人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

臨床報告やセミナーの雰囲気が満載  ◎院長の臨床報告

クリックすると元のサイズで表示します


気流院から臨床報告 ←←←←← 

最近のJBMセミナーの雰囲気や、5年くらい前の臨床報告を時間のある時に少しずつ書いております。

参考にしていただければ幸いです。


2

ドライマウス  ◎院長の臨床報告

クリックすると元のサイズで表示します


ドライマウス

ドライマウスの患者さんは現在日本に800万人もいるそうです。
そのうちの多くがドライアイも合わせ持っているようです。
ドライマウスは、唾液の量が減ってしまうことが最大の原因と考えられているようで、口の中を潤してくれている唾液が減ってしまうことで、口の中が乾燥してしまうという考えのようです。
本当に唾液の量の減少が最大の原因なのでしょうか?
もし唾液の量の減少ということが起こっているのでしたら、唾液が正常に造られるように働きかけなければいけません。
そうなると大変難しい問題になってきます。

当院では、まずその難しい問題に取り組む前に、唾液の減少よりも、唾液腺の凍結を考えて施術してみます。

クリックすると元のサイズで表示します



以前、手のこわばりでご来院されていた80代のおばあちゃん。
今回は冬に右手首を骨折して、その後、手首の動きはだいぶ良くなってきたけど、親指の痛みが取れないのと、同じ方の肩が痛くて上がらなくなり、整形外科の帰りに「辛くて辛くて」と言いながら寄ってくださいました。

施術中、右肩の痛みが取れてきて、腕を上げられるようになってくると、今度は親指の痛みが気になってきたらしく、しきりに親指を触ったり動かしたりしていたので、親指も狙いながら施術を進めていき、痛みが無くなったところで今度は「最近口が渇いて唾が出なくて食べ物の味が分からない」とのこと。

当院ではドライマウスは唾液腺の凍結という考え方から、唾液腺とつながっていて、そこに異常を起こしてしまう(凍結の)原因となる部位の筋肉を触ってみると案の定ガチガチ。
まず左の筋肉を弛緩させていって、唾液の出方を確認してもらうと「出てきた!」とのこと。そして、右の筋肉を弛緩させてから確認してもらうと嬉しそうに「うん、普通に出ている!」とのこと。
その間5〜6分。

良かったね〜!


今回の患者さんのドライマウスもただの唾液腺の凍結だったようです。
凍結だったら融かせばいいだけです。
今までにたくさんのドライマウスの患者さんの治療をさせていただきましたが、未だに“唾液の量の減少”の患者さんにはお会いしたことがありません。
本当に唾液の量の減少でドライマウスになっている患者さんがいるのかが疑問です。


2




AutoPage最新お知らせ