人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

腰のヘルニアの治療  ◎JBM会員の臨床記録

26歳男性酪農業

整形外科で軽い腰のヘルニア(腰椎4.5番の間)ですよと言われ、整骨院で牽引してもらったらとの事で初来院・・・

しかし、ZOO整骨院には、牽引治療器がありません。

さてどうしましょ!

患者
「じゃぁ、牽引治療できませんね、帰ります。別の整骨院に行きます」

ZOO・・・ちょっと待って下さいっと何とか説得し治療開始!


症状
 
腰椎4.5番の間のヘルニア

腰から左臀部にかけて、痛みシビレ
  
左足親指・人差し指・足背部(2本の指の幅延長上)にシビレ


治療開始

1回目

最初に立位の姿勢が、左側に加重すると苦しいので、右側屈姿勢(左臀部を横に突き出す)のため、直立姿勢に戻す。

腰・左臀部⇒右○部・○部や○○の前面でピンポイント治療

直立姿勢に戻った事で、痛みシビレが、かなり軽減する。

患者
痛み、シビレの改善よりも曲がった姿勢が戻った事に、1番びっくりしていました。


2回目

直立姿勢を維持出来ている。

腰から左臀部にかけて、痛みシビレがほとんど無し。

左足指・足背部にシビレが残る⇒右○○でピンポイント治療

痛みシビレが、かなり軽減する。


3回目

症状、ほとんど軽快するも左足指のシビレわずかに残る。

前回、右○○治療でシビレが減った時に「○○をケガした事ありませんか」と聞いたが無いとの回答だったが、本日「以前骨折した事がある」と申告。

それに加え、たまたま、○○が引きつったり、違和感、痛みがある事も思い出す。

左足指・⇒右△△でピンポイント治療⇒××でピンポイント治療⇒症状無くなり全快。


「魔法の絵本」10ページに書いてあるように
腰のヘルニアの治療は、ヘルニアの部分を治療しなくても原因部位を治療すると、改善できますよ!
を体感できた事が本当に、良かったです。
それと、下肢のシビレは、腰のヘルニアなどの影響と考えるのが一般的ですが、
今回の体験から○○の骨折からの影響があったと考えてOKだと思います。




0




AutoPage最新お知らせ