2010/7/2

不審電話  出来事

 今日、座間小学校から配布された『防犯のお知らせ』についてお伝えします。
 7月1日の木曜日、3名の保護者から個人情報を聞き出そうとする、不審電話の情報が寄せられたとのことです。
 不審電話は、1日の午後3時頃から4時30分頃にかかってきたもので、

@座間小PTA本部役員の田中と名乗る人が、「1年の引率名簿を
 作るのにわからなくなってしまった。○○さんは、何組ですか。」
 という問い合わせの電話を受けた方が、「何のために必要なので
 すか。」と聞くと、電話を切ってしまった。

A「座間小PTA役員の者ですが、広報の写真を整理していたら、写
 っている子の組がわからなくなったので教えてほしい。」という問
 い合わせから始まり、さらには、「○組全員の名前を教えてほしい
 。」という電話があった。

BPTA本部役員の田中という男の声で、「クラスの名簿を作成して
 いるが、間違えてしまい、正式に作りたい。同じクラスの名前を確
 認したいので、名簿を見て答えてほしい。」との問い合わせがあっ
 た。「今、名簿が近くにないので、あとでかけ直します。」と言って
 電話を切った。

以上のような経過で、この3つの事例に共通する点としては、
@PTA役員を名乗っている
A名簿等を作成している
B実存する児童の名前を使って、さも役員であるかのように見せか
 けている
C実名を知っていることから、一部の情報を入手している
などです。
 今までにも、言葉巧みに児童から電話番号を聞き出すという事例はありましたが、最近保護者から直接聞き出そうとしています。
 学校、教育委員会、市役所等が保護者や児童から電話番号等を聞き出すということは絶対にありません。どんな場合においても、個人の情報を電話で聞き出すということは絶対にありません。したがって絶対に情報を伝えず「知りたかったら学校に問い合わせてください。」と答えて受話器を置いてください。そして、学校や警察に問い合わせてください。
 もうかなり前ですが、私の家にも同じような電話がかかってきたことがあり、女房が電話を受けましたが、「そういうのは学校に直接聞けばわかるんじゃないですか?」ときっぱり振り切ったことがありました。それを聞いた私は、すぐに学校に連絡をして情報を流しましたが、学校に通う児童、生徒をお持ちの皆さんはくれぐれもご注意ください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ