2010/3/15

坂本龍馬を・・・。  国政

 鳩山邦夫元総務相が、自民党に離党届を提出し、その会見の様子が報道番組などで取り上げられていました。
 鳩山元総務相は「理由は一言で言うと、やはり、西郷(隆盛)さんに、『いさぎよかな』って言ってもらいたいような、そういう行動をしたい。自民党の最大の失敗は、政権をとられたこと。今のように、非常に社会主義的色彩の強いバラマキもそうだし、この国が滅びの道に入っていく。そういう最悪の事態があるわけで、自民党だけの力では、食い止めることができない。できるだけいいメンバーを結びつけることができる、坂本龍馬のような、まあ坂本龍馬のようなスケールの大きい人間ではないけど、そういう役割が、接着剤のような役目ができたら本望だと思っております。」と述べたり、また与謝野元財務相、舛添前厚労相との連携については、「やはり、日本一頭のいい政治家・与謝野 馨、国民の人気が一番高い、期待度が高い舛添要一。この2人を、鳩山邦夫という坂本龍馬が、薩長連合じゃないけど、結びつけることができたら最高です。」などと語っていました。
 ここのところ自民党では有力議員の執行部批判が相次いだり、現在の情勢では、遅かれ早く「新党結成!」と声を上げる議員が出てくるものとある程度の予測はありましたが、テレビドラマでブームとなっている坂本龍馬を引き合いに出しての発言にはどうも何か・・・。衆議院選敗北当初に叫ばれていた「党再生!」は影が薄れ、ある意味どうしようもなく、こういう「政界再編」の方向に流れていくのでしょうか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ