人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

障害3級認定が・・・  ◎JBM会員の臨床記録

クリックすると元のサイズで表示します


院長に気龍眼を教えていただいて、患者さんに、「超一流」と言って頂きました。

40才看護士、1年4ヶ月前、患者に首を3回蹴られ、それ以来左腕が挙がらず、手首も反らず、親指も曲がりが悪く、薬指・小指にくっつかない、指先と腕の小指側が肘まで痺れが続いている。
病院は辞めリハビリ中。一向に良くならず、落ち込んでいた。おまけに、勤務中にヘルニアの手術を2回しているが、腰痛が治らず、障害3級認定を受けた。

紹介で来院。

施術90分。気龍眼の「魔法の絵本」通りの施術で腕は挙がり、手首も反り、痺れも治まり、背骨を「気」が通った感覚がある。

「今までリハビリを続けていて、治らなかったので、腕に力が入らなかった。子供も抱くことが出来ないから、作るのをあきらめていた。もっと早く知っていれば人生変わったかも・・」

その後「こんなに腕も挙がって治ってしまったら、障害3級のお金が貰えなくなる・・」

ここでいつもの会話が始まります

「先生凄い!」

「自称超一流ですから」

「いえホントに超一流だと思います。病院に勤めていて分かります。こんなことはありえませんから・・」


治療家で、このブログを呼んでいる方は、絶対セミナーを受けた方がいいですよ。
そして、体の不調を抱えてこれを読んでいる方は、気流院に連絡を入れて、近くの先生を紹介して頂いたら人生変わります。

院長ありがとうございます。



0




AutoPage最新お知らせ