Kentaro Nishino's Official Blog 

画家、西野健太郎のアトリエ日記

 

展覧会



☆アニマルファミリー原画展☆

【場所】いしかわ動物園 動物学習センター
石川県能美市徳山町600番地

【日程】2021年7月21日(水)〜9月13日(月)
9:00〜17:00
休園日:火曜(祝日の場合はその翌日)

【主催】いしかわ動物園

【詳細】今回で5回目となる動物園での個展です。今回は新作の大型作品を中心に展示します(作品の販売はありません)。

新型コロナウイルス感染症拡大により休園が再延長となり、7月31日(土)〜9月30日(木)まで臨時休園となりました(10月以降の展示について決定次第お知らせ致します)。
たいへんご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
動物園の最新のお知らせはこちらから。





☆ジャパンアートエキスポ☆

【東京会場】品川グランドホール
【日程】2021年9月3日(金)〜 9月5日(日)

【大阪会場】梅田クリスタルホール(梅田センタービルB1F)
【日程】2021年9月10日(金)〜 12日(日)

【主催】アールビバン株式会社

【詳細】原画作品を取り扱うアールビバン株式会社主催の会員限定イベントです。年に十数点しか描けない原画のほぼ全てをこのイベントにて発表しています。詳しくはアールビバン株式会社までお問い合わせください。

ご来場ありがとうございました。

アートグッズ


☆米国ジグソーパズル☆

米国Ceaco社製 750ピースのジグソーパズル3種類です。アメリカのパズルはピースの形が一つ一つ違うのが特徴です。日本では手に入りずらい、限定販売の商品です。



☆カタログ画集☆

「代表作」「木の記憶」シリーズ作品を多数掲載したカタログ画集2冊セットです。制作過程や自然の中で撮影した作品も掲載されており、見応えがあります。



☆クリアファイル両面A4☆

オリジナル両面絵柄クリアファイルA4サイズ10種類「ホワイトタイガー」、「ホワイトタイガー2」、「ホワイトタイガー3」、「オオカミ」、「オオカミ2」、「フクロウ、ウサギ」、「シロフクロウ」、「動物集合」、「森の動物たち」、「ネコ」をアトリエからご購入できます。



☆ポストカード5種類セット☆

動物ごとに代表作をコレクションしたオリジナルポストカード5種類セット「ホワイトタイガー」、「オオカミ」、「フクロウ」、「ウサギ」、「動物集合」、「ぎゅっ」シリーズをアトリエからご購入できます。


いしかわ動物園の正面入口ズーショップダンに西野健太郎アートグッズコーナーがあります。動物園限定の商品なども取り揃えております。

作品の販売

アールビバン株式会社
全国各地で開催する展示会にて原画作品を取り扱っております。オーダー原画も受け付けております。

ひろた美術画廊
石川県金沢市にある老舗画廊です。オリジナルの版画作品を取り扱っております。

その他、作品についてご質問などございましたらアトリエまでお問い合わせください。
お問い合わせ

待受画像



待受アートパラダイスから、西野健太郎作品の待受画像を多数配信しています。

西野健太郎プロフィール



1980年 石川県金沢市生まれ。

2003年 アカデミーオブアート大学(米国サンフランシスコ)卒業。

2005年 第2回日本アートアカデミー賞 準グランプリ受賞。

2006年 カナダのArtist for Consevationの招待作家に選出され、世界中の動物画作家と共に作品を通して自然保護を訴える活動を始める。

2015年 世界最大の動物画国際コンクール Artist Conservation Festival にて、2015年の世界トップ80人に選ばれる。

現在、ジグソーパズルなどの関連商品が東アジア、北米、ヨーロッパを中心に世界数十カ国で発売され、動物の家族をテーマに優しさあふれる作品は世界中の多くのファンに愛されている。

オフィシャルサイト



過去の作品や新作を、動物の種類別に紹介しています。

SNS







Facebook, Instagram, Twitterでも情報発信しています。

所属団体



カナダに本部のある動物画の世界的な作家団体Artist for Conservationのメンバーとして、作品を通して野生動物、自然の素晴らしさ、その保護の大切さを伝え、作品の売上の一部を自然保護団体などに寄付する活動をしています。
自身の作品の他に、世界中で活動している動物画家の作品や、活動なども紹介されています。

木の記憶


"木の記憶"作品シリーズ

樹皮が付いたままの間伐材を年輪に沿ってドリルやノコギリを使って削り、その中にアクリル画を収めた作品です。動物たちも、人間の前では警戒してあまり見せないような、子供や兄弟や仲間を思う姿があり、そんな動物たちの姿を何世代にも渡ってみてきた木の記憶を、木の年輪を通して表現しています。また、間伐材を作品に使うことで、森の再生を促す活動もしています。

過去ログ

QRコード

RSS
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/27 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ