2011/8/17

H23.基地対策特別委員会視察  活動報告

 今日の午前中は基地対策特別委員会としての防衛省南関東防衛局への要請行動ということで横浜へ、そしてその足で午後からは、横須賀市、米海軍横須賀基地への所管事務調査(視察)を行ってまいりました。私としては、南関東防衛局への要請行動は、平成17年以来2回目のことでありました。
 南関東防衛局へ『基地に関する要望書』として提出したのは、細かい内容についてはもちろん何点かの修正、加筆、削除等を特別委員会で議論したうえで、例年と同じく大きく分けてキャンプ座間について、厚木基地について、防衛施設周辺生活環境の整備等に関する法律の運用についての3項目のそれぞれに関する事項でありました。また今回については、東日本大震災により起こった原発事故に関連して、「その他」の項目で、横須賀に寄港する米艦船の原子力災害対策についてが加えられ提出がされたものです。
 各要望に関する当局側の回答は、いわゆる「あくまでも現時点で答えられる範囲のもの・・・。」という一定のものでありましたが、私たち議会としては粘り強く議論、要望を続け、当局には“座間市民の願い”として、1つづつでも解決、市民理解が得られるよう鋭意努力をいただきたいと願います。
 午後からは横須賀市に伺い、横須賀市における基地等の現況についてご説明をいただいた後、委員からの質疑をお受けいただき、多くは横須賀に寄港する原子力米艦船の安全性に対する認識ついて議論がされました。米海軍横須賀基地は、主にバスの中からの敷地内見学となりましたが、どこの基地に行っても同じ感想です。広い、羨ましすぎる充実した施設、ゲートの外と中では別世界の環境・・・。自然に「ふぅ〜」っとため息が出てしまうのは言うまでもありません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ