2005/8/6

馬力のあるコンクリート  基礎工事

ちょっとしたコンクリートを打つときにはいつも
馬力のあるいいコンクリートを打設できればと思っているわけで
まず第一にミキサー車からポンプ車に送られて
コンクリートがホースの先からでできたら、

こんな感じにバイブレーターをちょいかけて、均して、

クリックすると元のサイズで表示します

叩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

またきれいに均して、

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくして表面から水がひいたら、こんな感じに金ゴテで押えて、

クリックすると元のサイズで表示します

全部押えると、

クリックすると元のサイズで表示します

こうなります。ちなみに打っている最中には平行して
こういう作業も行います。

まず生コン車からポンプ車に荷卸しするさいに、こんなふうに、

クリックすると元のサイズで表示します

生コンを横取りして、これを

クリックすると元のサイズで表示します

容器に入れて、イロイロ確認します。最後に採取したサンプルと

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影して記録します。参考までに鉄の筒に入っている生コンは
1週間後と4週間後に圧縮して潰して強度を測ります。

そうこうしているうちに、この時期の暑さだと急激に乾燥しすぎるので
コンクリートに水浴びさせます。こんな感じで、

クリックすると元のサイズで表示します

ちょろちょろと少しずつ、

クリックすると元のサイズで表示します

じわじわと広がって、ひたひたになると、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じです。これにて打設及び養生完了です。

道路掃除して、戸締りして、

クリックすると元のサイズで表示します

おつかれさまでした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ