2009/10/22

地域別懇談会  活動報告

 先週の14日から第4次座間市総合計画に伴う『地域別懇談会』が各地区で開催されており、昨日21日の新田宿・四ツ谷コミセンで行われた座間、新田宿、四ツ谷の地域を対象とした懇談会、そして今晩、市公民館で行われた入谷、立野台、明王の地域を対象とした懇談会にそれぞれ参加をしました。
 今回の懇談会は、市長、副市長、教育長、部長などが出席をし、総合計画基本構想骨子案、重点課題の把握(都市マスタープラン)などを説明する中で、計画を達成するための市と市民などとの役割分担、課題や方向性について意見交換を行うことを目的として開催されているものです。
 両日とも懇談会は、まず担当課長より策定に向けたこれまでの経過報告、総合計画基本構想骨子案、都市マスタープランについて説明がされ意見交換に入り、出席者から出された意見、要望、提案について担当部長、課長から簡単な答弁がされ、最後は総括して市長から“まとめ”というかたちで話しがされました。
 2会場の参加者から出された主な質問、意見、要望、提案の一部は以下のとおりでありました。
・四ツ谷地区を始めとする市街化調整区域の下水道整備・四ツ谷地区の座間小と入谷小の学区について・人口推移・救急医療体制(市民病院の建設等)・ゴミ問題(発生抑制・リサイクル施設の確保・剪定木の資源化等)・キャンプ座間問題(負担軽減、騒音問題、跡地利用)・文化財保護・市東西、南北の道路整備関係・中学校給食の早期実施・放置自転車問題・市財政計画・子育て支援センターの拡充・防災関係(ハザードマップ・防災無線の難聴地域問題)・市民活動サポートセンターの運用・第3次総合計画の総括・街おこし・市と市民の協働・懇談会の周知と開催場所選定などなど・・・。
 今後、策定の進捗状況に応じて“第2回”が開催される予定になっていますが、各地域の市民の皆さんからいただいた意見をしっかりと受け止め精査し、次期総合計画策定に向けて少しでも活かしてほしいことは当然ですが、残念ながら若干参加者が少ないようにも感じました(2会場とも約30人前後)。関係当局には、“第2回”開催にあたっては、ぜひ“参加者増”についても、もうひと工夫いただきたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ