タコ親分さんのチヌ  

今日は、まつさんと、私と、かねてからずっと一緒に釣りに行きましょうっと

言ってなかなか行く機会がなかった『タコの親分』さんを、蒲江のチヌ釣りに

案内させて頂きました。ぜひ大きなチヌを釣ってほしい!と思い、まつさんに

お願いして、前回の実績のある場所に連れていってもらいました。水温14度


クリックすると元のサイズで表示します


まずは、40分程、マキエを丁寧に撒いて、ポイント作りからスタートさせる!

『なにがなんでもタコの親分さんに、大きなチヌを釣らせたい一心で。。。』

いろいろとマキエに工夫しながら、新しい試みを試して、ポイント作り完了〜!

先に準備の出来てるタコの親分さんに『どうぞ先にやって下さい!』っ伝えて、

私はようやく仕掛け作りを取り掛かろうとした瞬間、振り返ると一投目から〜

タコの親分さんが大きく竿を曲げてる!!『ヤッタッ!嬉しい!』ましてや一投目

そしてあがってきたのが〜タコの親分さん、自己新記録の52センチのチヌ!

本当に良かったです(^^)/~ 私も5投目にはかかりましたが、これがまた今までに

ない強い引き! チヌには間違いないが、じわじわロープに走られバラシで終わる。

この後からがなんと〜帰るまで、全く当りがなくなってしまった。全くの全く〜

でも、船では、まつさんが、マダイの70センチ、特大アジ、ヘダイに見事です!

詳しくは、後日の釣人日誌(つりんちゅにっし)をご覧下さい(^^)/~


クリックすると元のサイズで表示します


『旅彦日記』 

タコの親分さん 釣りクラブではいろいろとお世話になりました。感謝します。

私は、釣りクラブはやめてしまいましたが、今後またお時間が合いましたら、

のんびりと竿を出しましょう。今日は楽しい一日、ありがとうございました。
0

青春の一つに  

私が若かりし頃、高校1年から大学3年までの間、極真空手を習っていました。

この空手は寸止め(相手を殴らない)ではなく、拳は顔以外殴ってOKであり、

足の蹴りは全身と顔面攻撃もOKであり、ダイレクトに殴り合い勝敗を決める空手

稽古が始まるまでは、遊んでいた少年達も、いざ練習が始まるとキリリと締まる!


クリックすると元のサイズで表示します


20歳の時、福岡県大会に出場した事があり、ベスト8まで進んで対戦した相手が

なんでこんな大会に出てくるのかーと強く思った相手が、今大会の外国招待選手

ヨーロッパチャンピョンだった! こんな相手と対戦する機会は滅多にないが。。。


クリックすると元のサイズで表示します


相手の身長は195センチ! 私が173センチ リーチも違うし体の太さも違う

回りのたくさんの声援をもらったが、KO負けだけは嫌で、もう逃げに近かった試合

脇で病院の先生と看護婦さんが、心配そうに見守っていてくれてた事を思い出す


クリックすると元のサイズで表示します


『旅彦日記』

空手を始めたきっかけは〜単純にブルースリーの影響と、当時、小学校くらいの時

『Gメン75』という刑事ドラマの中で、ドラゴンシリーズを見てた影響もあります。

でも当時、回りの友達にも聞いてみたら、始めたきっかけは〜みんな一緒でしたね。
0




AutoPage最新お知らせ