2008/11/18

「低空飛行?」  活動報告

 夜7時より、座間市基地返還促進等市民連絡協議会の平成20年度第1回臨時総会が開催されました。この協議会は、市民、議会、行政の3者でつくっていたキャンプ座間米第一軍団司令部移転に伴う基地強化に反対する座間市連絡協議会に引続き、新たに婦人団体や商工会、農協、青年会議所の代表者を委員に加え、今後、返還を求める米軍用地・施設の選定や跡地利用計画の策定、米軍の訓練による事故防止策の在り方などを議論する市と防衛省が新設に合意した協議機関の場であります。
 今日の臨時総会では、報告事項として、協議会の役員等の変更について、「キャンプ座間に関する協議会」代表幹事会についての2件が報告され、議題として、平成20年度収支予算案について、顧問の委嘱についての2件が審議されました。
 収支予算案については、消耗品費の中の懸垂幕、促進協議会ニュースのことなどについて質疑、また要望が出されました。懸垂幕の件は、以前は市内の公共施設や各所に懸垂幕、横断幕、のぼり旗が掲げられ、司令部移転反対を市民にPRしていたものが、今年度予算では懸垂幕が市役所前の1本分だけということに対しての質疑、要望で、会長である市長の答弁は、「次年度については議論、検討していきたい。」というものでありました。促進協議会ニュースの件は、自治会加入世帯への配布、公共施設等に置くだけではなく、わずかな予算立ての見直しも含め、できるだけ広く多くの市民の方々に情報を伝えるべし、との意見、要望が出されました。
 顧問の委嘱については、山本俊昭県議と星野前市長のお二方の名前が出されましたが、星野前市長については「現在は一市民である前市長に顧問職はいかがなものか?・・・。」などの意見が出されたものです。採決の結果、収支予算案については全員賛成、顧問の委嘱については賛成多数ということで2議案とも可決されました。
 今日の議論の中身は中身として、なにか全体の雰囲気が、どう表現していいのか分かりませんが「勢いよく空高く!」という感じではなく、「低空飛行?」という感じがしてしまったのは私だけであったでしょうか?
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ