2011/7/10

少しゆっくりでも・・・。  出来事

 横浜地方気象台によると、昨日は午後3時半までに小田原33.6度、海老名33.1度、横浜32.5度になるなど、各地で真夏日となったとのことです。
 昨日9日、気象庁から九州北部と関東甲信、北陸の各地方が梅雨明けしたとみられるとの発表がありました。このまま確定すれば、平年より九州北部は10日、関東甲信は12日、北陸は15日早く、いずれも昨年より8日早いということです。北陸地方に至っては1951年の統計開始後では3位タイの早さということで、梅雨のない北海道を除いては、東北以外の全域での梅雨明けとなりました。
 例年で言うと、鬱陶しい梅雨が明けたことは万々歳というところですが、今年ばかりは“節電の夏”だけに「梅雨明けは少しゆっくりでも・・・。」などと勝手に思ったりもしてしまいます。
 梅雨明けしてとにかくこれまで以上に怖いのは、ご承知のとおり熱中症。早めの梅雨明けの後は“酷暑”がいきなり本番とばかりに、梅雨明けとなって30度を超える真夏日となった神奈川県内でも、9日の夕方までに熱中症やその疑いで計28人が病院に搬送されたとのことです。皆さん、自分なりの最適な熱中症対策を見つけ、十分お気をつけください。

  
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ