2008/8/13

私も通学路として・・・。  足跡 ・ ing

 今日の『足跡・ing(現在進行形)』は、雨水対策として道路舗装整備及び側溝整備がされた座間2丁目2,669番地前付近(河原宿地区)のの市道3号線の紹介です。
 要請理由としてあげたのは以下の通り
1.この道路は、座間1、2丁目、新田宿、四ッ谷から通う多くの座間小学校児童たちの通学路に一部がかかっており、特に台風などの大雨が降った時には、両側の側溝から雨水が溢れ出て道路が冠水し、児童たちにとって大変危険である。
2.道路が冠水した場合、当然、道路両側の家屋に被害が出る恐れがあり、またその 後、両側側溝に溜まった雨水は流れが悪いため、ひどい時には半月以上も残っており不衛生である。
3.所々蓋がないために雨水が溜まった側溝に幼児が落ちたケースが度々目撃されている。 
 この道路箇所は、私も小学生の頃、通学路として使っていた場所で、以来約40年現場視察など必要のないくらい、よ〜く知っている所。側溝の整備状態は、私の小学生の頃から外見上ほとんど変わっておらず昔のままで、場所によっては、住民の方自らが家屋への被害を防ぐために側溝にコンクリートの蓋を置いているとのことでありました。正確にはわかりませんが、かなり以前より改善要望があったということでした。
 平成17年度に整備事業が予算化され、衛生面、安全面で問題のあった両側の側溝は塞がれて道幅も広くなり、また同時に雨水対策もとられたことにより、道路が冠水するような心配も完璧に解消されました。
      
クリックすると元のサイズで表示します
整備前の写真があったらよくお分かりいただけたのでしょうが、とてもすっきりした「通り」になりました。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ