2009/10/14

鹿児島行政視察第2日目  活動報告

 今朝7時半過ぎにホテルを出て、路線バスに揺られこと約1時間半、本日の視察先である南九州市に入りました。
 ただ今、南九州市での丸1日の視察を終え、再び帰りのバスに乗って鹿児島市内に戻っているところです。
 しかし、こんなに長い時間路線バスに乗るのも初めてに近い経験です。朝は市街地を抜け海岸線に出て山を登って峠を過ぎ、茶畑を横目に見て知覧のまちへ。今はその逆。まるでテレビ番組にあるような『路線バスの旅・南九州編』という感じです。
 今日も天気が良くとても清々しい1日で、充実した視察研修となりました。
0

2009/10/13

鹿児島行政視察第1日目  活動報告

 霧島市の視察を終えて、今、今回の視察の宿泊先の鹿児島市に向かう電車の中です。遠くに桜島が見えます。桜島を見るのは2回目ですが、やはり雄大な姿です。少しですが噴煙が上がっているのも見えますね。こちらは、座間よりムシムシしていて上着は暑いぐらいです。
 1日目の視察、無事に終わろうとしています・・・。
0

2009/10/12

21.11 政和会視察  活動報告

 明日から2泊3日、政和会での行政視察で鹿児島県に行ってまいります。政和会の視察としては、私としては本州内から出るのは初めてとなり、久しぶりの2泊3日の視察となります。
 明日13日の第1日目は昼前に鹿児島空港に到着し、午後1時30分より鹿児島県霧島市に伺い「総合計画について」ご享受をいただきます。霧島市は2005年11月に1市6町が合併し人口約12万7千人となり、人口についてはほぼ本市と同規模の鹿児島県下第2の都市で、2007年に総合計画が策定され2008年より実施されているもので、第四次総合計画の策定について、今年度から本格始動を始めた本市の私たちにとっては、いろいろな参考事項があるかと考え視察先に選らんだものです。
 翌14日の2日目は、同じく鹿児島県の南九州市に伺い、やはり「総合計画について」ということで、午前中は市民会議、市民アンケート、地域懇談会など策定段階における市民からの施策提案の募集等についてお話を聞かせていただきます。南九州市も2007年7月に3町が合併し、2008年に総合計画が策定され今年度より実施されています。
 午後からは、総務部の平和推進係を尋ね、太平洋戦争末期、沖縄決戦において特攻という人類史上類のない作戦で知覧飛行場から飛び立ち亡くなっていかれた特攻隊員の方々のお話を語り部の方よりお聞きし、その後貴重な遺品や資料が展示されている知覧特攻平和会館の見学をさせていただきます。
 そして最終日の15日は、鹿児島県の県庁所在地である鹿児島市にお伺いして、「子育て支援パスポート事業について」ご享受いただき、後半は、「一人ひとりが今日の環境問題を考え、環境に配慮した行動に結びつけていくことができるように、環境意識の高揚、環境保全活動の意欲の増進などを図るため、参加・体験型の環境学習やリサイクル活動などの様々な事業を展開」している『かごしま環境未来館』を尋ねて、様々な環境保全活動などについて学びながら、館内の施設見学をする予定です。
 以上のように、今回の視察は2泊3日の時間を使って、なかなか行くことができない遠方の九州・鹿児島ということで、総合計画関係が中心になりながらも、その他に平和推進、子育て、環境についても学ぶやや欲張りな内容となっていますので、自分が今回の視察の幹事役(^o^;)ということを除いては大変楽しみな視察であります。
 視察期間中は、できれば⇒Tel携帯電話から簡単な報告を、詳しい視察の内容、報告については、また後日ゆっくりしていきたいと思います。
0

2009/10/11

やっぱり昔の方が・・・。  愛するまち座間

クリックすると元のサイズで表示します

 上の写真は、6月14日「のどかな雰囲気」のタイトルで、座間1丁目内の市西部地域の“緑”を撮影した同じ付近の現在の様子です。実りの秋を迎え、まさに“黄金色”の輝きを放っています。
 私の家の周りの田んぼでは、すでに稲刈りが終わったところもありますが、今日あたりも大きなコンバインが田んぼの中を行ったり来たりして、“今風の稲刈り”が盛んに行われていました。
 昔はこの時期になると、どこの田んぼでも“一家総出”という感じで稲刈りをしていて、お昼になると田んぼの真ん中で、家族揃って楽しそうにおにぎりなどを食べている風景が見られたものでした。今は機械化されたことにより、聞こえてくるのはコンバインの音ばかりで、笑い声や小さな子どものはしゃぐ声などを耳にすることはなくなってしまいました。
 秋の稲刈りの風景、やっぱり昔の方が“のどかな雰囲気”でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

 



うちのお隣の田んぼの稲刈りの様子。コンバインだと1日楽に3反ぐらいの田んぼの稲刈りができるそうです。

0

2009/10/10

ノーベル平和賞  出来事

 昨日、ノルウェーのノーベル賞委員会から、2009年のノーベル平和賞をオバマ米大統領に授与するとの発表がされました。
 新聞などの報道によると、「核兵器なき世界」の実現に向けたオバマ米大統領の構想と努力を特に高く評価したとされ、「世界に将来への希望を与えた」ことなどが授賞理由として挙げられていました。今年4月にはチェコ・プラハでの演説で、広島と長崎への原爆投下を念頭に「核兵器を使用した唯一の核保有国として行動する道義的責任がある」と述べ、核廃絶に向けた包括的構想を提唱したことは記憶に新しいところです。
 今回の受賞については、すでに賛否両論、様々な分野でそれぞれの意見も発表されていますが、私としては、ノーベル平和賞の受賞が先立って先行してしまい、今後、オバマ米大統領が、核廃絶、核不拡散などについて目に見える実績を上げていかなければ厳しい批判も受けることになるのではと・・・。
 さて、今回のことを契機に、世界中でさらに核廃絶、核不拡散などについての議論、運動が高まるものと思われますが、本市では、すでに昭和32年に座間市原水爆禁止協議会が結成され、わが国が唯一の被爆国として“再び核兵器による悲惨な犠牲者を出さないよう”思想・信条・政治的立場などすべてを超越して、本市独自の市民ぐるみの素朴な原水爆禁止運動を展開し、核廃絶を達成することを目的に活動しており、また、昭和57年には座間市核兵器廃絶平和都市宣言(「続きを読む」をご覧下さい)を発表しています。
 このように世界平和を願い、この市原水爆禁止協議会を中心に、早くから長年に亘って核廃絶、核不拡散などについて積極的な取り組みを展開する“我がまち座間”であります。
 
続きを読む
0

2009/10/8

“物は考えよう”  出来事

 台風台風18号が上陸し、日本各地で突風や浸水などの被害、また各交通機関に大きな乱れを及ぼしました。皆さんのお宅は大丈夫でしたか?朝の通勤、通学には大変苦労されたのではないでしょうか・・・。
 次男は昨日『おたより』をもらってきていて、今日、すでに小学校は休校が決まっていましたが、長男の方は、早朝、連絡網を使っての電話電話があって休校と決まりました。次男は平常の授業が無くなっただけですが、長男は今日から大切な3年生2学期の中間テストだったんです。起きてきた長男に
 ̄ー ̄「1日余計に今日の分の試験勉強ができるから良かったじゃん。それにもう1日の方(中間テストは2日間)は土、日、祝日が間に入るから楽になるじゃない。」
と声をかけると、いささか不機嫌そうに
¬_¬「え〜、逆に嫌だよぉ〜。火曜日までテストのこと引きずるようだし、連休中には“遊び”の計画があったのに・・・。」
 “物は考えよう”とはまさにこのことですね。しかし、私も親の立場だからこそ「1日余計に試験勉強ができる・・・。」と考えたわけで、自分の中学生の時を考えたら間違いなく長男と同じ考えになるでしょう^o^;
 と、言うことは、“民宿・伊田家”の週末のお客様は0(ゼロ)ということで、静かな週末になりそうです。^v ゜
 
0

2009/10/7

10.6 防犯のお知らせ  出来事

 内容としては、記事カテゴリとして「座間市緊急情報いさま」に入りますが、前回と同じように「出来事」として、昨日、座間小学校に通う次男が学校から配られた『防犯のお知らせ』についてお伝えします。5日の月曜日に県警本部より以下のような不審者情報が寄せられたとのことです。
 4日の日曜日の朝8時30分頃、座間高校と座間養護学校の間の道路付近(座間市入谷2丁目)で、歩行中の女子高校生が、後方から近づいてきた男に体を触られる事案が発生し、男はバイクで逃走したとのことでした。
 不審者の特徴は、年齢不詳、身長170センチくらい、体格やせ型、青色ジャンパー、サングラス、白色ヘルメットということです。
 上記のことは、「座間市緊急情報いさま」では配信されていません。
0

2009/10/6

“心のこり”  地域活動

 続いて4日の日曜日は不動尊の秋祭り。この日は“熱唱”することは確定的でして、それはなぜかと言いますと、2週間ほど前に、自治会長さんからこの日に歌うカラオケの曲をあらかじめ教えてほしいとすでにケータイ電話をもらっていたからでした。
 月夜7時過ぎに不動尊に行きますと、もう境内は演芸会を見ている人たちでいっぱい。前半が終わったところで、私たちゲスト(?)のカラオケタイム。まずは山本県議からで、歌われたのは沢田研二の「勝手にしやがれ」。そして私が歌ったのが細川たかしの「心のこり」。県議と打ち合わせなんてしてませんから、議員の2人が続けて歌った曲目が「勝手にしやがれ・心のこり」とは・・・^o^;。歌の題名ではなく、1つの言葉として捉えたら、とても議員には相応しくないですよね。「あちゃー!」ってな感じで何か変に1人でウケてしまいました。^v^
 さて、今年の私の歌のデキはどうだったかですって・・・。私としては「GOOD!ハイ、“気持ち”で思いっきり歌わせていただきました!」というのがコメントでありますが、舞台を降りてまずかけられたのは「伊田さん、大きな声出てたぞ!」という声でして・・・。'_';
 曲目のとおり今年も多少の“心のこり”に終わった舞台でしたが、とても楽しい秋の夜でした。^v ゜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ