さっき自転車ですっ転んだ  日々雑記

買い物の帰りに、踏切の電柱?にぶつかった。気がついたら逆さまになった自転車の下敷きになっていた。一瞬自分の身に何が起こったのかわからなかったが、通りがかりの人に自転車を起こしてもらった。

買ったばかりの卵2個が割れ、牛乳パックの口が開いてしまい、かなり道にこぼした。自転車を押して家に帰り、割れた卵と牛乳の残りでホットミルクセーキを作って、今ちょっと休んでます。
…左の手のひらと下腹をどっかにぶつけたらしく、まだ痛い。
しかしこれくらいでまだよかった。この日が命日になったら洒落にならん。

(2/1追記)
今日事故現場に行って確認してきたのですが、ぶつけたのは遮断機の柱でした…。ちょうど地上から1.5mくらいのところで太く(やっと抱え込めるくらいの太さ)なってるので、ぶつかりやすかったのかも…。
1

痛い痛い痛い〜血が止まらねえ〜♪  日々雑記

先日はまっていると書いた「あの歌の故郷を訪ねて」ですが、どうやらこれを一日一回は聞かないと落ち着かない体になってしまったようですw


(これは前半だけですが)

そして、「あの歌を〜」に登場する向井徳次郎さん&中洲元気君+鍋あつしさんの「九州ギャザー」も面白い。


グループ魂のCD、旦那持ってなかったかな?
1

思うところは多々あれど  日々雑記

文章にまとめるのは難しい。
これまでの日記でも「この件については後で改めて」と書いてそのままになっていることが、どれだけあることか…。(だからといってこのブログの過去ログさかのぼって数えないようにw)
1

トマト鍋作りました  食べ物・料理

先日の日記で、「実家からトマトケチャップをもらったから何か作るか」と書きましたが、先日トマト鍋を作ってみました。
参考にしたのはこのサイトです。
トマト鍋 簡単レシピ ♪

鍋に水を入れ、出汁昆布と鶏ガラスープの素を入れて出汁をとり、沸騰したらトマトケチャップを溶かし、ついでにタバスコもちょっと入れ、味を引き締める。
今回入れた具はカワハギの切り身、ソーセージ、ベーコン、冷凍ロールキャベツ、しめじ、ナス、パプリカ。
具を食べたあとの鍋には残りご飯を入れ、溶けるチーズと溶き卵を乗せておじやに。
旦那は鍋の後のおじやが好きだそうで、うちで鍋をやるといつも
「おじやは鍋に入れたいろんな具のうまみが溶け出していてうまい」
と、ほんとに美味しそうに言います。
次のリクエストは石狩鍋とのことなので、これも冬のうちに作りますか。今年の冬は寒いから、鍋は合うしね。
3

「コレクター」を見る(ネタバレあり)  岸田森

テレビ東京の「午後のロードショー」で『コレクター』をやると聞いたので、録画して見てみた。
もしや、と思っていたら主役のフレディの声は岸田森だったよ。

見るのは今回が初めてですが、蝶を愛する孤独な青年フレディが、サッカーくじで大金を当てて地下室のある田舎の家を買い、目をつけていた美大生ミランダを誘拐し、地下室に監禁するが…というストーリーと結末は何となく知っていたのでですが、まさかラストシーンが
(以下、ネタバレのため反転)
ミランダが死んでしまっても「彼女が悪かったんだからしょうがない。次はもっと言いなりになりそうな女を狙おう」と、車の中から次のターゲットをロックオンしようするフレディ
とは…。
ミランダにしてみたら、いきなりクロロホルム嗅がされて気絶させられ、気が付いたときには地下室に閉じこめられ(部屋も整えてあるし、着替えの服まで用意してあり、食事も出してくれるとはいっても…)、帰してほしいと言っても話を聞いてくれず、フレディは愛していると言うわりには手も出さないし、彼を愛しているふりなのか、それとも本当に情がわきつつあったのか(ストックホルム症候群ですね)まあどちらとも取れますが、とにかく彼に体を許そうとしたら
「そんなことをするとは思わなかった」
といきなりキレられるは…一体どうしたら助かるのよ!となりますよね…。

映画の中で、ミランダを入浴させている最中、フレディの家の呼び鈴を押す人がいます。フレディは、助けを呼べないようにミランダを柱に縛り付けて猿ぐつわをかませます。訪ねてきたのは隣に住む老人(といっても1kmほど離れている)なのですが、この人が結構やっかい。これで話が終わったとドアを閉め…ようとしたところでまた思い出したように振り返って話を続ける、という、あんたは刑事コロンボか古畑任三郎か。
その間に、ミランダは足を伸ばして浴槽の水道を開け、水音で気づいてもらおうとするのですが、フレディは「人が来ている」と言ってごまかします。そうこうするうちに浴槽から水が溢れて玄関まで垂れてきて…という、見つかってほしいけど見つかったらそこで映画終わっちゃうしなあ…とハラハラさせるシーンなのですが、隣人が出てくるのはそのシーンだけ。この人がきっかけでフレディが逮捕されるのかと思ったのにw

3

にんじんピーマンネギネギ〜♪  日々雑記

何となく聞いてたらはまった…

【ニコニコ動画】グループ魂 作業用コント

いちばんはまったのはNUMBER GIRLが参加している(これがバンド解散前最後のスタジオレコーディング音源だそうな)「あの歌の故郷を訪ねて」。
好きだわこういうのw
1

「六月小劇場」過去発行物一覧(2011/1現在)  六月小劇場通信

曲がりなりにも同人誌という物を発行するようになって何年か経ちましたが、そういえば過去にどんな本を出したのかまとめてないな、ということに気がついたので、この機会に整理してみました。

◆同人誌
基本的にはコピー本をまず出して、2,3冊出たらまとめて加筆修正したものをオフセットで作成、というスタンスです。ある意味買う人にはあまり優しくないかもしれない。
なお、サイズはすべてA5です。

・「偏差値40からの岸田森入門」
02.12.28発行 46p コピー本。(完売)
生まれて初めて出した同人誌がこれでした。
スキルも何もなく、もう熱意と愛だけで作ってます。
もう実物が残っていないのですが、40ページ超えてるのにコピー本(しかも袋とじ)という…。それも前日の夜3時頃まで半泣きになりながらホチキス止めしてました。
それでも買ってくれた人がいたのが、凄く嬉しかった。
…思えば、ここで方向性がいろいろと決まったような気がするなあ。
本のタイトルとか(笑)

・「抜き打ちテストに出る!(かもしれない)岸田森」(完売)
03.8.16発行 16p 300円
なんだかんだで2冊目。やっぱりコピー本です。そしてページ数はかなり減ってます。この頃にコピー本対策として大型ホッチキスを買ってみたのですが、結局使う機会がありません。誰か欲しい人います?

・「大学への岸田森」(在庫僅少)  
04.8.14発行 54p 500円
上記2冊を再録のうえ、加筆・修正した初オフセット本。
これはデータ入稿しようとして一太郎ファイルを無理矢理Wordに変換したりしたけどうまくいかず、結局紙で入稿した覚えがあります。
やはりオフセット印刷された本は出来映えが美しいのですが、本文を見るとやたら余白が少なかったりして、少々窮屈かもしれない。

・「岸田森自由自在」在庫僅少
05.12.30発行 28p 500円
※ゲスト多めのオフセット本。やっぱり上下の余白は少ないです。

・「もえしん(β版)」在庫僅少
08.8.15発行 20p 300円
※コピー本。岸田さんのホロスコープ読解などに挑戦しつつ、いろいろと中途半端になってしまいました。タイトルはちょっと旬を外してしまいましたが「もえたん」から。

・「岸田森がくしゅう蝶」在庫無
09.12.31発行 コピー本 300円
※中綴じが出来るスケールを買ったので、今回から中綴じにしてみました。印刷するときのページ設定に四苦八苦した覚えあり。
この頃からMAC版Wordで本を作るようになりました。

・「岸田森がくしゅう蝶」在庫有
10.8.13発行 A5 52p 500円 オフセット版
過去のコピー本「もえしん(β版)」及び「岸田森がくしゅう蝶」をまとめて加筆修正。まだもうちょっと在庫はあるので、次の夏コミでも売ると思います。

・「六月小劇場通信 冬の特別編」
10.12.30発行 A5 8p 100円 コピー本 在庫有
※今年10月に阿佐ヶ谷ロフトで行われたイベント『岸田森全仕事』ライブ版!異能の俳優を語りつくす夜 第三弾「近頃なぜか岸田森」のレポート本。
値段をつけるかどうかはかなり迷いました。装丁のしょぼさの割に100円も取ってしまった…ような気もしないでもない。

・ペーパー「六月小劇場通信」vol.1〜14 A4
2003年の冬コミから、コミケ参加ごとに発行。A4片面1枚だったり両面だったり。、
一応在庫はありますが、バックナンバー欲しいという奇特な方はいらっしゃるのでしょうか…?
特撮ネタが入っていたりいなかったり、割と好き勝手に書いてます。
vol.11以降はちょっとレイアウトを変えています。

一応原稿データは全部残しておりますので、もし再版の話があっても出来なくはないですが、あんまり昔の本を再版するのもちょっとね…とは思わなくもない。たぶん同人誌やってる人はそういう人が多いと思うけれども、「作り直したい」という思いはあっても、そこら辺の反省は次の本に生かしたい、みたいな…どうでしょう?

過去に作ったTシャツについてはまた改めて。
2

実家の冷蔵庫整理  日々雑記

前々からちょっと気になっていたのですが、お正月に実家に帰った時にちょっと片付けていたら、
「そんなの夕食前にやるな」
と父に言われてしまったので、冷蔵庫整理のために昨日わざわざ行ってきました。

とりあえず捨てたのは、
・冷蔵庫の扉裏のポケットに入っていた醤油や納豆のタレ、わさび、山椒等の小袋(賞味期限が去年だったり一昨年だったりしたもので)
・母がマレーシアで買ったと思われるスパイスや干物など(調理法も判らないので)
・母が昔漬けておいたと思われるショウガ醤油とニンニク醤油(いつ作ったのかわからないくらい古いのと、父も使わないというので申し訳ないが捨てた)
・バニラエッセンスとメロンエッセンス(賞味期限不明)
・キムコ(「96年8月」と日付が書いてあった…これぞ前世紀の遺物?)
・母が生前使っていたカーマインローション
・お手ふき(出先で食事したときについてきたものを保管していたみたい。「峠の釜めし」で有名なおぎのやのお手ふきも。開くと乾いてたりしたものもいくつかあったので、遠慮なく拭き掃除に使わせてもらった)

それと食器棚の下の食品ストックから、
・賞味期限2002年のラー油(未開封)
・賞味期限2000年の寒天パウダー(未開封)
・使いかけのゼラチンパウダー(賞味期限は書いてなかったが、都内にある製造会社の電話番号の市内局番が3桁だったから、多分1991年以前ではないかと)
普段はあまり賞味期限は気にしないほうなんだけど、さすがに賞味期限から10年近くたっているものを口にする勇気はないっす。

冷蔵庫の中も少々汚れが目立っていたので掃除。
冷蔵庫の製氷皿に霜がついていたので、取り出してお湯を掛けて氷を溶かして水洗い。
冷蔵庫の扉裏の棚に敷いてあった紙がボロボロになっていたので捨てる。
トレーを水拭き、野菜くずなどで散らばっているトレーは取り出して水洗い。
引き出しの下も何気なく拭いたら黒くなっていたので拭き掃除。

掃除前と掃除後に写真でも撮っておけばよかったと思うのだが、冷蔵庫の中はかなりすっきりしたと思う。

そのついでにすりこぎや調理用ハサミなどが入っているシンクの小引き出しも、ビニタイや輪ゴムが山のように入っていたのでこれもかなり捨てたのですが、その中にカラカラになったGの死骸(とフン)が…。思わず叫び声を上げたら「何大声出してるんだみっともない」と父に言われてしまい、結局死骸は父に捨ててもらったのですがw

…一応母の名誉のために言っておきますが、特にだらしないとか掃除嫌いだとか、何でもかんでもため込んでおく、といったわけでは決してないです。ただ物持ちはよかったほうだと思うのですが。それと、亡くなる数ヶ月前は家事は父がやってたから、行き届かなかったところもあると思うので。
今後は一ヶ月か二ヶ月に一度は顔も出したいところ。そう気合いを入れて帰らなければならない距離でもないし。

そして、帰りに「これはいらない」という食材ももらってきてしまいました。
日高昆布、未開封のトマトケチャップ(これも去年の10月で賞味期限が切れてるんだけど…トマト鍋でも作って使い切るか)、ツナ缶、カレーパウダー、ナシゴレンの素(この2つはたぶんマレーシアで買った物)など。

トマト鍋は近々作るかな〜。あとカレーも。
4

年末〜年始の予定メモ  日々雑記

12/11(土)「実写版ヤマト」見に行く→池袋で飲み
12/25(土)健康ランドライブ@秋葉原PAGODA
12/29(水)コミケ1日目友人の売り子手伝い
12/30(木)コミケ2日目サークル参加→年忘れ和モノナイト@自由が丘
1/5(水)胃ガン検診
1/15(土) Soundtrack Pub【Mission#15】「テレビ東京サントラ大作戦」
1月? G-Session新年会(仮)

年も変わったので、「いちばん上に表示する」を取り消してみる。
3

コミケ感想  六月小劇場通信

こんにちは。

実は旦那が新年早々風邪を引いて寝込んでしまい、m2TVで箱根駅伝を見たりラジオ聞いたりしながらこの日記を書いています。暇だなあ。

さて、数日前だというのに既に去年のことになってしまいましたが、先日のコミケに来て下さった方、ありがとうございました!
実は午前中から東から西に買い物に行っていたうえに、途中でなくなってしまったペーパーのコピーをしにコンビニで2時間近く並び(後ろに並んでいた2人組の兄ちゃんと話し込んでしまったw)…と、実はあまりスペースにいなかったので、売り子をしてくれたりんどうさんや、私がいない間にスペースに来て下さった方には、ほんとにご迷惑をおかけしたかと思います。どうも失礼しました。

今回は1,2日目に参加したんだけど、どちらの日も天気に恵まれて、シャッター近くの席だった割には風が強くなくて良かったです。
そうそう、1日目に買えなかったカレーパンも食べられた。美味しかった!

後は…なんだろう。Tシャツ、もうちょっといろいろサイズ作りますね…。
1




AutoPage最新お知らせ