2006/2/21

デタラメな  基礎工事

位置というわけにはいかないので、
再度位置を確認します。
杭のまわりのドロドロしたのは
セメントミルクと泥が混ざったものです。
クリックすると元のサイズで表示します

高さも合わせないといけないので、
頭をねじこんで調整します。
クリックすると元のサイズで表示します

最後に打設した杭の頭の高さを確認して完了です。
クリックすると元のサイズで表示します

一連の作業のポイントは設計の先生方にも
確認していただきながら進めます。
クリックすると元のサイズで表示します

杭工事の大きな流れはこんなとこです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ