人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

線維筋痛症の治療  ■線維筋痛症治療について

一般的にはまだあまり知られていない病名に「線維筋痛症(せんいきんつうしょう)」というものがあります。
原因不明の痛みと闘っている患者さんが世界中にいるのです。

ある時から痛みが発生し、その痛みがだんだんと広がり、「常に痛くて眠ることすらできない」といいます。

医学的には原因不明で、検査しても原因がわからず、「どこも悪くない」「気のせいだ」と言われたり、「ここが痛い」と言っても「いや、そんなはずは無い!」と言われることもあるそうです。

痛みや症状が発生するには必ず原因があります。原因の無い痛みなどありません。
もちろんストレスが原因で発生する痛みもあります。
ストレスはレントゲンには写らないし、検査の数値で確認することもできないので、「異常はないですから、気のせいですよ!」と言われてしまうのでしょう。

しかし、 気のせい=痛いと思い込んでいるだけ

だと勘違いされているお医者様もいるようですが、そうではありません。

     気のせい=心の病気=ストレス障害  です。

ですから、「痛くないはずだよ、気のせいだよ!」というのは間違いで、患者様は痛いのです!苦しいのです!

それを治せる技術や知識や経験がないから、検査の数値や写真からしか判断できないから「気のせいだから精神安定剤出しておきますね」と言って逃げてしまうのでしょう。

何度痛みを訴えても「気のせいだから」と言って聞き入れてもらえない患者様もいらっしゃるようです。


痛みには必ず原因があります。

このブログでもBody Mapping「人体の法則」で解説して(中身にはふれておりません)おりますが、一箇所の痛みの原因は5〜7箇所あり、痛みの出ている部分とその周辺だけを治療してもダメなのです。ですから、痛い部分を検査しても、まったく異常が見つからなくても激痛は起こるのです。


線維筋痛症の研究も進められているようですが、検査のデータだけ(目に見えるものだけ)で研究していても治療技術の進歩は見込めないと思います。

人間の身体には不思議な痛みの経路があり、全然関係のないところから来ている痛みもあるのです。それが痛みの原因です。

痛みの原因が分からなければ、線維筋痛症の謎も解けないのです。


もし、このブログを見てくださっている繊維筋痛症と闘っている患者様がおられましたら、気(エネルギー療法)による治療を受けてみませんか?
気(エネルギー療法)ではストレス障害の治療もできますし、当然痛みを取ることに関してもスペシャリストです。

現在では、気を使える治療家が全国に広がっておりますので、最寄の気(エネルギー療法)を取り入れている治療院へ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?
私たち治療家は全国ネットで繋がっておりますので、全国の先生達がサポートいたします。

もう治らないと諦めている方、諦めるのはまだ早いです!

原因は必ずあります。

その原因を必ずつきとめます。

あなたと一緒に、私にも闘わせてください!


           総合整体気流院 院長 高岡 武八



5




AutoPage最新お知らせ