2012/1/28

座間市民活動サポートセンター移転・開所式  活動報告

 午前11時より『座間市民活動サポートセンター』の移転・開所式が開かれ出席をしました。 
 市民活動サポートセンターは、市民との協働まちづくりの推進に向け、市民の自主的で営利を目的としない社会貢献活動を総合的に支援し、活力のある地域社会を創造するための拠点となるもので、団体を立ち上げたい、自分たちの活動を知らせたい、サークル活動を知りたい、ボランティアをしたい、イベントや施設の情報が知りたいなどの相談も受けています。 
 本市として初めて市民支援を目的としたサポートセンターが開設されたのは、平成17年10月『座間市ざま生涯学習活動サポートセンター』として座間市公民館の2階に設けられ、引き続き平成20年9月、新たに『座間市民活動サポートセンター』として生まれ変わり、サニープレイス座間の3階に開設され、開設に併せて団体・サークルの活動の様子やイベント情報を自由に発信することができまる『座間市民活動サポートセンター』の情報サイト『ざまっと』も導入され運営をされていました。
 このように6年間運営されていたサポートセンターでしたが、市公民館の2階にしてもサニープレイス座間の3階にしても、市民の皆さんに情報発信をする1拠点としては、その場所が分かりにくいことや目立たないこと、また何よりもスペースが狭く、その関係から備品などが十分でなかったことなどが、利用者から“声”として上がっており、議会でも度々議論になっていたところでした。そのようなことから、所管する常任委員会、会派の行政視察で、私自身も先進市の数ヶ所のサポートセンターに伺った経験がありましたし、2年ほど前だったでしょうか、たまたま用事があってサニープレイス座間3階の市サポートセンターに行った際に、現状のサポートセンターの諸問題について、職員の方と1時間近く“議論”したこともありました。
 これまで職員、関係者の方々の並々ならぬご労苦があったものと思いますが、今日、晴れて『座間市民活動サポートセンター』は、ざまコミュニティプラザ(旧名称・ふれあい会館)1階の今まで喫茶コーナーであった場所に移転、専用の拠点を設けることとなり、これによりフリースペースにも余裕がとれ、多くの市民の方の利用に応えられるようになったとともにその存在感をしっかりと現せるものとなりました。
 これを機会に、『座間市民活動サポートセンター』が市民の皆さんのさらなる活動支援の場となることを期待いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

外から見た座間市民活動サポートセンター。晴れ 陽の光がたくさん入る室内で、きっと“明るい出会い”の場となることでしょう!^o^
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ