最近日が短くなって  日々雑記

すっかり秋らしくなったのですが、昼間はまだまだ暑かったりして、正直この時期は何を着るか悩みますね。

連休中に実家に帰って、家で余っている毛糸と「絵織亜mini」(エオリアミニと読む。なんつー名前だw)という小型の手織機を持って帰ってきたので、暇な時にでも何か織ろうかな…と考え中なのですが、もうちょっと涼しくならないと手が出ないな〜。
たまに何か無性に作りたくなるんですよね。一昨日はふと思い立って久々に石けん作ってしまったからなあ。使えるようになるまでには6週間くらいかかるけど。
編み物が好きで以前はセーター編んだりしたこともあるんだけど、ここ数年アトピーがひどいときは毛糸を触ると手が荒れるときがあるんで、織物のほうがまだいいかなあと。
うちの母は織り物と染色が趣味で、機織り機で(「鶴の恩返し」に出てくるようなあれです)自分で染めた糸で布を織ったりしていたのですが、娘の私は小さいときにちょっとやって遊んだくらいで、あんまり興味がなかったのだけど、この年になって母の影響が出てきたのかもしれないなあ、なんて考えたりもする今日この頃。
1

わたしたちがニッポンの平和を守ります!  日々雑記

ブログに載せようと思ってあげるのが遅くなってしまったのですが、一週間前にこんなものをいただきました。

http://www.takarahobby.com/public_relation/080627/index.html
女性自衛官のプリントクッキーです。
私がもらったのは海自Ver.なのですが、陸自と航空もあるとか。
なんかいろいろ凄いなあ。クリックすると元のサイズで表示します
1

独り言  思うこと

自分が好きになった人には、幸せでいてほしいなと思う。
例えヘビーな状況にいたとしても、自分の人生を生きていてほしい。
私はあなたのことを幸せにはできなかったけど、
遠くからあなたの幸せを祈ることはできる。

だからというわけではないけれど、
たまには私の幸せも祈って下さい。
よろしくっ(´ー`)
…ってなんつー締めだよw
1

mixiボイス始まったけど  mixi関係

本当につぶやきたい相手はmixi上にはいない…(んだろうと思う。ちょっと検索してみたけどそれらしき人はいなかった。まあネット自体興味なさそうな人だからなあ。数年前に電話したらほとんど自分の時間が無いみたいだって言ってたけど、元気にしてるのだろうか)

それまでのエコー機能が今日からボイス機能になって、範囲設定とか出来るみたいだけどねえ。ツイッタもやってないしな。なんか機能が増えるとめんどくさくなるのよ。
mixiアプリもいろいろあるけど、今のところ1つしか入れてないし、とあるアプリに誘われて、入っては見たもののすぐ削除してしまった…。
mixi上では日記も書いてないし、mixiにはあまり貢献してないかもしれません。mixi内には身内もいるというのにw
1

髪を切りました。  日々雑記

といっても、前髪を切って後ろ揃えたくらいですが。
前行ったのが今年の2月頃かな?しばらく行ってないのでだいぶ伸びました。
ここ何年もショートにしてきましたが、久々に背中くらいまで伸ばすつもり。
年取るとロングへアは出来なくなると思うので、これが最後のチャンスだろうと。ただストレートで伸ばしっぱなしだと地味なうえに、ただ後ろで結ぶだけだとどうにも「生活に疲れた」って感じになってしまうので、これまた久々にパーマかけてちょっと華やかにしたいなあ。

いつか年を取って総白髪のおばあちゃんになったら、ショートにして紫や水色に染めるのが夢ですw
2

自分がMacユーザーになったと思うとき  日々雑記

今やってる仕事ではフロッピーを使用しているのだが、デスクトップに置いたデータをフロッピーにコピーして取り出すとき「何でWindowsには『取り出す』メニューが無いんだよ〜!」と思ってしまったとき。

ちょうど去年の今頃にiMacを買ったのをきっかけに、WindowsからMacに切り替えたのですが、最初のうちは違和感ありまくりだったけど、使っているうちに何となく慣れて来てしまいました。
そういや、Macではカタカナ変換と半角変換ができないな〜、Windowsだと入力中にF6を押せばひらがな、F7を押せばカタカナ、F8で半角って出来たのに…と思って調べたら、実はMacでも設定いじれば出来るのね。知らなかったよ。

…いかん、これじゃ全然Macユーザーを名乗るには恥ずかしすぎるw
1

小石川〜巣鴨まで歩く  日々雑記

アトピーの薬が無くなったので、仕事帰りに皮膚科に行こうと思ったんだけど、地下鉄で池袋に出て山手線に乗り換え…というのがめんどくさかったので、とりあえず大塚駅まで歩いて山手線に乗るべ、とバス通りをてくてく歩いていたら千石にたどりつき(巣鴨〜千石近辺は以前ちょこちょこ自転車で走っていたので土地勘はある)、ここまで来たら巣鴨まで歩いていけるよね、と17号線をまっすぐ。
いやあ、意外と歩けるもんだ。40分くらいかかったけどね。
そういえば数年前、友達のライブが大塚であったので、何となく自転車で出かけ、迷いながら大塚まで行ったのを思い出しました。ライブには間に合わなかったけど、茗荷谷駅のジョナサンで数人でご飯食べましたっけ。
帰り道にちょっと迷ったのも、今はいい思い出。
ほんとは今の仕事場も自転車で通いたいんだが…さて、電車で行くのとどっちが早いんだろう?
1

お好み焼き検定  食べ物・料理

http://www.okonomiyaki-kentei.jp/
たまたま見つけたんだけど、来月第一回検定をやるそうだ。
試験会場がブルドッグソースと日清製粉なのに笑ったw
試験はマークシート式らしいが、どんな内容か気になる…。
1

岸田森イベント補足  岸田森

昨日のブログで書きそびれたんですが、このイベントで着ないでいつ着る!と、今年の夏に作った岸田森Tシャツを着て行きました。
さすがに家から着ていく勇気はなくw Tシャツ着た上に上着を着て、会場で脱ぐという手を使いました。
肖像権大丈夫かな…と一抹の不安を抱えつつw、イベント後に蕃さんにもTシャツを見せましたら、喜んでいただけたようで、手の甲にキスをされてしまいました。生まれて初めてですそんなこと(*´∀`)

ちなみにこんな柄のTシャツですが、着てみたい!という奇特な方は、希望サイズを明記の上、一言メール下さい。
黒Tシャツもあります。よかったら…。
1

岸田森イベントレポ(暫定版)  岸田森

「『岸田森全仕事』ライブ版!異能の俳優を語りつくす夜第二弾 風雲篇」
に行ってきました。
一昨年に行われた第一弾は新宿のロフトプラスワンだったんだけど、それよりはもっとこぢんまりとして、アットホームなイベントでした。
イベントの最初に「今回では終わらないです」と司会者の方に宣言され、えっ?と思ったのですがほんとに終わらなかったよ(笑)
イベントの進行状況をメモしますと、

・「岸田森全仕事 第一部(昭和50〜52年)」映像紹介
この頃は時代劇の出演が多いなあ、当時はテレビで時代劇って多かったんだなあ、と改めて実感。
・サプライズゲスト登場
第一部の解説後、「第一弾のときと同じ男4人のメンバーだとちょっと華がないから」ということで、「太陽戦隊サンバルカン」で嵐山美佐役をやった根本由美さん登場。華やかな感じの方でした。
「サンバルカン」放映当時の思い出や、映画「近頃なぜかチャールストン」で共演(直接の共演シーンは無し)したときのエピソードなどを話して下さいました。
・「岸田森全仕事 第二部 (昭和52〜53年+α)出演作品映像紹介
第一弾のときに紹介しそびれた作品も交えつつ。ぼちぼち現代劇の出演も多くなってきました。
「ザ・ガードマン」でのサーフボードで女性を殴るワル役には笑った。
・「岸田森 声の仕事編」
ナレーションや声優・ラジオドラマなどの紹介。
≈「狼たちの午後」とか「コレクター」とか、見ていない映画の吹き替えが聴けたのが嬉しかった。欲を言えば「エクソシスト」のカラス神父の吹き替えも聴いてみたかったです。あと一部の音声ファイルがDVDで再生できず、聴けなかったのが残念。「ブラック・ジャック」聴きたかったんだけど。
・「岸田森 吹替版」
今度は「海外で吹き替えられた岸田森出演作」の特集。
「帰ってきたウルトラマン」で坂田さんたちが中国語をしゃべってたり、「激動の昭和史 沖縄決戦」でドイツ語しゃべってたりと、見てて面白かったです。吹き替えの声優さんも、声の似てる人を選んでいる感じ。
・「岸田森 気になる退場シーン」
大げさな死に様には定評のある岸田さんの、映像作品中で死ぬ(というか、殺される)シーンばかり編集したもの。
お兄さんの蕃さん曰く「(作品の中で)殺すか殺されるかって役ばっかり」なんですが、「人を殺しても最後には殺される」んですよね〜。
死ぬシーンで笑いを取れる人はそういないでしょう(笑)
そして何度も死んでいく岸田さんを見ていると、ついジョジョ5部のボスの最期を思い出してしまいました。「オ、オレは何回死ぬんだ!? 」みたいな感じで。(ジョジョ知らない人には判らないネタですが)
・撮影中アクシデントの話
第一弾でもちょっと出ましたが、「野生ふれあいの旅」のロケ中に落石で指を怪我した話と、「新・座頭市」で勝新太郎と共演したときに、本番中に真剣で足を切ってしまい、スタッフが慌てて止めようとするが、勝新が「いや、そのまま」と芝居を続けさせた…という話。結局岸田さんは4針縫ったとか。
・蝶の話
元々岸田さんが蝶を好きになったのはお兄さんの蕃さんの影響だ、ということで、ドラマ「ザ・ゴリラ」に登場する蝶について解説してもらうことに。
このドラマでは岸田さんは蝶が好きな殺し屋の役を演じているのだが、蝶の標本が出るたびに「この蝶は○○チョウ、これは××チョウで、今だとワシントン条約に引っかかる…」とずばずば言い当てていく蕃さん。そして話は、昔と比べて外来種の蝶が増え、生態系が変わっていること、地球温暖化の影響か、南方系の蝶を関東でも見かけること…と、思わぬ方向へ。
あと、岸田さんが集めていたコノハチョウの標本を見せてもらいました。初めて見たけど、ほんとに木の葉のような色と形をしている…。

19時〜23時までと長丁場でしたが、全然長さを感じさせない、楽しいイベントでした。
いつか第三弾もやってほしい…と見る側は期待してしまうのですが、運営する側は大変なんでしょうねきっと。
6




AutoPage最新お知らせ