人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

ぎっくり腰になりそうな恐怖からの解放!  臨床報告

クリックすると元のサイズで表示します


女性

主訴 腰痛

過去にぎっくり腰を3回経験している。

腰痛を起こしやすいが、ここ(当院)で施術を受けるようになってからはぎっくりを起こしていない。

仰向けやうつ伏せなど、真っ直ぐの状態で長く寝ていると、起きる時に腰がかなり辛くなるのでいつも横向きでしか寝られない。

いつ頃から真っ直ぐで寝ていられなくなったのか確認したところ、

「20年前にぎっくり腰を初めてやった時から」

とのこと。

過去のぎっくり腰の中で最初の時が一番きつかった。

きっかけは、雪かき。

朝、除雪のために外に出て、スコップで雪をすくった時のその一発目でぎっくり腰を起こしてしまった。

それからというもの、ちょっとした段差で足元がガクンとなっただけで腰が危ない状態になってしまう。

今までは通常の腰痛治療をすると起き上がる時も痛みがなく起き上がることができる様になっておりましたが、腰痛治療をやってもやっぱり同じ症状が出てしまうので、今日は狙いどころを変えて原因の追求をしてみました。

そうすると、ご本人はまったく意識のないところに原因がみつかりました。

この方の場合は、肉体労働者ではないので、肉体疲労を取っても腰の弱さ(不安定さ)は改善されません。

ちょっとした衝撃でもぎっくり腰が起こってしまうのにはちゃんと原因があります。

もともと腰が弱いからではありません。腰が弱い方はみなさんそう思われているかと思いますが、そうではありません。

今回原因を追究したところ、この方の家庭内の○○に原因がありました。

その○○が繰り返されてきたことによって、腰に影響されて腰骨の不安定な状態がずっと続いていたということになります。

原因は複数ありましたが、そのうちの1つの大きな部分を解決した時点で、起き上がってもらった時の痛みが4割程度まで消失し、

「あら、ほんと、変わったわ!」となりました。

その後の施術で更に痛みが無くなりました。

まだ若干残っている感じがあるとのことでしたので、次回再度追及してみようと思います。

たぶん今回の施術で、夜寝る時の仰向けやうつ伏せが20年ぶりに可能になったのではないかと思います。

次回確認してみます。

初めのぎっくりから20年たった今、やっとぎっくり腰になりそうな恐怖から解放してあげられそうです。



最近私は、こちらの臨床報告にはあまり書き込みできていませんが、さぼっているのではなく、碧い宙のHPやJBM人体の法則学会本部のHPの工事の方に力を注いでおります。

碧い宙のHPには私のこれまでの経験を基にした「院長からちょっと長〜い一言」を書かせていただいております。
本部のHPにはJBM会員様のための会員専用掲示板や音声セミナーなども開設いたしましたので、会員様でまだご覧になられていない方がいらっしゃいましたら、覗いてみてください。

碧い宙のHPはこちらから

JBM人体の法則学会本部のHPはこちらから
0




AutoPage最新お知らせ