2008/6/16

さらに“意識”を・・・。  出来事

 先日の一般質問の中で、先般5月12日に発生した四川大地震に触れ、地震大国・日本にとっても決して対岸の火事ではないということを述べ、「中学校防災訓練について」と題し、その取り入れを推奨する形で各関係部署の考えを質したところですが・・・。
 14日午前8時43分ごろ、岩手県内陸部を震源とする強い地震があり、岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度6強、宮城県大崎市で6弱を記録する岩手・宮城内陸地震が発生しました。新聞の15日のまとめでは、死者9人、行方不明13人、重軽傷者221人となり、15日にも震度3が6回発生するなど、14日の発生以降16日午前0時現在で有感余震は計289回に上り、警察庁のまとめでは、建物被害は、半壊が岩手と宮城で5戸、一部損壊73戸、現在住んでいない家屋被害28戸、道路損壊16カ所、橋の損壊2カ所、山崩れ・がけ崩れ11カ所となっているとのことです。お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、前述のとおり余震が続いている状況ですが、ケガをされた方々の1日も早いご回復、そして被害に遭った地域の1日も早い復興をお祈りするものであります。
 やはり、私たちの地域でもいつ大きな地震が起こってもおかしくない状況なのです。今回「中学校防災訓練について」取り上げましたが、万人がさらに“意識”を持っていかなければいけないでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ