人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

痛みの原因(特殊編)  ◎院長の臨床報告

クリックすると元のサイズで表示します

原因不明の痛み

原因不明の痛みというのは、全身をいくら検査しても異常が見つかりません。

病院では異常が無いから「痛いのは気のせいだ」とか「身体には問題が無いから心療内科を紹介します・・・」という答えになりますが、痛みは実際に起きています。

原因不明の痛みの代表的なのが、最近やっと認められるようになった線維筋痛症です。

線維筋痛症は全身に痛みが出ますが、全身でなくても坐骨神経痛の様に臀部から足首に向かって痛みや痺れが起こる様な症状もあります。

この様な症状も検査には異常が見つからず、たまたま異常が見つかったとしても脊椎狭窄や椎間板ヘルニアのようなものだったりします。
医学的には脊椎狭窄や椎間板ヘルニアは腰痛の原因として考えられますが、私の治療結果から考えると腰痛と脊椎狭窄や椎間板ヘルニアとの関係はありません。


通常痛みの原因はそのほとんどが筋肉の異常から起こります。

例えば、身体のどこか一部(A)が打撲したわけでも疲労したわけでもないのに痛みが出る場合があります。
この場合、(A)のポイントをマッサージしたり湿布を貼ったりしても痛みは取れません。
この(A)のポイントに痛みを発生させている原因は全身に4〜6箇所(患部によって数が違います)決まった部分にあり、それらに筋肉異常が起こると(A)の部分に痛み(連動異常)が発生します。

ややこしいかも知れませんが、これが 打撲したわけでも疲労したわけでもないのに痛みが出てしまう原因 『痛みのメカニズム』 なのです。
肋間神経痛などもこのタイプです。
ですから患部を検査しても治療しても治らないのはこのためです。



さて、原因不明の痛み(線維筋痛症や坐骨神経痛)はなぜ起こるのか?ですが・・・

通常の坐骨神経痛は上記のような連動異常から起こります。
その場合、全身4〜6箇所の連動ポイントの異常を解消するだけで坐骨神経痛は完治します。

しかし通常でない場合、原因は他にあるため連動ポイントには異常が無く、異常があったとしても、その異常を改善したところで患部に変化(痛みが取れるなど)はみられません。


■痛みの原因

人間の痛みや病気の原因は現代医学では未だ解明できていないことの方が多いのは皆さんご承知のことと思います。
原因が分かっていれば、どんな痛みでもその原因を治療することによって治せているはずです。

通常でない痛みの原因には下記のようなものがあります。

@精神的ストレス

ストレスは自分が生まれてからこれまでに起こった嫌な出来事が全て気付かないうちに自分の心(潜在意識)の中にファイルされてしまいます。
ストレスは時間が経てば表面的(顕在意識)には薄れていき、忘れてしまうものもありますが、表面的にストレスとして感じなくなっているだけで、潜在意識の中には記憶として残っております。
その潜在意識に溜まったストレスが、何かのきっかけで表面化され痛みや病気を発生させてしまいます。

単純な場合は、痛みや病気が起こる直前にあったストレスが原因で発症してしまうこともありますが、ストレス治療ができる治療院だと簡単に改善することが出来るものもあります。


A自分の性格が引き起こす自爆障害

「モンスターペアレント自爆障害」を参考にしてください。

もう一つ
「慢性腰痛の原因は」を参考にしてください。


B大きな隠し事

これも自爆障害の部類でしょうか?
絶対に話せないような隠し事があり、相談も出来ず一人で苦しみ続けている場合。
線維筋痛症の原因となり全身に痛みが発生します。


Cマイナスエネルギー

「プラスのエネルギーとマイナスのエネルギー」を参考にしてください。

怒りや憎しみや苦しみの話を人から聞かされる立場の方によく起こる症状ですが、話をする人のマイナスエネルギーを敏感に感じ取る人は、強い疲労感・痛み・吐き気などが起こり、体力の減退を感じます。
場合によってはいくら治療をしてもその様な話を聞かされる度に強い疲労感・痛み・吐き気などが再発してしまいます。


D霊障

上の@〜Cに問題が無ければ、あとは特殊な事例に霊症というものがあります。

霊障というものはどこにでも普通にあります。
霊障を受けた患者様の治療をすると、術者は強い疲労感や眠気や身体の痛みを感じ、治療が終わった後は立っていられないほど身体の重さを感じるときもあります。

ある霊能者の先生はこの様に言ってます。
『深刻な憑依や霊障といった相談事は、百件に一件あるかないかで、それほど多くはない。
憑依というのは、実は誰にでもあることで、取り立てて騒ぐほどのことではない。
世間の霊能力者たちは、金儲けのためか、あまりにも憑依という言葉を口にしすぎる。
高い人格には高い霊、低い人格には低い霊が憑依するのだから、人格を高めることに精進すればいいだけ。
たましいの幼さにより自分自身を内観することができずにいると、どんどん憑依が増えていき、通常の生活もままならないほど、にっちもさっちも行かなくなる。
そのような時に初めて、霊能力者による浄霊が必要となる。
浄霊を済ませればそれで終わりということではなく、本人に「人生の地図」に目覚めてもらわなければ本当の意味の解決にはならない。
一番大切なのは「人生の地図」である霊的真理を知ることであり、一人ひとりが霊的真理を得ることができれば、霊能力者など不要になる。』


ということですが、霊障の場合も痛みが起こります。
この痛みは連動的な治療をしても当然取れません。
この様な場合、浄霊をすることによってウソの様に改善されますが、それでもう大丈夫というわけではなく、大事なのは憑依されないための人格形成です。



ということで、今回はDのような特殊な事例も書かせていただきましたが、実際には特殊ではなく、どこにでも普通にあるもので、医学では目に見えるものだけしかわからないし研究しようとしないから治せないものばかりになってしまうのです。

ですから「痛いのは気のせいだ」とか「身体には問題が無いから心療内科を紹介します・・・」という答えになるわけです。


打撲したわけでも疲労したわけでもない痛みは連動異常から起こります。
連動異常というものは全ての人間に共通する法則であり例外はありません。
しかし、原因と思われる連動部位の治療をしても患部の痛みが改善されなければ(通常ありえませんが)「A以降に原因があることに間違いない!」ということになります。




何をしても治らない患者様はもう一度考えてみてください。

必ず@〜Dのどれかに当てはまるはずです。

(ここでは表現出来ない大きな原因となるものがまだあるのですが、ここまでとしておきます。)




【トップページに戻る】
0

膀胱炎と神経因性膀胱  ◎院長の臨床報告

クリックすると元のサイズで表示します

膀胱炎にはいろいろ種類があるようですが、今日は女性がなりやすいといわれる膀胱炎と、原因が特定されづらく改善が難しい神経因性膀胱についてです。


@−膀胱炎

大腸菌やブドウ球菌の侵入により膀胱が炎症を起こす病気です。

女性に多いのはなぜ?

女性がかかりやすい原因は、尿の出口と肛門が近いことと、男性の尿道が14〜18cmと長いのに対し、女性の場合はたった3〜5cmで菌が膀胱に侵入しやすいという体の構造にあります。


膀胱炎の症状!

進行度1・・・トイレに行く回数が増える
1日数回だったトイレの回数が、気がつくと増えている。排尿してもなんだかすっきりしないような…。

進行度2・・・排尿後しみる
排尿が終わるときに、ツ〜ンとしみるような違和感を感じる。少し痛みもある。

進行度3・・・何度も何度もトイレへ
排尿しても残尿感があるため、何度も何度もトイレへ。排尿の終わりごろに、はっきりとした痛みも感じる。

進行度4・・・トイレから出られない!
痛みと残尿感はますますひどくなり、トイレから出られないほど。尿は濁り、時に血が混ざることも。


治療法

ごく軽い症状の場合は、できるだけ水分を摂るようにすれば治ることが多いが、それでも解消しなければ、すぐに泌尿器科を受診しましょう。
抗生物質を飲めば、通常は3 日程度で治ります。
症状が良くなったからといって、処方された薬を途中で止めるのではなく完治させるために最後まで飲むことが肝心です。

       



A−神経因性膀胱

神経の障害を原因とする排尿障害が起きる病気です。


神経因性膀胱の症状!

排尿障害が主症状です。

尿意があるのに排尿できない・トイレにいってもあまり出ない・常に残尿感がある・尿意がないのにもらしてしまうなど、正常な排尿ができない状態になります。

尿意は、膀胱に尿がたまったという情報を神経が大脳に伝え、大脳から排尿をコントロールする指令が膀胱に伝えられます。この神経系に障害があるために正常な排尿ができなくなるのです。


どんなときに神経因性膀胱になるのか?

交通事故などでの脊髄損傷・脳梗塞・パーキンソン病・糖尿病性神経障害など、様々な病気の際に神経因性膀胱になることがあります。


治療法

神経の病気はなかなか治療の難しいことが多く、排尿誘発(恥骨上部を押したり下腹部の適当な部位を叩いたりすると膀胱の収縮反射を誘発できることがある)、間欠自己導尿(カテーテル使用)、薬物療法(膀胱の収縮力をたかめる目的で、副交感神経刺激用薬を処方します)などで排尿効率を高めることになります。



とのことです。




@の膀胱炎の場合、大腸菌やブドウ球菌などが原因ということですから、泌尿器科で処方された薬を飲む事が改善の近道です。


問題はAの神経因性膀胱です。

【神経因性膀胱は@の膀胱炎と症状が似ているところもありますが、膀胱炎の薬を飲んだところで改善はみられません。
いつもの膀胱炎と思い、いつもの薬を飲んでも改善がみられない時には大腸菌やブドウ球菌などの問題ではないかもしれませんので、泌尿器科を受診してください。】


この様な症状は、脊髄損傷・脳梗塞・パーキンソン病・糖尿病性神経障害などの大きな病気がなくても起こります。


まだまだ症例は少ないのですが、同じ様な症状の患者様の治療をさせていただきました。

医学的に見ると、原因の一つに脊髄損傷というのがありますが、私の治療結果から見ても脊髄に目を向ける必要があるようです。


JBM治療

まず始めに、腹部にアプローチして症状の変化を見てみましたがほとんど変化なし。

次に脊髄の膀胱と連動しているポイントにアプローチしてみますと、ここに強い圧痛があらわれ、それを解消したところで神経因性膀胱の症状がなくなりました。


人によっては、同じ様に脊髄に圧痛があらわれましたが、その部分では圧痛が完全に解消されず、その圧痛を解消するために上肢や下肢などの連動ポイントの圧痛を確認。その異常を解消することによって脊髄の圧痛も解消され、その結果神経因性膀胱の症状もなくなりました。



結果から考えますと、医学的に「原因は脊髄損傷・・・」と言っているわけですから、排尿誘発や薬物療法というのは違うのでは?




これについて気になる先生や患者様がおられましたら、メールにてご連絡ください。
メールはサイドメニューの「院長にメール」からお願いします。



ありがとうございました。



お願い
いつもこのブログを見てくださって本当にありがとうございます。
このブログは「人気ブログランキング」に登録しており、ランキングが上がる事により一般の方達(線維筋痛症患者様)の目にも触れる機会が増えてきます。 見てくださるだけでも本当に有り難いのですが、コメントは書きづらいと思いますので、せめて下の「人気ブログランキング」を押していただけないでしょうか? 
どうか苦しんでいる患者様の救いの手になってあげてください。m(_ _)m



( ^▽^)σ 人気ブログランキング



【トップページに戻る】
2




AutoPage最新お知らせ