人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!





先日気流院の患者様からお電話をいただきました。

「うちの母が数日前からめまいがひどくなり、病院で検査をしてもらったのですが異常が見つからなかったので診てほしいのですが・・・」とのこと。


ご紹介くださった娘さんが付き添いでご来院されました。

話を聞くと、「5日くらい前からめまいがするようになって、検査してもらったが異常が見つからない。」「以前も2回ほど同じような症状が出たことがあって、その時は病院で点滴をしてもらったら徐々に治まってきた。」「水分を取りすぎてめまいが起こったような気がする。」「立ち仕事。」「左足に体重をかけていることが多い。」「仕事中は特に右腕を使う。」「後屈は大丈夫だけど前屈すると腰痛がある。」とのこと。


症状は「寝ていて寝返りを打つとめまいが起こる。立ち上がる時や、立っているとぐるぐる回る時がある。」など。


めまいの原因にはいろいろあるようですが、この患者様のように病院の検査では原因となる異常は確認できない場合もあります。

病院の検査では原因となる異常は確認できないものには、精神的ストレスによるものや肉体的疲労による筋肉の硬縮などからくるものがあります。

今回の場合は、ご本人曰く「ストレスは無いです。」とのことでしたし、見た感じと話し方からしてストレス性ではないと判断しました。


では肉体的な異常からということになりますが、めまいが起こる原因として単純に考えられるものとして、頚部の筋肉異常による首の締め付けが原因で頭への血流が悪くなり酸欠を起こし、めまいを引き起こしてしまうという事が考えられます。

このような場合普通は頭痛が起こりますが、頭痛を頭痛として感じない方もおりますので、そのような方の場合は頭がボーッとしたりフラフラしたりという症状が起こる方もいるようです。

今回の場合はまさにそのタイプだと判断しました。

では、首の締め付けを起こしている筋肉異常の原因は何処にあるのか?ということになりますが、患者様の話しから判断して

@腕 → A足 → Bお腹 → 首 → めまい

ということになりました。


首の張りは、左後ろの張りが特に強かったです。


施術中なんどか起き上がっていただきめまいの状態を確認しました。

途中起きていただいた時「大きなめまいは無くなったけど、まだ小さくゆれる。眼が見えづらい。」とのこと。


その言葉の中から「眼の奥の筋肉の異常から眼が見えづらくなり、眼球が安定しない状態になり小さくゆれるからめまいに感じるのではないか?」と判断。


気龍眼により、眼の奥の筋肉の異常を起こしている原因を退治!


起きて頂くと

「めまいがとれました〜!眼がスッキリしてすごく見えやすい!」


とのことでした。


「水分を取りすぎてめまいが起こったような気がする。」と言われてましたが、飲みすぎてお腹の張りを強めてしまった!と考えると、それもめまいを引き起こす引き金くらいになってたかも知れませんが、大きな原因の一つではないと思います。


もう一つ「後屈は大丈夫だけど前屈すると腰痛がある。」とのことでしたが、これは重心の大きなずれによるものでした。


これまでの治療の流れは、すでに気龍眼をお持ちの先生にはもう見え見えかと思いますが、???をお持ちの先生がいらっしゃいましたらメールにてご確認ください。





お願い
いつもこのブログを見てくださって本当にありがとうございます。
このブログは「人気ブログランキング」に登録しており、ランキングが上がる事により一般の方達(線維筋痛症患者様)の目にも触れる機会が増えてきます。 見てくださるだけでも本当に有り難いのですが、コメントは書きづらいと思いますので、せめて下の「人気ブログランキング」を押していただけないでしょうか? 
どうか苦しんでいる患者様の救いの手になってあげてください。m(_ _)m



( ^▽^)σ 人気ブログランキング

いつもありがとうございますm(_ _)m
1


クリックすると元のサイズで表示します

気流院のブログをご覧くださっている皆さん、いつもありがとうございます。

そして、沢山のご質問もありがとうございます。

皆さんのご質問には私一人で返信させていただいておりますので、メールをくださった日から返信するまで数日かかる場合もございますので、申し訳ございませんがご了承いただけますよう宜しくお願いいたします。


さて、今日は皆さんからの質問で最近特に多いものについてこの場でご紹介しようと思います。


最近人体の法則セミナーにご参加くださった先生達からの臨床報告などの中で【魔法の絵本】という言葉が出てきますが、どうやらこの絵本が気になる方が多いようですね!

「魔法の絵本って何なんだ?」
「魔法の絵本を見れば原因が本当にわかるんですか?」
「魔法の絵本を見ると気○眼が身に付くのですか?」

などのご質問を沢山いただいておりますので、今日はその気になる【魔法の絵本】をご紹介しようかと思います。



( ^▽^)/ということで、上の写真をご覧下さい!

そうです、これが皆さんの気になっている【魔法の絵本】なんです。

私の気龍眼を完全マップ化したものがこれでございます。

この中に、患部と照らし合わせるだけでその原因部位が分かってしまうという秘密が詰っているわけです。

この【魔法の絵本】の表紙にもありますが「神様のいたずら」という言葉の通り、もともと人体の痛みやその他の症状には最初から決まったところに法則通りに原因があるわけですから、その法則が分かれば原因が分からずに苦労する必要もないということです。

この「神様のいたずら」というのも本当に面白いもので、【魔法の絵本】を見ていただければ分かるのですが、見る人皆さんがビックリされます。そしてその通り治療してみて、それで結果が出てしまうからまたまたビックリ!といったところだと思います。



私は3年前この法則を発見し、患部には原因は無いということが分かり、患部に触れずに原因部位へのアプローチだけで痛みや症状を改善してきました。

そして色んな治療家の先生達にこの法則の存在を知らせようと努力してまいりました。

私の説明を真剣に聞いてくださる先生もおり、実際に治療の現場で結果を出して報告してくださる先生もたくさんおりました。

しかし中には「そのような考え方をしなくても痛みはこの場で取れると言えば取れてしまいます!」「全身治療すれば全部が含まれてるわけだから全部の症状が取れるんだから・・・」「そんな治療をしていると、間違いなく治療レベルが下がる!」と言い切った先生もおりました。

しかしそれは違います! それは経験不足です! もっと経験すればわかるはずです! 
と思いながらこの【魔法の絵本】を完成させるまでに至ったわけです。



そして現在、他の治療術団体でも「患部に触れずに原因部位へのアプローチだけで痛みや症状を改善する!」といううたい文句に変わってきました。

多分近い将来、いろいろな治療・療術団体がこの考え方に変わっていくはずです。


「患部に触れずに原因部位へのアプローチだけで痛みや症状を改善する!」

もう全ての治療・療術団体がこうなります。


何故、ここまで言い切れるのか?というと、人体の法則だからです。

法則である以上それを変えることは出来ないからです。



この【魔法の絵本】があるとあなたも気龍眼を身に付けることが出来るのです!







人気blogランキングに参加してます。こちらを押して頂けるとガバイ嬉しいです。↓

人気blogランキングへ
3




AutoPage最新お知らせ