2008/10/31

“現場”と“会議室”  出来事

 ここ最近、新聞によく取り上げられてるのが、県立神田高校の入学者選抜で、あらかじめ公表された選考基準とは異なる不適正な選考が行われたという問題。
 その問題とは、県教育委員会によると、願書受付日や入試会場、前期選抜の合格発表の場で、同校の教諭が「受験生の著しく目立つ点」を点検し、「態度が悪い」「髪を染めている」「まゆ毛をそっている」「スカートが短い」「化粧をしている」「ピアスの穴がある」などと細かく記録し、態度や服装が悪いなどとして、合格基準を満たしているにもかかわらず、2005年度入学者選抜で6人、06年度6人、08年度に10人の計22人を不合格にしていたというものです。
 あらかじめ公表された選考基準とは異なるかもしれませんが、これもやっぱり“不適正”と呼ばれる選考になってしまうのでしょうか?結局、同校の校長先生は31日付で解任され、11月1日付で県教育委員会の総合教育センター専任主幹に異動することになったようです。
 今朝の新聞では、この問題の発覚を受け、県教育委員会には全国から意見が殺到しているとのことで、31日午後5時までに、電話やメール約820件が寄せられ、「服装や態度で選考して何が悪いのか。選考基準になくても当然の判断だ」「高校は義務教育ではないのだから校長の判断は正しい」「風紀の乱れを事前に守ろうとした校長がなぜ解任されるのか」と解任が発表されている校長先生らを擁護する意見が9割強を占めているということで、一方「不合格は行き過ぎだった」「選抜方法を見直すべきだった」などの意見は1割弱だということです。県教育委員会は「さまざまな意見をいただいているが、公表された選考基準を逸脱した不適正な選抜があったのは事実」などと説明しているようです。
 確かにうちの子どもたちにも「人を見た目で判断してはいけない!」と教えていますが、それとこれとは全く別の話しです。“不適正”とする側の中には、他校で試験日の昼休みに校内でタバコを吸っている受験生がいて、それでもその生徒は合格にした(公表された選考基準内だったということでしょう)ことを主張する記事なんていうのもありました。???。何をもってそういう主張になるのか理解できません。試験日などのその時だけ身支度を整え“役者”を演じ、とりあえず試験に合格すればいいと思っているわけではありませんが・・・。
 私も9割強の意見を支持します。しかし、こんなわけのわからない問題が発生するような、“現場”と“会議室”(刑事を主役としたある映画の名セリフにありました)の思いにギャップのある選抜方法は、1割弱の意見にあった『選抜方法の見直し』に早急に取り組むべきではないでしょうか。
0

2008/10/30

10.30議会運営委員会  議会

 来週6日の木曜日から平成20年座間市議会第2回臨時会が開会されます。今回の臨時会は、平成19年度一般会計、特別会計の決算認定についてがメインの議案となります。今朝9時から議会運営委員会が開かれ、午後から5時過ぎまで勉強会となりました。
 今のところ提出されている議案は、平成19年度の座間市一般会計、国民健康保険事業特別会計、老人保健特別会計、公共下水道事業特別会計、介護保険事業特別会計の各歳入歳出決算の認定審査、工事請負契約の締結について、教育委員会委員の任命について2件の8議案と報告3件です。
 第2回臨時会の日程は以下の通りです。皆様の傍聴をお待ちしております。

 ☆平成20年第2回臨時会
11月 6日(木)臨時会開会・総括質疑
11月 7日(金)総括質疑
 ★委員会開会日 
11月10日(月)総務常任委員会・教育福祉常任委員会
  11日(火)市民経済常任委員会・建設水道常任委員会
  13日(木)総務常任委員会・教育福祉常任委員会
  14日(金)市民経済常任委員会・建設水道常任委員会
  17日(月)委員会予備日
なお、一般質問は臨時会なのでありません。
 明日も朝9時から夕方4時までしっかり勉強会です。
0

2008/10/29

市民のために有効に・・・。  出来事

 今朝の朝刊に『再編交付金 座間市も支給対象に』の見出しで、28日防衛省が米軍再編の進ちょく状況に応じて支払う「再編交付金」の支給対象に本市を新たに指定したとの記事が載りました。
 記事によると、28日防衛省南関東防衛局の担当者が市役所を訪れ、遠藤市長に交付決定を伝え、市長は「交付がなされるのであれば淡々と受け取り、財源として市民のために有効に使わせていただく」とのコメントを出したとのことです。また、交付金の支給額など詳細はまだ決まってないということで、今後、防衛省から市に通知されるようであります。
 交付金支給額はいったいどのくらいになるのでしょうか?これまでの他の支給対象自治体などとの条件から見ると、本市に対する支給額は、そうは多額(なにをもって多額、少額とするかの基準などありませんが・・・。)になるとは予測できません。ちなみにキャンプ座間の他に相模原総合補給しょうをかかえる相模原市は、初年度の07年度は1億5,600万円が交付され、08年度は第1次分が1億1千万円で総額は前年度と同額の見通しだということで、08年度の米軍再編交付金について、キャンプ座間周辺の小中学校の校舎改修などに充てることを決めたとの報道がされました。
 本市においても、支給額の大小にかかわらず、まずはキャンプ座間と隣接する周辺の整備事業等を中心に充当されたしと考えますが、いずれにしても市民の皆さんがしっかりと目に見える事業に充当されることを望むもので、これまでのキャンプ座間の米軍再編問題の経過、本市のとってきたスタンスなどから、充当先事業などについては、厳しい目を持って審査に臨むべきものと考えます。
0

2008/10/27

パイレーツの子どもたち  プライベート

 夕方、車で海老名に行く途中、県道の横断歩道で見慣れた子どもたちの顔が・・・。そうパイレーツの3年生のFくん、Nくん、Hくん、そしてFくんの弟で2年生のTくんとFくんTくんのお母さん。ちょうど信号が赤になり先頭で信号待ちをすることに。彼らが横断歩道を渡りきったところでお母さんと目が合って手を振ると、子どもたちに「車の中から伊田コーチが手を振ってるよ。」とでも声をかけたようで、「伊田コーチ〜!」と叫びながら4人で元気よく車に駆け寄ってきました。
「みんなで揃ってどこ行くんだぁ〜?」
子どもたち「遊びに行くのぉー!」
お母さんに話を聞くと、ちょっと離れた公園で、やっぱりパイレーツで入谷小学校の3年生のAくん(彼らは座間小学校)と遊ぶことになっているということで、その公園に向かう途中だとのことでした。
 信号が青に変わり「じゃあ、みんな気をつけてね。」と声をかけ、バイバイという意味でもう1度手を振ると
Nくん「がんばってくださーい!」
「???・・・。
F、H、Tくん「がんばってくださーい!」
「(海老名の銀行まで行くだけなのになんでやねん?あっ、わかった!)も、もう選挙終わったよ・・・。
お母さんと大笑いしてしまいました。
 子どもたちにはまだ選挙中の印象が残っているんでしょうね。
伊田コーチ=車=手を振ってる=選挙=応援!
といったところなんでしょうか。ねっ、やっぱり子どもたちかわいいでしょ? 



0

2008/10/25

ただ今“特別休暇中”  野球

 午後、久しぶりにグラウンドに立って、子どもたちの野球を見ることができました。選挙の関係で、6月以降はほとんどコーチとしてグラウンドに出ることがなく、ただ今のところコーチ業は“特別休暇中”です。
 今日は中原小学校で3年生以下での試合が組まれていて、昼過ぎまで所用があったために背広姿のままで、コーチとしてではなく一保護者として試合を観戦しました。ちなみにうちの次男坊は9番レフトで先発フル出場、守備機会は1回しかなくそれは無難にこなしたものの、打つ方はと言えば2打席空振りの三振。試合の方も残念ながら負けちゃいました。ただ結果は結果としてそれはどうであれ、今日は次男を始めとして、チームの子どもたちが元気よくグラウンドを走り、ボール追いかける姿を見れただけでとても満足でした。
 おまけに試合後、私の前を通った3年生の子どもが
子どもA「伊田コーチいたんだぁ〜。」
「いたよぉ〜。(私のこと忘れてなかったぁ〜、ホッ。)」
子どもB「あっちの方(外野の方を指差して)にずっといたよねぇ〜。」
「そうあっちで応援してたよ。」
子どもA「試合見ててくれたんだ〜。」
「ちゃんと見てたよ。」
子どもB「でも負けちゃった。」
「また次がんばろうぜ!」
子どもA・B「うん!」
 ねっ、子どもたちかわいいでしょ?時間の都合がつけば1日でも早くチームに復帰したい気持ちでいっぱいですが、10、11月は行事も多いですし、来月6日からは平成19年度の決算議会となる第2回臨時会も開会され、引続き第4回定例会と入っていきます。どうやら正式復帰はまだまだ先になりそうです。
0

2008/10/24

雨水パトロール  活動報告

 今日は「一日じゅう雨」って感じですね。この雨、私にとっては好都合でした。
 午前中、先日の美化デーなどで雨水対策の要望があった地元地域の現場撮影に出掛けました。その地域の皆さんと共に担当当局に要望するにも、雨水対策をお願いするのであれば、やはり実際に雨が降っていて、歩行なりが困難になっている現場を撮影した方が、より説得力が出ることは間違いありません。5ヶ所ほどの撮影をした後は、前々から雨水対策の要望を出していながら手を入れてもらえないままになっている現場の観察に回りました。さながら“雨水パトロール”といったところですが、この雨水対策については、市内のあちらこちらで大変多くの要望が出されていて、思ったようにはなかなか改善されていかないのが現実です。しかし、皆さんからのご要望がある以上は、一日でも早く改善されるように、ねばり強くアクションを起こし続けていかなければなりません。
 現場撮影中に、
「傘を差しながらじゃあ写真取りにくいでしょう?傘持ってましょうか?」
と通りがかりに優しい言葉をかけてくださった方や
「雨の中ご苦労さま。」
と言ってわざわざ傘を差して外に出てきてくださった方など、温かいお心遣い本当にありがとうございました。そういう人たちのためにも、気合いを入れてがんばらにゃあ!


 
0

2008/10/22

これでも・・・。  プライベート

 夕方、大和の実家に用事があって出掛けていた女房から
車のエンジンがかからない〜。」
電話が入り急遽迎えに行くことに・・・。ガス欠?バッテリー?それとも根本的なエンジントラブル?ガス欠でないことはすぐにわかりましたが、とりあえず一旦家に戻り、改めて夜バッテリー同士を繋ぐケーブルを持って女房の実家へ。しかし、ウンともスンとも言わず、バッテリーの問題でもなく細かいエンジン関係となるとお手上げ状態です。これでも大学生の時、出たり入ったり合計2年半ほどガソリンスタンドでアルバイトしてたんですけどね。だけどもともと車のエンジンとかにはほとんど興味がなかったので、もっぱら給油と洗車に励むバイトさんでした。
 アルバイトというと、高校生の時から大学卒業まで人並みに随分いろいろなことをやりました。靴屋さんの店員から始まり、海老名サービスエリアでのウエイター、焼肉チェーン店のウエイター、交通量調査、中古車屋、ちり紙交換サポーター(?)、家庭教師、機械部品工場の工員、ケーキ屋さんの配達などなど・・・。まだ他にもあったと思いますが、今思い出すのはこれくらいです。二つのバイトを掛持ちでやったりもしていましたから、推薦入試ですでに大学進学が決まっていた高校3年の冬休みぐらいからは、親から小遣いという形のものは一切もらっていなかった記憶があります。金銭的なことは別にして、やはりアルバイトは就職前の実践的な良い社会勉強にもなりましたし、その経験が社会人になって大いに役立ったものでありました。そう言えば当時は、フリーターなんて言葉は存在しなかったな〜。
 私の学生時代のアルバイトの話しはどうでもよくて、それより車の修理代、あまりお金がかからないといいんだけど・・・。
0

2008/10/21

いつもガラ〜ン・・・。  出来事

 今朝のある朝刊に『米軍は抜本的対策講じよ』という見出しで、キャンプ座間のゴルフ場から、ゴルフボールが基地の外に飛び出す事故が相次いでいる問題を取り上げた社説が掲載されていました。
 今年の5月15日、基地の外に飛び出したボールがワンバウンドで男子児童の顔に当たった事故については、5月17日に『贅沢ですよね。』のタイトルで私のブログでも取り上げ、私自身の意見なども書き込みましたが、今月も保育園児が運動会の練習をしている広場にボールが飛び込み引率の保育士の近くに落下していたことが新たに分かったそうです。
 また社説の中では、相模原市の要請を受けた米軍は、8月に飛び出しが起きるとされるホールでのクラブの使用制限などを行ったとのことですが、9月以降にも22個のボールが見つかっており、小手先の対策では事故防止につながらない、米軍はしっかりと認識してほしいと訴えられていました。
 その他、キャンプ座間渉外部は、ゴルフ場の設置目的を「軍人・軍属とその家族の福利厚生」とし、1ヶ月の利用者約1,800人の大半が「軍人・軍属とその家族」と説明していますが、関係者の間では「ゴルフ場の利用者の大半は日本人」という指摘も出ていて、平日は1日に70人から100人、休日は200人近い日本人がプレーすることもあるということで、キャンプ座間渉外部も「施設維持のため日本人の利用は必要」と認めており、その収入で基地の福利施設の運営費を賄うといった実態があるそうです。
 じゃあ、同じ軍人・軍属とその家族の福利厚生施設とされている、土曜、日曜日でもほとんどいつもガラ〜ンと空いている野球場やソフトボール場、そして少年クラスのサッカーなら十分使えるであろう芝生の広場、利用状況は分かりませんが体育館、市内にはない温水プールなどなどもゴルフ場と同じ扱いにしましょうよ。もちろんすべて無料がベストですが、「福利施設の運営費を賄う」ということであれば、市内施設と同等の料金程度で利用できるなら納得がいくところです。セキュリティの問題、もしもの場合(例えば、何度かあったロケット弾が打ち込まれるような事件)の事故があった時の責任の所在など、幾つかの難しいハードルがあることは承知していますが、決して実現不可能なことではないことと思います。
 4年前、議員になっての私の初めての一般質問でもこのキャンプ座間の福利施設について取り上げています。「キャンプ座間に関する協議会」、「座間市基地返還促進等市民連絡協議会」そして基地対策特別委員会など、改めてこの2期目もあらゆる機会を利用して強く訴えていく所存であります。
 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ