2009/10/6

“心のこり”  地域活動

 続いて4日の日曜日は不動尊の秋祭り。この日は“熱唱”することは確定的でして、それはなぜかと言いますと、2週間ほど前に、自治会長さんからこの日に歌うカラオケの曲をあらかじめ教えてほしいとすでにケータイ電話をもらっていたからでした。
 月夜7時過ぎに不動尊に行きますと、もう境内は演芸会を見ている人たちでいっぱい。前半が終わったところで、私たちゲスト(?)のカラオケタイム。まずは山本県議からで、歌われたのは沢田研二の「勝手にしやがれ」。そして私が歌ったのが細川たかしの「心のこり」。県議と打ち合わせなんてしてませんから、議員の2人が続けて歌った曲目が「勝手にしやがれ・心のこり」とは・・・^o^;。歌の題名ではなく、1つの言葉として捉えたら、とても議員には相応しくないですよね。「あちゃー!」ってな感じで何か変に1人でウケてしまいました。^v^
 さて、今年の私の歌のデキはどうだったかですって・・・。私としては「GOOD!ハイ、“気持ち”で思いっきり歌わせていただきました!」というのがコメントでありますが、舞台を降りてまずかけられたのは「伊田さん、大きな声出てたぞ!」という声でして・・・。'_';
 曲目のとおり今年も多少の“心のこり”に終わった舞台でしたが、とても楽しい秋の夜でした。^v ゜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ