2010/7/20

西中野球部応援!  野球

 昨日は、少年野球の練習が休みだったので母校の西中野球部の応援に・・・。18日まで3年生最後の夏の市大会が行われ、一応全日程は終了したものの、西中、座間中、栗原中が4勝1敗、ポイントでも並んだため、3校で優勝決定リーグ、座間市代表として出場する県央大会2つのイスを争うことになったものです。
 本来であればOBとなった高1の長男もいっしょにというところですが、自分の高校での練習で時間がとれず、長男の代わりと言うか、私も正真正銘の西中野球部OBなので、頑張っている後輩たちに、ぜひとも去年に続き優勝してほしいという願いからグラウンドに駆け付けました。結果は座間中が優勝、栗原中が2位、西中は3位ということになり、残念ながら西中は県央大会への出場キップを逃してしまいました。
 しかし西中の試合を見るのは実に久しぶりでしたが、チームとして素晴らしい成長をしたものでした。新チームがスタートしたばかりのリーグ戦では、芳しい結果を残すことができず少し心配しましたが、この夏は去年のチーム以上の仕上がりだったのではと思うくらいでした。引退する3年生、2年半ご苦労さまでした。胸を張り、自信を持って次の目標にトライしてください!
0

2010/7/17

ソレイユ座間体育祭  活動報告

 ちょうど先週の土曜日になりますが、座間市老人クラブ連合会の組織する地域老人クラブ間の会員相互の交流、および高齢者の健康増進を図るとともに、楽しいクラブ活動の活性化に努めることを目的として開催する第39回ソレイユ座間体育祭が開催され開会式に出席しました。
 このソレイユ座間体育祭は、これまで座間市老人クラブ体育祭と呼ばれていたもので、この度、座間市老人クラブ連合会の愛称が、『ソレイユ座間』となったため、今年よりこう呼ばれるようになり、ソレイユとは、フランス語で「太陽」「ひまわり」を意味し、ひまわりのように活気あふれる老人クラブ連合会を目指して『ソレイユ座間』と命名されたとのことでした。
 開会式後に準備体操、そしてプログラム1番の『みんなで万歳!!』というボール送りレースに参加して、少しの時間でしたが皆さんと競技を楽しみ、おまけにちゃっかり参加賞の食品ラップをいただいてきました。
 来年も多くの皆さんが元気に参加されることを願っています。

クリックすると元のサイズで表示します

 
 皆さん年齢を感じさせない動きで元気一杯!

0

2010/7/16

本意ではありませんが・・・。  プライベート

 今日は父方の叔父が亡くなり葬儀がありました。私の父は男ばかりの8人兄弟の次男で、亡くなったのは4男にあたる叔父さんでした。
 前々から闘病生活を送っており、実は亡くなったのは視察に出発する前日の月曜日の朝。昨日がお通夜でしたので、私は羽田空港からお通夜の席に直行したかたちとなりました。
 今回の葬儀については、亡くなった叔父からのこれも遺言というのでしょうか、「すべては雅彦(私)に相談をしろ。」と言っていたとのことを叔母と従弟に告げられていて、容態が悪化した日曜日の晩は病院に走り、家に戻っても翌朝まで寝たり起きたり。残念ながら結局は月曜日の朝には帰らぬ人となったわけですが、午後には葬儀社と打ち合わせをして、夜は遅くまで遺族との打合せ、段取りを取って翌朝火曜日に九州への視察に出かけました。
 亡くなった叔父は藤沢に住んでいましたが、私の2回の選挙には、出陣式や当選報告会などの主だったものには必ず顔を出してくれ、口数は少なかったですがいつもニッコリ笑って「頑張れよ!」と肩をたたいてくれました。その時の恩返しが、本人の葬儀での家族への手助けなどということは全く私の本意ではありませんが・・・。
 葬儀社を営む青年会議所の後輩、仕出し業を営む商工会青年部の後輩のご厚意などもいただいて、叔父叔母の兄弟や甥っ子たちが集まり、近親者だけで執り行った小さな葬儀ではありましたが、静かに眠る叔父を無事に天国に見送ることができました。
 
1

2010/7/15

教育市民常任委員会7月視察3日目  活動報告

7月の教育市民常任委員会視察最終日、今日は午前中に春日市に伺い、9時30分から春日まちづくり支援センター『ぶどうの庭』を訪問し、市内で活動するNPOやボランティアなど、市民活動の交流や支援の拠点となっているこの『ぶどうの庭』の取り組みについてご享受をいただきました。今日は、天候も幾分落ち着いて、時折雲の切れ間より陽も射してちょっと蒸し暑さを感じる日となりました。
 午前中で予定していた視察の全項目を終了し、心配された飛行機も遅れることなく福岡空港を飛び立ち、夕方4時には無事羽田空港に到着をしました。
 今回の視察は、充実した内容であったことはもちろんのこと、本当に人の温かさをこの上なく感じた3日間となりました。委員長であったからこそ、私はなおさら感じたことかもしれませんが、感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
 各市で視察内容については、また改めてご報告したいと思います。
 
0

2010/7/14

教育市民常任委員会7月視察2日目  活動報告

 今日は視察2日目。福岡県の行橋市から同じ福岡県中央部に位置する嘉麻市に伺いました。
 しかし、九州北部地方は、ここ数日の低気圧の停滞による大雨の影響で、この日も福岡県の各地には、大雨・洪水警報並びに土砂災害警戒情報が出されており、朝方、雨は小康状態であったものの、嘉麻市に向かう鉄道のダイヤも大きく乱れていて、嘉麻市では災害対策本部が設置されたとの情報も・・・。
 同行した議会事務局員とこの日の対応を協議していると1本の電話。その電話は、行橋市さんの議会事務局からで、私たちを車で嘉麻市まで送ってくださるという旨のものでした。「そこまでしていただけるなんて・・・。」
 恐縮しながらも行橋市さんのご厚意に甘え、また嘉麻市さんの方も災害対策本部が設置された状況下にもかかわらず、改めて「どうぞお越しください。」との受け入れOKのご返事をいただき、行橋市のホテルを9時半頃出発し、11時には嘉麻市役所に到着となりました。
 予定では2時からの視察ではありましたが、車で送っていただいたことにより、逆に到着した時間が大幅に早くなり、嘉麻市さんのご配慮で午前中に1項目、昼食後に1項目のご享受をいただき2時半ごろに視察は無事終了。最寄の駅まで嘉麻市さんの議会事務局の車で送っていただき、今晩の宿泊先である博多へ向かうこととなるはずでしたが・・・。なんと博多へ通ずる電車が土砂災害でストップ。しかしながら、これまたなんて九州の皆さんは温かい方ばかりなのでしょう・・・。今度は嘉麻市さんの議会事務局のご厚意で、やはり嘉麻から博多まで約1時間半をかけて私たちを車で送っていただきました。
 この日の先方にも無理を言えない状況から、最悪は今日の視察は断念せざるを得ないかとも考えていたなか、行橋市さん、嘉麻市さんの本当に温かいご対応に助けられて今日の日程を終了することができました。言葉ではとうてい言い尽くすことはできませんが、改めて行橋市さん、嘉麻市さんの皆さんには心より感謝を申し上げます。


 
 
0

2010/7/13

教育市民常任委員会7月視察  活動報告

ただいま羽田空港にいます。今日から2泊3日で九州・福岡県内の3市へ行政視察に行ってまいります。今日第1日目は北九州空港に降り立って行橋市に伺います。
雨には悩まされそうですが、「雨ニモマケズ」しっかり勉強して参ります。
0

2010/7/9

衝撃写真 第2弾!  出来事

クリックすると元のサイズで表示します

 ただの“紐”を写真に撮ったわけではありません。これ何だか分かりますか?写真の撮り方もよくないので分かりにくいかもしれませんが、これ1メートルほどのヘビの抜け殻なんです。私の家の庭で発見したものです。
 6月22日の写真に続いて、『ヘビの衝撃写真 第2弾!』という感じですが、これまた珍しい写真でしょう?「伊田さんの家では、よくもまあヘビばかり・・・。」と思われそうですが、決して我が家は“ヘビ館(やかた)”ではございませんので・・・。
 しかし、ヘビというのは邪気を払ってくれるとか、家を守ってくれたり、神の使いだという伝承があり、そんな関係から縁起物として扱われていますし、ヘビの抜け殻をお財布に入れておくとお金が貯まるなんて話しもありますので、我が家のお守りとして大切に保管しておこうと思っています。
0

2010/7/7

織り姫とひこ星は「夫婦」  出来事

 今日は七夕。子どもの頃、短冊に願い事を書いて笹飾りにさげるなど、皆さん様々な想い出あるかと思います。この辺では平塚の七夕まつり(今は「湘南ひらつか七夕まつり」というみたいですね)が有名で、海老名に住んでいた小さかった頃、毎年、親や知り合いの近所のおじさんに、相模線に乗って連れて行ってもらっていたことを薄っすら覚えています。大人になって最後に行ったのは、自分が親となって長女がよちよち歩きの時ですから、もう18、9年も行ってないということになるでしょうか・・・。^o^;
 ところで、全国の20―60代の男女1,550人と、12歳以下の小学生男女104人を対象に,
ある飲料メーカーが行った「七夕に関する意識と実態調査」で、以下のような傾向がわかったそうです。
 「七夕の日に何か行事をしているか」(複数回答)を聞いたところ、大人は30.6%、子どもは71.2%が「している」と回答で、その行事の内容は、大人が「短冊に願い事を書く」53.7%、「夜空を見る」53.1%、「ササ飾り」38.1%の順であり、子どもは「短冊」89.2%、「ササ飾り」41.9%、「夜空」37.8%だったとのことで、私は「夜空を見る」程度、小学3年の次男がいますが、家では特に笹飾りなんてはしていません。(学校で何かやったのかな?)
 七夕伝説は、大人の91.0%、子どもの87.5%が「知っている」と回答したそうですが、「知っている」と答えた大人のうち、91.0%が織り姫とひこ星の関係を「恋人」と誤解していて「夫婦」と正しく理解していたのは8.4%だったとのことであります。皆さんは、織り姫とひこ星は「夫婦」だと知っていましたか?これ、私、雑誌か何かで読んで、“うんちく”として知ってましたよ。 ̄ー ̄
 大人の「短冊に書く願い事」は、「健康について」が75.7%で一番多く、次いで「仕事について」が55.0%、「生活・くらしについて」が49.4%だったとのことで、私もきっと同じようなことを“願い事”とするでしょうが、後半戦に入った参院選、菅総理、一方の自民党谷垣総裁、短冊に書くことは、もしかしたらそれぞれこんなこと・・・。「国民が消費税について理解してくれますように!」「自民党の消費税論は菅総理のとは違うということを国民が理解してくれますように!」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ