではローションを使って磨いてもらい、また普段からもそれはそれは大切に先輩のグローブを使っていました。この度めでたく彼の上達ぶりと、物を大切にする気持ちが評価され、“伊田コーチのお許し”が出たものです。
 ちなみに現在、4年生以下の試合でも、セカンドもしくは外野で試合に出してもらえることもあり、3年生以下の試合はショートやファーストを守らせてもらっています。三振かフォアボールだった課題のバッティングの方は、なんとかバットにボールが当たるようになり、4年生以下の試合で1安打(ちょっと相手のエラーくさかったですが・・・。)、3年生以下の試合ではセンター前に“本物”のヒットを1安打記録しました。すべて気長に指導してくださっている監督、他のコーチさんたち、それと温かく見守ってくれている保護者の皆さんのお陰です。まだまだこれから、がんばれチビ助!
0

2008/6/27

まさに初耳です  出来事

 今朝、朝刊に折込みで入ってくる地域新聞に、「据え置きか、値上げか? 食材高騰に揺れる給食費」との見出しで給食費問題の記事が掲載されていました。記事の主な内容は次の通り。
 『最近の原油高騰をはじめとする物価上昇の影響もあり、学校給食研究会や校長会が給食費を上げるかどうか検討を進めている。市学校教育課の担当者によると、食材の中でも小麦、油、バターなどが品薄なため、仕入れ時のコストがかさみ、給食運営を圧迫しているという。市は9月にも来年度以降の給食費を決定する方針。値上げする場合は学校給食委員会・校長会・市による「給食費検討委員会」(仮称)を立ち上げ、本格的な審議に入る。担当者は「できるだけ値上げはしないよう努力したい」と話す。』
 この記事を読まれて、小学生の子を持つ保護者の方々はさぞかし驚かれたかと思いますが、議員である私も、しかも教育福祉常任委員会の委員である私もビックリ仰天驚きました。このような話は全く聞いていません!まさに初耳です。知らなかったのは私だけ?まさかそんなことはないだろうと思いながらも、教育福祉常任委員会の竹市委員長にも確認をしましたが、やはりこの件についてご存じありませんでした。
 一体どうなっているのでしょうか?担当当局の対応に疑問を感じざるを得ません。市民の方々に問われても、これじゃあ何の答えようもありません。来週、事実関係を確認しご報告いたします。
0

2008/6/26

素直に認めます。  プライベート

 今朝は6時10分前に起床。平日ですから野球関係ではありません。雨が降っていましたから駅頭立ちのためでもありません。
 今日は、甘利明経済産業大臣の後援会親睦会による研修バス旅行があり、父は仕事、私は広域大和斎場組合議会の臨時会のため参加できないので、伊田家を代表して女房に行ってもらうことになり、今朝は女房を集合場所に送るのとバスのお見送りのための早起きでした。
 6時半前に女房と集合場所へ。女房とバスを見送った後、地元地域の別の集合場所に駆けつけてもう1台お見送り。7時10分に次男を起こし、20分には今度は長女を駅まで送り、家に戻って一息つく間もなく、続いて期末テストで今日はゆっくり寝ている長男に「起きろー!」と声をかけ、8時10分頃だったか長男も出掛けて今度こそ一息。新聞を読んでいると、携帯電話が鳴って嫌な予感・・・。学校の公衆電話から長男が電話してきて「忘れ物した〜。」「忘れ物だとー!」渋々忘れ物を中学に届け、そんなことしているうちにもう大和市議会議場に向かう時間。
 10時から広域大和斎場組合議会の議員協議会、臨時会に出席。1時間ほどで議会は閉会し、一度家に戻ってから昼に帰ってくる長男の昼飯を調達のために銀行に行ったついでに吉野家で牛丼大盛り!食後はひと休みできましたが、2時45分から次男のプール教室へ。久しぶりに次男の泳ぎを見学・・・。うっ、ね、眠い、寝そう。次男を家で降ろして、さあ!支援者へのお宅へ挨拶まわりと思った時は既に4時半を過ぎていました。
 明日も女房は中学のPTA関係の高校見学で1日家を空けると“予告”されています。今日の私の“動き”に食事の支度や掃除などが入ってくるんですから、主婦業の大変さ、ハイ!素直に認めます。
 
0

2008/6/24

うれしいような、淋しいような  プライベート

 今日は長女の18回目の誕生日でした。夕食のとき、家族でささやかな誕生会を開きました。子どもたちの誕生日には、主役の子のリクエストが宴のメインメニューとなり、女房が愛情込めて作ります。今日の主役の長女のリクエストは「すき焼き」でした。
 12月の誕生日の長男は、ほとんど毎年すき焼きをリクエストして、これは季節的にマッチしているのですが、
なんでまたこのムシムシする季節にすき焼きなの?」
と女房に聞くと、
「土曜日にやったドラマで、あの子が入れ込んでる男の子がすき焼き食べているシーンがあったからじゃない?」
いやはや単純なもので、18歳になったと言えどまだまだ子どもですよ・・・。
 長女も今年は大学受験を控える大切な年。「大学に行くのなら、大学名にこだわらず自分で本当に勉強したい内容で選べ。そうしないと通っていてもつまらないし、きっと長続きしない。」というのが、大学進学について、私たち親から彼女に送ってあったアドバイス。どうやらそのアドバイスを受けて、自分の目指す方向性はすでにしっかりと決めて今行動しているようです。
 ついこの間まで赤いランドセルを背負って小学校に通っていたのに本当に早いものです。家の中では少々気分屋さんのところはありますが、社交的で明るい“女性”に育ってくれているようです。すでに娘さんを育てあげたお父さん方にはお分かりでしょうが、娘の成長っていうのは、とてもうれしいような、本音はちょっと淋しいような、本当に複雑なものです。
0

2008/6/23

遠藤みきお氏後援会発会式  活動報告

 昨晩7時より次期市長選立候補を表明している遠藤みきお氏の後援会発会式が、ハーモニーホール座間の小ホールで開かれました。
 昼頃より降り出した雨は、夕方にはさらに強くなり、どれだけの支援者の皆さんに集まっていただけるか、遠藤氏本人も、また関係者の方々もとても心配だったことと思いますが、会場の小ホールは立ち見の方が出るほどに満杯となり大盛況でありました。
 星野市長、山本県議などから激励の言葉が送られ、会場が盛り上がった中で遠藤氏からの挨拶。先日紹介した駅頭での雰囲気とは違い、顔面を紅潮させ気合いの入った力強い挨拶で会場の皆さんから大きな拍手をいただいておられました。
 時間に余裕がないことに変わりはありませんが、まずは上々のスタートが切れたと、遠藤氏、関係者の皆さんもホッとしているところでしょう。
0

2008/6/22

式典と閉会式  活動報告

 午前11時より、座間市ターゲット・バードゴルフ協会の設立20周年記念式典が、市役所隣のふれあい食堂で開かれ出席をさせていただきました。
 このターゲット・バードゴルフ、私の地元地域のある団体でレクレーションとして取り入れられ、私も年に1回は必ず参加させていただいています。これがまた見るのとプレーするのとのは大違いで、そうは簡単に良いスコアを出すことはできません。距離は出るんですが、どうも最後の詰めが・・・。
 これからも座間市ターゲット・バードゴルフ協会の益々の発展をお祈りいたします。おめでとうございました。
 残念ながらこの記念式典を最後まで見届けることができず、関係者の皆さんには大変失礼をしてしまったのですが、昼の12時前には市民球場へ向かいました。
 朝から学童の市夏季大会の決勝、3位決定戦が行われており、2試合終了後にその閉会式が開かれるためでした。しかし、その頃には雨が本降りになっていて最悪の状況。雨の中、試合は予定通りに行われましたが、閉会式はグラウンドではできずネット裏の仮設テントの中でこじんまりと表彰だけをする形になってしまいました。梅雨時なので仕方ないと言えばそれまでですが、せっかくの晴れの表彰式、青空の下で健闘をした子どもたちの輝く笑顔を見たかったものです。
 夏季大会優勝は、名門イエロースネークス、準優勝座間ワールドベアーズ、3位座間パワーズ、そして敢闘賞は3位決定戦で敗れた座間パイレーツ。イエロースネークスと座間ワールドベアーズはそれぞれの上部大会に座間の代表として参加をします。ぜひとも好成績が残せるよう健闘を祈ります。
 さて、この大会敢闘賞に終わった座間パイレーツ。これから暑い夏がやってきますが、この夏場にしっかりと練習をして気持ちも新たに秋の大会に備えましょう!今度は“チャレンジャー”としての戦いです。
 悪天候のため、夏季大会閉会式後に予定されていた5年生以下でチーム編成する新人戦の開会式(公式大会)は来週に延期されました。主催する協会としては、この梅雨の季節、やっぱりホント頭が痛いです。
0

2008/6/20

こんなことあり得ない!  議会

 今朝9時から本会議が開催され、追加議案を含め当局提案の全19議案は、議案41号の「神奈川県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について」が賛成多数で可決された以外は、すべて全員賛成で可決をされました。午前11時頃、平成20年第2回定例会は閉会となりました。
 ところで、先週から新聞やテレビのワイドショーなどで話題になっているのは(いい話題ならいいんですけど・・・。)、千葉県のある市議会の市議6人が5月、会派の行政視察で青森市内のホテルに宿泊した際、宴会にコンパニオンの女性を招き、野球拳をしていたことがわかったというもの。コンパニオンの料金は私費で賄ったということですが、宴会は視察2日目、青森市の浅虫温泉にあるホテルで、事前に手配していた地元のコンパニオンの女性2人も加わり、酒を飲んだりカラオケに興じたりして、その後、ジャンケンで負けた方が服を脱ぐ野球拳が始まったということです。視察後、たまたま同じホテルに滞在していた市民から市に電話で問い合わせがあり発覚したとのこと。(その後の調べで1日目もコンパニオンを呼んでいたとのことです。)
 こんなことあり得ない!とてもじゃないけど考えられません。議員になって会派の視察、委員会の視察などで10回以上の県外に出掛けましたが、まず、当たり前のことですが、○○温泉なんて所に泊まったことありませんよ。必ず翌日の移動などを考えて、駅前のビジネスホテル系に宿をとるのが常となっています。夕食をとるのもホテル内の食事処が多く、ホテル外の場合は、訪問先の議会事務局や旅行会社から紹介してもらった、その地の名物料理、郷土料理などが口にできるお店などを使っています。
 会派視察でも委員会視察でも、食事をしながらその日に伺った市の話題などで話しに花が咲き、特に委員会視察では、それぞれの会派から委員(議員)が集まりますので、情報交換をしたり、先輩議員たちから昔話を聞かせていただいたりと、限られた時間ですが勉強、そして普段はできない楽しい交流の時間を過ごすことができます。したがって、視察先でお金を払ってわざわざコンパニオンを呼ぶなんてことは全く考えられない話しです。
 7月に入ると2日、3日が教育福祉常任委員会で新潟県の三条市、加茂市へ、10日、11日が政和会で愛知県の小牧市、尾張旭市にこの任期最後となる委員会視察、会派視察が予定されています。それぞれ事前にしっかりと予習をして、実のある視察にしてまいりたいと思っています。
 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ