人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

糖尿病?  ◎院長の臨床報告




先日母が内科で「血糖値が高すぎるからすぐに入院してください!」と言われ次の日に入院することになりました。

前の日に母から電話があり、かなり落ち込んでいるような力の無い声で

「血糖値が380もあって、糖尿病らしい。明日から入院することになったの・・・。」

と言う。

血糖値が380というと普通なら糖尿病だけど、普段から母の全身の健康管理をしている私としては「それはありえない!」

「そんなはずはないから心配しなくていいよ! 膵臓(すいぞう)が働いてなくて、それだけ血糖値が高いのなら糖尿病だけど、膵臓には問題はないはずだから心配しないでとりあえず入院して検査を受けてみて。 たまに検査は受けた方が安心するから。」

ということで急遽入院。

その日の夕方、仕事を抜け出し病院へ行って母に体調をきいてみると、

「全然どこも悪くない!どこにも症状は無い!」

と言う。

「でしょ。 あるはずがないから・・・。 多分、仕事をしなくなった(定年退職)のに、以前と同じ様に食べたり飲んだりしているから、血糖値に影響しているんだと思う。 血糖値が高いからといって糖尿病とは限らないからね。」

とりあえず病室で検査的に治療をさせてもらい確認。

手応え的には問題なし!


病院ではすぐにインスリン治療に入ろうとしていたので、担当の医師と話をさせてもらい、

「食事療法で様子をみて、数値が200を超えた時にはインスリンを使います。超えない時には使わず様子をみます。インスリンの量も状態に合わせます。」

ということになりちょっと安心。


なぜ安心したかと言いますと、手応え的に膵臓機能の低下はないから、外からインスリンを入れてしまうと膵臓さんは『インスリンは足りているようだから自分は分泌しなくても良さそうだな〜!』とカン違い(誤作動)を起こしてしまう可能性があるからです。

ですから、ちゃんと膵臓の検査結果が出た上で(急がなければならない様な症状は何処にも出てないから)、膵臓が機能していない、あるいは機能低下を起こしている、となった時点でインスリン治療に入っていただきたかったわけです。



入院してすぐに血糖値は下がり、担当の医師がビックリした様子でこう話してくれました。

「数値がすごく下がったんですよ! よく話を聞いてみたら、普段あまり動かないのに仕事していた時と同じ様な食生活をしていたみたいです。牛乳も飲みすぎだし、特にサイダーの飲みすぎが原因みたいですね。」

とのこと。

母は牛乳やサイダーが大好き。

私はコーラ(汗)。
空手の仲間と食事に行くと、何も言わなくてもちゃんとコーラをたのんでくれる!
ってそんなことはどうでもいい。


検査の結果も

「膵臓は疲労しているけども、ちゃんと働いているから、今後食事に注意いていただければインスリンの必要もないと思います!」

とのことでした。


入院2週間(予定通り)若干の投薬と食事療法で血糖値も正常になり、検査が終了した時点で無事退院となりました。


今は飲みすぎず食べすぎずで血糖値は正常のようです。

もちろんインスリンも必要ありません。




糖尿病の新しい診断基準 というサイトがありましたが診断基準って難しいんですね。

そういう難しい事はお医者様にお任せいたします。



私は私の手と人体の法則で病気と闘います。


ありがとうございました。



お願い
いつもこのブログを見てくださって本当にありがとうございます。
このブログは「人気ブログランキング」に登録しており、ランキングが上がる事により一般の方達(線維筋痛症患者様)の目にも触れる機会が増えてきます。 見てくださるだけでも本当に有り難いのですが、コメントは書きづらいと思いますので、せめて下の「人気ブログランキング」を押していただけないでしょうか? 
どうか苦しんでいる患者様の救いの手になってあげてください。m(_ _)m



( ^▽^)σ 人気ブログランキング


【トップページに戻る】
0




AutoPage最新お知らせ