2010/1/17

もしかしてぎっくり腰?  活動報告

 穏やかな晴れ天候に恵まれ、本日午後1時から後援会の主催による『平成22年伊田まさひこ門松新春の集い』を、例年のように座間神社の神社会館「すいめい」で開催していただきました。
 大変お忙しい中、後援会会員の方を中心に、昨年同様80人ほどの皆様にお集まりいただき、終始和やかな雰囲気で、約2時間の限られた時間ではありましたが、多くの皆さんとお話しができ、今年も意義ある、そして楽しい『新春の集い』になったことはなったのですが・・・。^o^;
 昨年の『新春の集い』は、当日の朝方、例の“爆弾”が腎臓から尿管に下がってきたようで、突如猛烈な痛みに襲われ、開催時間に合わせて痛み止めの坐薬を入れての最悪のコンディションでの『新春の集い』でありましたが(昨年2月4日「福は内!鬼は外!石も外!」の書き込みをご参照ください)、今年は幸いにも“爆弾”の心配もなく、体調も万全、バッチリな状態で今日の日を向かえたはずでした・・・。'_';
 それは突如襲ってきました。何の前ぶれもなく本当に突然でした。『新春の集い』に出掛ける身支度をしている午前11時40分頃、ソファーに乗せていた足を下ろして振り返った瞬間、グキっと音がしたようなしないような。これって、もしかしてぎっくり腰?ぎっくり腰は全く初めての経験でした。こんな初めての経験を何も『新春の集い』の当日にしなくてもいいのに・・・。´Д`
 幸い何とか歩くことはでき、痛いには痛いですが結石での腰の痛みに比べればそれでも耐えられる痛さでしたので、新年の挨拶は自分の言いたいことをしっかりと言えたつもりでしたし、後は“根性のそのまた根性”で乗り切りました。後援会の役員さんたちには、「毎年、何かやらかすなぁ〜。」と笑われました。当然ですよね。
 夜になって痛みは倍増、腰が伸ばせない。これから多くの賀詞交歓会などが控えているのにどうしたらいいんでしょう?TдT
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ