こんな夜更けにバナナかよ  本・漫画

この本好きなんですよねー。単行本も文庫本も持ってる。
で、最近久々に再読していた矢先に、映画化ですよ。

http://bananakayo.jp/

しかも主演が大泉洋ときた。

去年の11月に、#読書週間だからRTといいねの数だけ好きな本を紹介しよう
というタグでこの本を紹介した時に「ドラマ化するなら鹿野さん役は大泉洋さんでどうだ(北海道の話なので)」とツイートしていたんだけど、まさか実現するとは!
https://twitter.com/rosetail513/status/931728643415465984
タイトルだけじゃわかりにくいから「愛しき実話」というサブタイトルをつけたんだろうけど、正直蛇足かも。
三浦春馬と高畑充希との三角関係?原作から大きく変えてない?とも思ったんだけど、主人公の鹿野さんは、原作でも語られてるけどボランティアを好きになってはフラれて…を何度も繰り返していたっけな、と思い出し、こういう展開もありかなあと。映画にするには、ボランティア何人もにスポットを当てると散漫になりそうだし。
脇を固めるキャストも今から楽しみです。

この本と出会ったのは10数年前だったかな?正確には覚えてないですが。
確か「本の雑誌」で、面白いタイトルの本として紹介されていたので気になり、北海道新聞社から出ていたソフトカバーを買って読んだのが最初。

筋ジストロフィー患者で、24時間他人の介助なしでは生きていけなくて、でも 病院に入院したり両親に頼ったりはしたくない、自立したい、という鹿野さんと、彼を取り巻くボランティアや有償ヘルパーさんたちを描いたノンフィクションです。

後に文春文庫で出てからも、本に登場してきたボランティアたちのその後などが文庫版あとがきに載っていて、つい買ってしまいました。
文庫だとかなり分厚いし、注釈なども多いので、読み応えありますw

障害者とボランティアを描いた話なのですが、決して感動ものではなく、鹿野さんは我が強くてワガママで結構癇癪持ちなのですが、ボランティア達もそんな鹿野さんに振り回される…だけでなく、ぶつかったり、言い返したり、時には泣かせたりすることもあります。
何人かのボランティア達のインタビューもあるのですが、「留年してだらけてしまった生活を立て直したかった」とか「友達に誘われてなんとなく」とか「水商売から足を洗って転職活動したけどうまくいかなくて、献血でもしようと献血ルームに行ったらボランティア募集の貼り紙がしてあった」とか、それぞれに理由があるのが面白いです。また、ボランティアがきっかけで医療系の大学や専門学校に進路変更する人も…。鹿野さんと関わるのはめっちゃしんどそうだし、もちろんいろいろあって辞めてしまうボランティアもいるのですが、なかなか人生に大きな影響を受けそうな体験だったんだろうな…と思います。ぜひ一読を。
2




AutoPage最新お知らせ