2009/10/3

頼もしい返事  地域活動

 先月30日の午後、毎年恒例の西中学校の防災訓練の見学に出掛けました。以前にも書き込みをしましたが、普通、各学校で行われるのは一般的な避難訓練に留まりますが、西中で行われているのは、全校生徒による避難訓練の後に、「救助訓練、救援のお手伝い」を体験することにより、いざというときに救援のための行動が率先してとれるなど、地域の一員としての自覚を育てることを目的として、行政、消防署、地元消防団の協力のもと防火・防災訓練という形で3年生による体験学習が実施されています。
 当日、あいにくの雨模様だったために、体育館や特別教室を使っての学習となりましたが、煙体験ハウス、非常食の炊き出し体験、簡易トイレの組み立て体験、避難所への傷病者搬送体験、テント設営体験、水消火器体験などをクラスごと、グループごとに“体験”をしていました。
 簡易トイレの組み立てを体験した生徒に
「たった1度だけでも組み立ててみたから、実際の時にも、例えば地域の中で大人の人たちに手を貸せるかな?」
と問いかけてみると
「今日やってみて、どんなものなのか分かったんで大丈夫です!」
という頼もしい返事が返ってきました。
 この防災訓練体験学習は、現在でも市内では西中学校だけでしか行われていなく、大変“価値ある授業”だけに、私としては市内全中学校で開催されることを望んでおり、過去に一般質問でも取り上げ(平成20年第2回定例会・内容は「続きを読む」をご覧ください)、担当課、消防署、教育委員会からも前向きな答弁をいただいている経緯があります。今年は、市内他校1校の先生が見学に来ていたそうですが、市内全中学校での実施を関係者の皆さんにぜひとも積極的に考えてほしいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
 
 
 
 防災訓練でお馴染みの煙体験ハウス

クリックすると元のサイズで表示します
 
 
 
 楽しみながら(?)の簡易トイレ組み立ての様子


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ