2009/5/24

子ども議会  議会

 先日22日の書き込みで、その日の午前中に議会運営委員会が開かれ、午後から勉強会に入り、今定例会に提出される諸議案についての概略説明を各担当当局より受けたことを報告しましたが、今定例会の当初に提出される予定の11議案のうち、平成21年度一般会計補正予算の中で興味深いことが一つ取り上げられていました。
 それは平成23年度から展開されることとなっている本市の新総合計画の策定事業について、事業予算を増やしてより多くの市民の方々のご意見を募ろうとする3つ取組みでした。
 それぞれの取組みの詳しい内容については、これからの本会議、所管となる各委員会などでさらに詳しく説明され審議を重ねるわけですが、その概要を紹介すると、1つめは「ハガキによる全市民対象の意見募集」、2つめは2000人の市民の方々に無作為に募集をかけ、そのうち50名程度を対象とした「市民懇談会の開催」、そして3つめは市内小・中学生を対象とした「子ども議会の開催」を企画しているということであります。
 この3つの取り組みのうち「子ども議会」については、以前、平成18年第4回定例会において私が一般質問で取り上げたことがあり、次代を担う子どもたちにぜひ様々な意見を聞く機会として、その開催を提言させていただいたことがあります。私が「子ども議会」を取り上げたのは“星野時代”で、「子ども議会」の定期的な開催を求めたものでありましたので、今回の新総合計画策定事業で企画されたきっかけになったものとは思われませんが、これを機会に定期開催へと進んでいってくれたらと願うものであります。
 今のところ小学校11校各1名の11人、中学校6校各2名の12人の計23名の“議員さん”の出席、夏休み中の8月中旬頃の開催を予定しているとのことです。もちろんこれは、これから審議される平成21年度一般会計補正予算が可決されてのことでありますが、“今の座間、そして将来の座間”を子どもたちがどう考えているのか、また大人の視点にはない子どもならではの奇抜な発想や提言も期待されることから、今から大変楽しみな企画であります。

平成18年第4回定例会、私の「子ども議会」についての一般質問については、よろしければ「続きを読む」を開いてご覧下さい。




 
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ