2010/5/5

200%の満足感と優越感  活動報告

 今朝は、まず相模中学校へ行き、昨年長男がお世話になった座間選抜チームの予選試合があるということで激励へ。今年のチームには、青年会議所の同僚の息子、そして後輩の息子(パイレーツの教え子)がメンバー入りしています。GOOD!
 昼前に大凧まつりの会場に入りましたが、午後からはそこそこの風が吹くとの予想もあるものの、どうも今日もその頃は風がイマイチ。会場で暫しショッピング(?)を楽しんだ後、今日の大凧の掲揚は他の野球協会のメンバーに任せ、大凧まつりの会場を後にして私は地元の人たちが手作りの凧を揚げる“会”に参加。手作りの凧と言っても、一番大きいものは5.4×5.4メートルの立派な“大凧”で、10人ほどで協力して揚げます。力こぶ
 ここでも残念ながら一定の強さ、一定方向からの思うような風が吹かず、凧は時間にして20分ほど大空を優雅に舞ってはひと休みといったことの繰り返しでありました。ただ凧を揚げている場所が、大凧会場と座間駅などを結ぶシャトルバスの往復路、会場へ通ずる言わばメイン道路の近く(座間1丁目・中河原地区の西、相模川河川敷近くの田んぼの中)ですので、シャトルバスの中から、そして歩いて会場を行き来する多くの人たちに“見物”していただきました。中には1時間以上見物している人や、勇壮な姿をカメラにおさめる人など、「すごいねぇ〜。」「いいねぇ〜。」などと多くの賛辞をいただきながら、たびたび「この凧の大きさは?」なんて質問を受け、揚がっている凧の綱を触らせてあげたりして、この日だけの“特別参加”でありながら200%の満足感と優越感に浸ったものでした。 ̄ー ̄
 何回もの“トライ”で、足腰、両腕もパンパンに張り出しましたが、「楽しい!おもしろい!」完全にこの凧揚げにハマってしまいました。この大きさの凧になると、まさに凧揚げと言えども、スポーツ、いや格闘技といった感じです。とても素敵な時間を過ごさせていただき、声をかけていただいた皆さんに感謝をするとともに、帰りがけには「来年もぜひ!」とお願いをしてまいりました。^v^

クリックすると元のサイズで表示します

大空を舞う5.4×5.4メートルの“大凧”。座間・下宿地区にお住まいの『良志来会』の皆さんの見事な“作品”です。凧揚げほんと楽しかったなぁ〜。
0

2010/5/4

風が弱くて・・・。  活動報告

 女房と次男は文字どおりGW=“ゴロゴロウィーク”となりましたが、私はお付き合いをしているわけにもいかず、4日、5日と飛び回っておりました。
 4日は例年のごとく朝から相模川の大凧まつり会場に出掛け、まずは9時過ぎから始まった『第26回わんぱく相撲座間場所』の開会式に出席、続いて10時からは大凧まつりの開会式に出席しました。その後再びわんぱく相撲の土俵に戻り、3年生、4年生のベスト8までを決める取り組みの副審として土俵に上がりました。私、わんぱく相撲を主催する青年会議所のOBですから、もちろんわんぱく相撲審判員の有資格者なんですよ。OK
 土俵を下りてからは、相撲の応援にきていたパイレーツのスタッフたち(パイレーツからも5人ほどが今日は“わんぱく力士”)に混じってひと休みの昼食。昼食を取ってからは、今度はフリーマーケットを主催する商工会青年部をOBとして激励。まっ、激励と言うよりは、彼らがフリーマーケット本部テントの横で毎年バーベキューをやっているのを知っていたもんですから、ちょっくらご馳走になりにいったんですけどね・・・^皿^。お腹もいっぱいになったところで大凧のブースへ。毎年、市野球協会の関係者のみんなと大凧の掲揚に参加していて、あの大凧の綱を引っ張っています。
 しかしこの日は風が弱くて・・・。“風待ち”をしていて1時間ほどグラウンドに立っていたでしょうか。大凧保存会の人たちが、何度か大凧を起こし風を受けようとしましたが結局は風が弱くて“不発”に終わり、最後は展示の際に大凧を支える竹を使って大凧を起こして風を受け、一発勝負で綱を引きました。周囲から「頑張れぇー!」「揚がってぇー!」と大きな声援が起こる中、大きさ約100畳13メートル四方、重さ約1トンの『薫風』と書かれた大凧が徐々に空に舞い、その時間は数十秒だったと思いますが、見物客の皆さんから大きな拍手と歓声が沸き起こり、なんとかその役目を果たせたという感じでした。 \(^o^)/
 その模様をぜひ写真でご紹介したかったのですが、申し訳ありません。綱を引っ張っていたもので・・・^o^;。明日こそ風よ吹け!

クリックすると元のサイズで表示します

そんなわけで、今年は展示されている座間の大凧でご勘弁を・・・。
0

2010/5/3

“小児科ホームドクター”  プライベート

 入院していた次男が今日の午後退院してきました。私はパイレーツ・ジュニアの市ジュニア大会の試合があり、いつものスコアラー役がありましたので、退院のお迎えには行きませんでしたが、自宅に帰った次男の顔が早く見たくて、試合が終わってすぐに速攻で家に戻りました。退院して自宅に帰っていた次男は^v^ニッコニコ。「お帰り!ただいま!」と元気良く言ってくれてホッとひと安心です。
 しかし、今回の一件では、罹り付けのお医者さんの温かい対応、総合病院の医師の適切な判断に助けられ、本当に感謝、感謝の一言です。もしお二方の対応と判断がなかったら、次男はここまで早く回復していなかったかもしれませんし、未だに苦しんでいたかもしれません。やっぱり、一家に1人の“小児科ホームドクター”だとつくづく感じたところです。 ̄ー ̄
 我が家の“小児科ホームドクター”は、ある知人の紹介で長男が赤ちゃんだった頃に面倒をみてもらったことをきっかけに、その後当時幼稚園の長女、そして末っ子の次男と兄弟3人ともがお世話になっていて15年ほどが経ちます。今では何かあって主に行くのは次男だけとなりましたが、行った時には必ず先生も奥様も「お姉ちゃん、お兄ちゃんはいくつになった?元気に頑張っているかな?」と優しい目をして温かい言葉をかけていただきます。このように今でも長女、長男までにも気をかけていただいており大変ありがたいことです。
 今日は次男も退院し、そしてパイレーツ・ジュニアも勝ってベスト4入りを決めました。ダブルでめでたい、めでたい! \(^o^)/
0

2010/5/2

「だってね・・・。」  プライベート

 夕方、入院している次男の様子を見に行きましたが、かなり体調は回復しているようで、「ヒマだぁ〜。」「つまんなーい。」を連発。まあ、無理もないでしょうね。

父「昨日の夜はよく寝れた?」
子「うん、寝れたけど・・・。」
父「T_T泣いちゃったりして?」
子「泣いてなんてないよ!」`ε´
母「でもブザーで看護士さん呼んじゃったんだよね。」
子「うん。」
父「何で呼んだの?」
子「だってね・・・。」
母「同じ病室の赤ちゃんがね・・・。」
父「赤ちゃんがどうした?」
子「赤ちゃんがよく泣いて始め寝れなかったから・・・。」
父「看護士さんになんて言ったの?」
子「『すいません。赤ちゃんが泣いてて寝れないんですけど。』って言ったの。」
父「そうしたら何て言われたの?」
子「『ごめんね。赤ちゃんも苦しいから泣いているんで、ひと晩だけ我慢してね。明日は違う部屋 
に移るからね。』って言われた。」
父「それはそうだね。でも病室変わってないじゃん。」^o^;
子「そうなんだよね〜。(笑)」^皿^

 こんな調子なら明日は元気になって退院できるかな?

0

2010/5/1

GW=“ゴロゴロウィーク”  プライベート

 不安的中です・・・。今年の我が家はGW=“ゴールデンウィーク”ではなく、GW=“ゴロゴロウィーク”になりそうです。
 体調を崩している次男、昨日受けた血液検査結果、罹り付けの医者からの勧めで今日行った総合病院での血液検査結果の両方ともいまひとつ芳しくなく、結局はそのまま総合病院に入院することになってしまいました。'_';
 病院の先生の説明によると、詳細は省きますが、激しい嘔吐と下痢が続いたことで脱水症状を起こし、その関係で血中の状態が不安定になっているということで、ゴールデンウィークに入り休みが続くことから、大事をとって入院を勧められたものでした。昨晩はずいぶん水分を摂っていたので、入院を勧められるほど重症だったとは思いもよらず、正直、夫婦でかなりのショックです。
 次男本人は、お蔭さまで昼頃入院して点滴を続けていることから、見た目にもかなり回復しており、今日1日は“禁飲食”なもんで「腹減ったよぉ〜!」と文句を言っているくらいですから、入院をさせていただき逆にひと安心といったところですが、とにかく次男の症状のような『急性胃腸炎』が比較的流行っているようです。まだ次男が発病した原因ははっきり聞かされていませんが、皆さんも十分注意をしてください。
 さて最低2泊3日の入院を宣告された次男。今日入っている病室での同部屋は、すべてミルクを飲んでいる1歳に満たない赤ちゃんばかり。夜になって面会時間が終わり、付き添いのママさんが帰ってから、まさか周りの赤ちゃんといっしょに大声で泣いたりしないだろうな〜。そっちの方が心配だったりして・・・。^o^;
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ