サイト内のコンテンツの転載を禁止します
2016/3/31 | 投稿者: Roo

 9時間のフライトの後、無事、朝6時前にブリスベン空港へ到着。
Air Trainという電車でシティまで。そこからホテルへ行き荷物を預け、最初の目的地、マウントクーサへ行く事に。3日間、市バス・電車・フェリー乗り放題のseeQカードというのを買ったので、バスでの行き方をホテルのコンシェルジェの方に聞くと、バス停から見晴台のある頂上まではかなり歩くし、3人で行くなら、値段は少し高くなるけど、タクシーの方がおススメだと言われアドバイスに従う事に。帰りも観光地だから、簡単にタクシーは拾えるよ、とコンシェルジェのお兄さんは言いました。
で、そのお兄さんが呼んでくれたタクシーに乗りました。

ドライバーはインド系のおじさんでMount Coothが「マウント・クータ」という発音になってました。おしゃべりなおじさんだったけど、かなり進んだとこで、「実はマウント・クータに行くのは十数年ぶりで道、あんまり詳しくないんだよね」と言いだし、途中で車を停止して通行人のお兄ちゃんに道を確認する始末。
挙句の果てには「真っ直ぐ行けば良いよ」と言われたのにUターンして「やっばりこっちじゃないみたい」と。

その間、当然、メーターは上がります。
たまりかねて「ホテルのコンシェルジェの人は30ドル位で着くって言ったけど、もう既に30ドル超えてるよね?}と言うと「あの人達は実際の値段なんか知らないんだよ」なんて言い出す始末。

「でも調べてくれたんだよ」と言うと「メーター、今、40ドルだから、ここでメーターは止めるよ。頂上に着くまでは止めたまま行くから」と。
で、取り敢えず頂上まで着いて仕方なく40ドル払ってそのまま帰って貰いました。
コンシェルジェのお兄さんが「頂上で簡単にタクシー拾えるよ」って言ったから。

ところが、写真撮ったり風景を満喫してさあ帰ろう、と思った時、タクシーなんか1台も見ません。
来るのは貸切の観光バスとか個人の車だけ。
で、丁度着いた観光バスのドライバーのおじさんに聞いたら、「そんなに簡単にここではタクシーなんか捕まらないよ。今日は祝日ダイヤだし、ここに来るのは観光バスだけで市バスのバス停はここから1キロ位下りたところだよ」と。

で、お天気も良かったし、15分位かかって1キロ歩いて下まで降りました。
植物園があったので、散策して、さあ帰ろうと思ったら、バス停は見つかったけど、祝日ダイヤで1時間半位待たないとバスが来ないのが判明。

どうしようかと思っていたら、植物の苗が入った黒い小さなビニールポットを持ったおじさんが通りがかかったので、この近くに他の路線のバス停がないか聞いてみました。
おじさん、「この辺でバス停は多分、ここだけだと思うし・・・う〜ん、シティまでは送ってあげれないけど、途中のバス停のところまでなら送ってあげるよ」と自分の車で送ってくれました。

ミルトンという所で「ほら、ここがバス停であっちに見えるのが駅だから電車でもバスでもどちらでも行けるよ」と下してくれました。
本当に助かりました。

それから無事、電車で市内まで戻ると、チェツクインは14時からだったにも関わらず、朝、荷物を預けた時点で「部屋が空き次第準備するから、多分、12時頃にはチェックイン出来ると思うわ」と言われていたので12時過ぎに行ってみるとチェックインできました。
機内であんまり寝れず、疲れてたてのでそこで1時間程度仮眠。

3時半から無料のシティホールのガイドツアーを予約してあったので行ってきました。
予算がなくて、時計塔の上に付けるはずだった天使は鉄の球体になってたった5ポンドだったとか、大理石がニコチンがしみこんで茶色くなってるとか、色々面白いお話を聞きました。

そして、今回の計画を立てるのに色々と教えて頂いたブリスベン在住のKyoさんとお会いしました。具合が悪い中、わざわざ出てきて頂いて申し訳なかったです。

そしてお夕飯はあっさりした物が食べたかったんですが、イースターホリデー期間中の為、開いてるお店が少なく、サンドイッチやピザは食べたくなかったので、結局モスバーガーでライスバーガーを食べました。

お客さんが居たので写真撮れませんでしたが、なんと、モスの2階席には下駄箱があり、ファミレスなんかにあるような、靴を脱いで上がる、お座敷タイプみたいな席があり、テーブルが2つあって、どちらもお客さんがいました。
ビックリでした。

そしてその日は皆、夜10時前には爆睡してました(^−^)
写真はマウント・クーサからの眺めとバス停まで歩いてる途中にあった道路標識、シティホールの中のステンドグラスです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/30 | 投稿者: Roo

 今日は息子の誕生日でした。
ブリスベンでなんちゃって寿司(握り寿司のネタが唐揚げとか海老の天ぷらとかの揚げ物、巻物でもツナの真ん中に何かの揚げ物が挟んであったりとか)を沢山みてきたので、「まともな寿司」が食べたい、というので、チラシ寿司にお刺身でした。

ケーキは我が家のご用達FLO。
息子が選んだのはイチゴのチョコマーブルシフォンケーキでした。
とっても美味しかったです。

春からは高校生。
気持ちも成長して、高校生としての自覚を持って何事にも取り組んで欲しいんですが・・・まだまだ幼いです。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/30 | 投稿者: Roo

 今朝、8時1分の空港行きの電車に乗って、21時42着の電車で帰り着きました。
待ち時間もありますが、移動だけで14時間弱・・・疲れました。

行ってきたのはオーストラリアのブリスベン。
ブリスベンを選んだ理由の1つは、以前から色々とお世話になっているブログ繋がりの知り合いの方がいらっしゃるので、旅行の計画の段階から色々と教えて頂けた事です。

うちの日程と予算とやりたい事を色々と検討した結果、ブリスベンが最終的に旅行地に決まりました。

なんと、家族3人、フライトとヒルトンホテル3泊付いて28万からお釣りが出ました。
expedia、安いです。
5年前、息子と2人でNZに行った時もフライトとホテル4泊が付いて多分、1人分のツアー旅行代金と変わらない位でした。

そして、この旅行を予約した後、五郎丸選手がブリスベンを本拠地とするRedsに加入され、メールでRedsに問い合わせたら、丁度、私達の滞在中にホームであるブリスベンのスタジアムで試合があるというのネットでチケット買って観戦してきました。

詳細はまたこれから書いていきますが、今回の旅行の感想は

「観光客慣れしている人達は冷たいけど、普通のブリスベンに住んでいる方々はとても親切」
でした。

詳しくはこれからまた書いていきます。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/28 | 投稿者: Roo

 只今、家族で旅行中です。
知人が居る事もあってブリスベンに来てます。

色々ありました(^^;)

明日、帰国するのでまたブログに書きたいと思います。
0

2016/3/23 | 投稿者: Roo

 お茶の先生をなさってるお隣の方からお茶会で余ったからと、和菓子を頂きました。
今回は菜の花みたいです。

いつも気にかけて頂いてお裾分け下さるので、和菓子で季節を感じる事が出来て嬉しいです。

甘過ぎず、上品なお味でした。
今回も美味しかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ