2012/2/27

近づく“球春”  野球

 昨日は朝8時半から 座間市野球協会学童部の審判講習会が市民球場で開かれました。
 昨年まで学童のチームは17チームで、残念ながら今年から1チーム減って16チームとなりましたが、それでも多くの各チームの審判団員、関係者の皆さんが集まり、球審、塁審の基本姿勢に始まり、ストライクゾーンに関する各講義になどに聞き入っている姿は真剣そのもので、すべては参加者の皆さんが「子どもたちのために自分自身がレベルアップを・・・。」との思いからのものです。午後からは相模中学校、東中学校の両野球部の生徒たちの協力を得て主に実践形式での講習が行われました。
 今日のように3月から4月にかけての公式戦に入る前には、学童部、社会人(3月18日座間高校にて開催予定)ともそれぞれ講習会を開き、審判員一人一人が、より正確なジャッジとスピーディーな試合を行えるようにその審判技術の向上を図ります。GOOD!
 今年、社会人の春季大会は3月25日開幕、学童部は4月1日にレギュラーチームの春季、夏季大会、ジュニアチームのジュニア大会の開会式が市民球場で行われる予定となっています。この日も大変寒い1日でしたが、開幕へ向けての準備も着々と始まり、すぐそこまで近づいている“ 球春”が今年もとても楽しみです。^v ゜
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ