2011/6/7

末長い“支援の気持ち”を・・・。  地域活動

 夜、座間青年会議所シニアクラブの役員会があり出席をしました。今日は、「たとえ少しでも被災された皆さんのために・・・。」と、先般行った東日本大震災義援金活動の報告や今後の活動について話し合いました。
 夕方の約1時間半ほど座間駅、相武台前駅、さがみ野駅、ピアゴ前の市内4ヵ所に分かれて行った5月28日の募金活動の結果は、6月1日に市役所の福祉長寿課に行き精算したところ、64,085円の“善意の気持ち”をお寄せいただきました。時期的なもの、また朝から雨が降っていたことから考えれば十分な成果だと思います。
 この目で実際に被災地を見て一層強く感じたのは、短期間ではなく、また金銭面ばかりでなく、多くの人が、被災者の方々や被災地への末長い“支援の気持ち”を持ち続けることだと感じています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ