2009/10/11

やっぱり昔の方が・・・。  愛するまち座間

クリックすると元のサイズで表示します

 上の写真は、6月14日「のどかな雰囲気」のタイトルで、座間1丁目内の市西部地域の“緑”を撮影した同じ付近の現在の様子です。実りの秋を迎え、まさに“黄金色”の輝きを放っています。
 私の家の周りの田んぼでは、すでに稲刈りが終わったところもありますが、今日あたりも大きなコンバインが田んぼの中を行ったり来たりして、“今風の稲刈り”が盛んに行われていました。
 昔はこの時期になると、どこの田んぼでも“一家総出”という感じで稲刈りをしていて、お昼になると田んぼの真ん中で、家族揃って楽しそうにおにぎりなどを食べている風景が見られたものでした。今は機械化されたことにより、聞こえてくるのはコンバインの音ばかりで、笑い声や小さな子どものはしゃぐ声などを耳にすることはなくなってしまいました。
 秋の稲刈りの風景、やっぱり昔の方が“のどかな雰囲気”でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

 



うちのお隣の田んぼの稲刈りの様子。コンバインだと1日楽に3反ぐらいの田んぼの稲刈りができるそうです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ