2010/3/18

第2回地域別懇談会  活動報告

 朝9時より第四次座間市総合計画特別委員会が開催されました。今回の特別委員会では市長も出席され、これまでの報告の後、総合計画の基本構想の素案について質疑が行われ4会派が質疑に立ちました。私たち政和会では、委員会開会前の今朝の団会議までは私が会派を代表して質疑をする予定でしたが、4月中旬に予定されている常任委員会単位の分科会で各委員が様々な提言を行っていくことで一致し、今回の質疑は見送ることとなりました。委員会は昼前に終了しました。
 かわって夜7時からは、昨日から始まった第四次座間市総合計画に伴う『第2回地域別懇談会』が、今晩は座間、新田宿、四ツ谷の地域を対象として新田宿・四ツ谷コミセンで開催され出席をさせていただきました。
 今日の地域懇談会では、総合計画基本構想の素案の概要説明、総合計画を上位計画とする都市マスタープランの策定についての中間報告が、お集まりいただいた市民の方々に説明がされました。総合計画基本構想の素案、都市マスタープランについてのご意見、ご要望は、あらためて後日パブリックコメントとしてお寄せいただくとし、その後は今日の説明を聞いた範囲での意見交換の時間となりました。
 残念だったのは、開催場所の関係からか第1回懇談会に比べて今回は座間地区からの参加者が極めて少なかったこと・・・。会場設営、キャパシティの問題もあるでしょうが、今日のような実態を見てみると、「せっかくの地域別懇談会、思い切ってもう少し細かい区割りの方が・・・。」と思うのが率直な感想でありました。
0

2010/3/17

入谷1丁目でひったくり  座間市緊急情報メール

犯罪情報(午前9時56分)
 17日水曜日の午前0時55分頃、入谷1丁目の路上で、徒歩で帰宅途中の被害者が、背後から近づいてきた犯人達に、ショルダーバッグをひったくられる事件が発生しました。犯人は20歳位の3人組の男達のことですです。
 防犯対策として
@帰りが遅くなる場合、タクシー等公共機関を利用する。
Aバッグは、車道側に持たず建物側に持つ。
B自転車のカゴに防犯ネットをつける。
C人通りの多い道を選び後方にも気を配る。
以上のことなどを心掛けるようにしてください。
 今回の事件で気になるのは、犯人が“3人組”ということです。十分お気を付けください。
0

2010/3/16

委員会審議終了  議会

今定例会に上程された各議案に対する教育市民常任委員会第2日目の委員会審議が朝9時から開かれました。
 第1日目に教育部の提案説明、質疑は終了し、市民部の提案説明まで終わりましたので、今朝は市民部に対する質疑から入り、消防本部の提案説明、質疑と進みました。午後2時半過ぎに所管すべての質疑が終了。3時ごろに採決となり、所管の平成21年度一般会計補正予算、そして平成22年度の一般会計予算について、全員賛成をもって原案を可決するものとなりました。
 さあ〜て、これからもうひと仕事。委員会審議は終了しましたが、これから26日の閉会日に向けて委員長報告をまとめなければいけません。今回も予算議会でしたのでものすごいボリュームです。壇上での報告は主な質疑、答弁を抜粋して行いますが、委員長として毎回一応すべての質疑、答弁の整理をします。作業には一苦労しますがこれがまた良い勉強になりますので、いつものようにしっかりと“仕事”をしたいと思います。
0

2010/3/15

坂本龍馬を・・・。  国政

 鳩山邦夫元総務相が、自民党に離党届を提出し、その会見の様子が報道番組などで取り上げられていました。
 鳩山元総務相は「理由は一言で言うと、やはり、西郷(隆盛)さんに、『いさぎよかな』って言ってもらいたいような、そういう行動をしたい。自民党の最大の失敗は、政権をとられたこと。今のように、非常に社会主義的色彩の強いバラマキもそうだし、この国が滅びの道に入っていく。そういう最悪の事態があるわけで、自民党だけの力では、食い止めることができない。できるだけいいメンバーを結びつけることができる、坂本龍馬のような、まあ坂本龍馬のようなスケールの大きい人間ではないけど、そういう役割が、接着剤のような役目ができたら本望だと思っております。」と述べたり、また与謝野元財務相、舛添前厚労相との連携については、「やはり、日本一頭のいい政治家・与謝野 馨、国民の人気が一番高い、期待度が高い舛添要一。この2人を、鳩山邦夫という坂本龍馬が、薩長連合じゃないけど、結びつけることができたら最高です。」などと語っていました。
 ここのところ自民党では有力議員の執行部批判が相次いだり、現在の情勢では、遅かれ早く「新党結成!」と声を上げる議員が出てくるものとある程度の予測はありましたが、テレビドラマでブームとなっている坂本龍馬を引き合いに出しての発言にはどうも何か・・・。衆議院選敗北当初に叫ばれていた「党再生!」は影が薄れ、ある意味どうしようもなく、こういう「政界再編」の方向に流れていくのでしょうか?
0

2010/3/14

「ほ〜ら、・・・。」  プライベート

夜10時近くになりますが、渋滞にはまったとのことで、まだ“スキースキー・スノボー組”はお帰りになられていません。^o^;
 そう言えば今日はホワイトデーでしたね。ちなみにバレンタインデー後に、もう1つ義理チョコが増えましたが全く忘れていました。
 「ほ〜ら、全然楽だし!」¬_¬
(2月14日の書き込みを読んでいただければ・・・。T_T
0

2010/3/13

ご機嫌な夜  プライベート

 昨晩から女房、長男、次男はある団体のスキースキー・スノボーツアーに参加。このツアーには、昨日卒業式を終えた長男ら西中野球部卒業生の10人全員も参加していて、さながら“卒業旅行”と言ったところです。本当に仲が良いこと・・・。^v ゜
 本格的なスキーは初体験の次男もいることから、当初は私も参加しようと思っていたのですが、やはり議会中、また今晩開かれた市野球協会のチーム代表者会議及び社会人春季大会の組合せ抽選会と重なってしまったことなどがあり、残念ながら“留守番組”となりました。T_T
 代表者会議が終わってから、もう1人の“留守番組”である学校帰りの長女と待ち合わせをして、せっかく2人なんで(?)外で夕飯。まっ、“娘とハートx2デート”ちゅうやつですか・・・。ただ何を食べに行くかで多少の“協議”があり、私の「ラーメン中華!」に対して長女は「寿司回転寿司!」。長女が和食系を主張したことから、早々に中華系は却下され、入念な“協議”を重ねた結果、お寿司も食べれてその他いろいろつまめる居酒屋さんに行くことで“全会一致”(?)で決定。「だって回転寿司のお店だと、お父さん、ゆっくりビール飲めないし・・・。」
 かえって“留守番組”でラッキーだったのかもしれません。普段2人だけでゆっくり話すなんて機会はあまりありませんし、今晩は長女と久しぶりにゆっくりといろいろなことを話すことができ、とってもご機嫌な夜でした。*^_^*
0

2010/3/12

「うっ、早くも感激・・・。」  地域活動

 今日、市内中学校では卒業式。毎年、私は地域的なことから自分自身の母校でもある西中学校の卒業式にお招きをいただきますが、今年は、長男が西中学校を卒業することから1人の親としての出席でもありました。^v^
 例年のように、清々しい気持ちで『君が代』、そして校歌『眉をあげて』(西中学校のOBですから「任せてちょうだい!」って感じ・・・。OK)を生徒たちと歌いましたが、今年はここからがちょっと違いました。やっぱり親ですから、どことなく落ち着かなくってねぇ。卒業証書の授与で「あいつ、階段でコケないかなぁ〜。」とか「ちゃんと大きな声で返事するかなぁ〜。」とか・・・。結果、心配は無用で、しっかりとりっぱに卒業証書を校長先生の手からいただいておりました。 ̄ー ̄
 式も後半に入り在校生代表の送辞と在校生による歌『そのままの君で』(「うっ、早くも感激してきてしまった。」^o^;)。続いて代表の答辞と卒業生の歌『旅立ちの日に』(「素晴らしい歌声だぁー!か、完璧に感動!」>へ<)。そしていよいよクライマックス全校合唱による『春に』(「感動のあまり鳥肌が立ってきたぁー!う〜、目頭が熱くなって耐えられない〜。」TдT)。送られる3年生、送り出す在校生それぞれが“卒業”ということを厳粛に受けとめた素晴らしい卒業式、本当に本当に感動しました。「感動をありがとう!」と、何かお礼を言いたいぐらいでした。
 「君たちの未来はこれからだ!幾多の壁を乗り越え“夢”に向かって突っ走れ!そして諦めずに食らいつけ! 本日、中学校を卒業された皆さんおめでとう!」
0

2010/3/11

委員会審議  議会

 昨日から今定例会に上程された各議案に対する委員会審議が始まりました。今日は私が委員長を務める教育市民常任委員会が朝9時から開かれました。
 私たち委員会の所管は、教育部、市民部、消防本部。本日は教育部所管の21年度一般会計補正予算、そして新年度となる22年度の一般会計予算の審議に始まり、活発な議論に丸1日を使うかたちとなりました。
 委員会審議の場においては、1つの質疑項目に対して、発言回数や発言時間に特に制限がなく、いわゆる1問1答形式ですので、当局側が的確な答弁が出来ない場合は、どんどんと奥へ奥へと突っ込まれた議論となっていくわけです。こんな時は、委員長としてある程度の“交通整理”をしなければならない時もあり、そのタイミングを計るのは大変難しいものです。
 なお、来週月曜日から第2日目の委員会が開催され、教育市民常任委員会は16日の朝9時からの開催予定となっています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ