2009/11/8

ごめんな〜。  地域活動

 「ふるさとまつりと同じ日にしちゃって本当に悪かったねぇ。気が利かなくて申し訳なかったよぉ〜。あっちにも行かなくちゃいけなかったんだろう?ごめんな〜。」
帰り際、氏子代表の方からこんな優しい言葉をかけていただきました。
 今日は第24回座間市民ふるさとまつりでした。しかし、残念ながら毎年お招きをいただき出席している地元のある例祭と重なり、私はそちらの方へ出席させていただきました。議員になって以来、毎年式典から出席しているものなので、欠席してしまうのはどうも気持ち悪く、またその後の直会(なおらい)の席で、市政報告会などとは別に1年に1度その地域の方たちとゆっくりと語り合えることができる大変貴重な1日です。
 その今日の例祭は、座間1丁目の中河原地区にある中河原・大六天神社のもの。中河原・大六天神社は、境内があるような大きな神社ではなく、中河原の集落の中にお稲荷さんと並んで小さな鳥居を構え、社殿などはありませんが中河原・大六天神社として小さな石碑などが建ち神様が祭られています。
 直会の席では、調整区域の下水道整備について(中河原地区は調整区域内)、例のたばこ増税を含めた市税収入について、市税滞納問題について、農政について、各種団体に対する補助金についてなど、それぞれ個別にですがお話しが出て、要望やご意見を伺いながら私からも出来るだけの説明をさせていただきました。
 今年のふるさとまつりの雰囲気を味わえず、また多くの皆さんにお会いできなかったのは残念でしたが、地元地域の方々と懇親を深め、数々の貴重なご意見をいただけたやはり有意義な1日となりました。
 
0

2009/10/26

『ざまっ子まつり』中止  地域活動

 今日の午後、座間小学校のPTA会長さんから、週末31日に予定されていた『ざまっ子まつり』が、校内で風邪インフルエンザ流行による学級閉鎖が相次いでいるために、やむなく中止にする旨のメールが入りました。今年で数えること5回目、毎年、晴れ天候にも恵まれ、多くの団体が参加し、子どもたちはもちろんのことたくさんの大人たちも集まる年に1度の“お祭り”だけに大変残念なことです。その賑わいぶりを、毎回私のブログでもご紹介していたところでした。
 PTA会長さんからのメールによると、座間小学校内で先週末に3クラス、今日1クラスの学級閉鎖が出てしまったとのことで、まだまだ他にも閉鎖になりそうなクラスが多数あるということで、早めの「中止決定」の決断をされたようです。地域や学校によっての“流行”時期の違いはあるようですが、座間小学校的にはまさに“イヤなピーク”を向かえつつあるようで、この勢いでは学年閉鎖も出てきそうな感じです。'_';
 我が家では、幸いにもこの時期まだインフルエンザ患者は発生していなく平穏な日々を送っていますが、もしかしたら家庭内での発生も時間の問題かもしれません。そう言えば、次男が昨日あたりから鼻が詰まって多少咳が出てたりして・・・。とりあえず熱はなく超元気ですが・・・。^o^;
 今、子どもたちが外から帰って来ると
「石鹸で手洗い!うがい!インフルエンザに罹ったら大変だぞ!」
とうるさいくらいに必ず声をかけていますが、ある時女房に言われたのは
「去年の冬、1番先にインフルエンザに罹ったのはあなただからね!あなたこそ、石鹸で手洗い、うがいをちゃんとやってね!1番いい加減なのはあなたなんだから!」
と逆に注意されてしまいました。'_';
 皆さん、十分お気をつけくださいね。^v ゜
 
0

2009/10/6

“心のこり”  地域活動

 続いて4日の日曜日は不動尊の秋祭り。この日は“熱唱”することは確定的でして、それはなぜかと言いますと、2週間ほど前に、自治会長さんからこの日に歌うカラオケの曲をあらかじめ教えてほしいとすでにケータイ電話をもらっていたからでした。
 月夜7時過ぎに不動尊に行きますと、もう境内は演芸会を見ている人たちでいっぱい。前半が終わったところで、私たちゲスト(?)のカラオケタイム。まずは山本県議からで、歌われたのは沢田研二の「勝手にしやがれ」。そして私が歌ったのが細川たかしの「心のこり」。県議と打ち合わせなんてしてませんから、議員の2人が続けて歌った曲目が「勝手にしやがれ・心のこり」とは・・・^o^;。歌の題名ではなく、1つの言葉として捉えたら、とても議員には相応しくないですよね。「あちゃー!」ってな感じで何か変に1人でウケてしまいました。^v^
 さて、今年の私の歌のデキはどうだったかですって・・・。私としては「GOOD!ハイ、“気持ち”で思いっきり歌わせていただきました!」というのがコメントでありますが、舞台を降りてまずかけられたのは「伊田さん、大きな声出てたぞ!」という声でして・・・。'_';
 曲目のとおり今年も多少の“心のこり”に終わった舞台でしたが、とても楽しい秋の夜でした。^v ゜
0

2009/10/5

“黒子韋駄天”  地域活動

 週末の土曜と日曜は地元のお祭りデー。土曜日は座間地区・河原宿の天照皇大神宮、そして日曜日は座間地区・中宿の不動尊の秋祭りでした。昨年「歌う韋駄天T」「歌う韋駄天U」というタイトルで書き込みをしましたが、毎年恒例のカラオケでの歌の披露、今年は・・・。 ̄ー ̄
 まずは天照皇大神宮の秋祭り。金曜日の夕方には、昨年もお手伝いをしたお囃子の子どもたちを乗せたトラックの運転をして地域を回る予定でしたが、あいにくの雨雨模様だったので中止になりお役ご免。
 そして土曜日の午後、トラックの運転ではなく、その後ろを練り歩く子ども神輿のサポート役で地域を回りました。サポート役には他にも地元の消防団の方々、子ども会の役員さんなどがいるのですが、もう腕が抜けそうなくらい大変´Д`。なぜかと言うと、予想がつくかもしれませんが、子どもたちときたら少し担ぐと一休みで、すぐに手を離したり、肩を抜いたりするもんですから・・・。中にはふざけて逆に神輿にぶら下がったりする小さい子がいたりして、トラックの運転の方がどれだけ楽だったかもしれません。こ、これではマイクが握れない・・・。TдT
 そして月夜は恒例の・・・。実は今年は出番ありませんでしたー。と言うのも、今年は舞踊劇団の一座や「かっぽれ」などを踊る皆さんをお呼びしたことにより、素人演芸大会的な催しはありませんでした。正直ホッとしたような、でもちょっと自慢の歌唱力(?)をご披露できなくて残念だったような・・・ ̄ー ̄。そんなわけで今年はこの夜も舞台に上がる子ども囃子の“黒子”として、子ども会の皆さんのお手伝いに励み、それはそれでとても楽しかった“黒子韋駄天”でありました。GOOD!
0

2009/10/3

頼もしい返事  地域活動

 先月30日の午後、毎年恒例の西中学校の防災訓練の見学に出掛けました。以前にも書き込みをしましたが、普通、各学校で行われるのは一般的な避難訓練に留まりますが、西中で行われているのは、全校生徒による避難訓練の後に、「救助訓練、救援のお手伝い」を体験することにより、いざというときに救援のための行動が率先してとれるなど、地域の一員としての自覚を育てることを目的として、行政、消防署、地元消防団の協力のもと防火・防災訓練という形で3年生による体験学習が実施されています。
 当日、あいにくの雨模様だったために、体育館や特別教室を使っての学習となりましたが、煙体験ハウス、非常食の炊き出し体験、簡易トイレの組み立て体験、避難所への傷病者搬送体験、テント設営体験、水消火器体験などをクラスごと、グループごとに“体験”をしていました。
 簡易トイレの組み立てを体験した生徒に
「たった1度だけでも組み立ててみたから、実際の時にも、例えば地域の中で大人の人たちに手を貸せるかな?」
と問いかけてみると
「今日やってみて、どんなものなのか分かったんで大丈夫です!」
という頼もしい返事が返ってきました。
 この防災訓練体験学習は、現在でも市内では西中学校だけでしか行われていなく、大変“価値ある授業”だけに、私としては市内全中学校で開催されることを望んでおり、過去に一般質問でも取り上げ(平成20年第2回定例会・内容は「続きを読む」をご覧ください)、担当課、消防署、教育委員会からも前向きな答弁をいただいている経緯があります。今年は、市内他校1校の先生が見学に来ていたそうですが、市内全中学校での実施を関係者の皆さんにぜひとも積極的に考えてほしいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
 
 
 
 防災訓練でお馴染みの煙体験ハウス

クリックすると元のサイズで表示します
 
 
 
 楽しみながら(?)の簡易トイレ組み立ての様子


続きを読む
0

2009/8/9

座間青年会議所創立30周年  地域活動

 今日は座間青年会議所の創立30周年記念の各イベントがあり、お昼から夜まで出席をさせていただいておりました。こんなに長く出席していたのも、これまでも何度かお話しをしましたが、私は座間青年会議所のOBで、2001年度第22代の理事長を務めさせていただきました。ちなみに遠藤市長(第18代理事長)、山本県議会議員、京免市議会議員の面々も我が座間青年会議所のOBです。
 まず昼の12時からは歴代理事長会に出席。座間青年会議所30年の歴史、今日は20人ほどの歴代理事長が集まり昼食会を開き、1時間半ぐらいだったでしょうか昼食を楽しみながら想い出話に花を咲かせました。
 続いて午後2時からは「30年の歩みとトークショー」と題して、ハーモニーホールの大ホールで30周年記念事業が開催されました。最初に大画面を使って座間青年会議所30年の歩みが紹介され(私の顔もデカデカ22番目に映りました)、その後主催者を代表して三ツ橋理事長の挨拶、来賓紹介、来賓を代表して遠藤市長の挨拶の後、いよいよ2時45分からトークショーの始まりとなりました。
 記念事業のトークショーは、「さすが30周年!」とも言うべきもので、第1部は高橋ジョージ氏、第2部では荒川静香さんという超豪華版の企画でありました。高橋ジョージ氏は、バンド「THE虎舞竜」のボーカルで1993年ファンからの手紙を元に作った「ロード」が約200万枚の大ヒット曲となり一躍有名になり、最近ではトーク番組やバラエティ番組のコメンテーターとしてお馴染みかと思います。一方、荒川静香さんは言わずと知れた2006年トリノオリンピック、フィギュアスケート女子シングル優勝の金メダリストで、現在は日本を代表する女性プロフィギュアスケーターです。
 「Keep on dream 〜夢を持ち続けて〜」をテーマにそれぞれ約1時間のおしゃべりでしたが、話しの中でお二方とも夢を持ち続けれたことの最大の要因として「“両親”の言葉や協力」ということで共通されていたことが大変印象的でした。高橋さんはとてもフランクで親しみやすい感じ、荒川さんは背が高くスレンダーで、おまけにすっごっい綺麗でまるでスーパーモデルのようでした。ホントに・・・。アイスショーを1度見てみたいと本気に思いましたよ!
 夜は祝賀会に出席し、その後相武台の居酒屋でOBだけの2次会、そして小腹が空いたのでちょっくらラーメンを食べに・・・。こんなパターンで梯子するのは久しぶりで少しハードでしたが、現役時代に『修練・奉仕・友情』の3信条のもと共に汗と涙を流し、そして笑い合った先輩、後輩、仲間との1日はとても楽しかったです。
 座間青年会議所の現役メンバーの皆さんには、『明るい豊かな街づくり』を目指し、またその一助となるよう、若者ならではの創造力とパワーをもって臆することなく新しいことに次々とチャレンジし、これからも40年、50年と歴史を刻んでいってほしいと思います。1人のOBとしての気持ちです。
 
0

2009/5/27

「ひまわりミニパーク」  地域活動

 昨日、午前10時から座間駅前商店振興会での「ひまわりミニパーク」作りがありました。私は、今度の定例会に出される議案の調べ事や総括質疑の原稿書きを朝からやっていたもので、“遅刻”で11時頃から作業に参加させていただき、午後1時から団会議があったので1時間半ほどしか作業に参加できず、“遅刻”したにもかかわらず“早退”というかたちをとらせていただきました^o^;。参加された会員の皆さん、申し訳ありませんでした。
 この「ひまわりミニパーク」は、商店街を通る人たちの目を楽しませる、そしてホッとやすらぎを感じていただけたらと3年前から毎年続けている事業で、今年は商店街の空き地にリングオブファイヤー、ソニア、ロシアという3種類のひまわりの種を蒔くことになりました。商店会の皆の熱い想いが伝わり、夏にはきっと綺麗な花を咲かせてくれることでしょう。
 「ひまわりミニパーク」の場所は、座間駅東口のロータリーから座間駅前郵便局方面へ向かう道の途中の左手で、ちょうど石川肉屋さんの道を挟んだ斜め前の空き地です。小さな看板も出ていてすぐに分かると思いますので、皆さんも座間駅前商店振興会をお通りの際はこの「ひまわりミニパーク」をどうぞ覗いてみてください。
下記の写真は、クリックすると大きなサイズでご覧になれます。

クリックすると元のサイズで表示します


 “ミニ”パークであっても、商店会の皆の  
  熱い想いは“ビッグ”です!

0

2009/5/26

ドキドキしてたのは・・・。  地域活動

 座間市商工会の第49回通常総代会が午後3時45分よりサニープレイス座間の多目的室で開かれ、例年のように入谷支部の“総代”の1人として出席をさせていただきました。
 “総代”とういう名称は聞きなれない方も多いかもしれませんが、“総代”とは、何らかの団体や組織にかかわる者全ての代表もしくは代理となり、例えば会員の代表として“総代会”に出席し直接発言できる者のことで、昔よく使われていた言葉に“卒業生総代”(今は“卒業生代表”と呼ばれるのが一般的ですね)などいうのがありました。ここで言う商工会の通常総代会とは、年1回開催される、昨年度の事業報告、決算、また当該年度の事業方針、予算などを審議するいわゆる“総会”のことであります。
 さて、今日は何かと忙しく、総代会の会場に入ったのも開会の2、3分前の駆け込み状態。開会の言葉から始まり、大塚商工会会長、遠藤市長の挨拶があり、席に座ってそこそこ落ち着いたところで議題に・・・。まずは司会者一任ということで議長の指名。商工会の通常総代会の議長は、順番制で各支部の1年づつの持ち回りになっているのですが、司会者の方から出た言葉は
「それでは議長を座間支部のイダヒデオさんにお願いします・・・。」
あれ?どこかで聞いた名前・・・'_';。そうなんです“イダヒデオさん”は私の父親なんです^o^;。私自身も議員になる前の確か5年ほど前に入谷支部の順番で議長をやらせていただいた経験がありますが、今日父親が議長をやなんてことは本人からも商工会の事務局員からも聞いてないよぉ〜´Д`。ましてや私の座っている席はやや後ろではあるものの議長席から見て真正面。「やり難いだろうな〜。」と思ったのが正直なところでした。
 議案はスムーズに進み、特に滞るところもなく息子としてはホッとしましたが、父親が議長をやることを前もって知っていたなら、せめて議長の父親から視線に入りにくい一番後ろの端の席にでも座っていたものを・・・。
 夜、家に戻って
「やり難かったでしょう?議長を受けることを教えておいてくれたら気を遣ったのに。」
と父親に話したところ
「最近、お前忙しそうだったから言いそびれちゃったんだよ。ところで今日はお前も総代会に居たの?全然知らなかったよ。」
ですって。どうやら一人でハートx2ドキドキしてたのは息子の方だけだったようでした。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ