M3に行ってきました  日々雑記

今日、M3に一般参加してきました。
M3は10年以上前に一度行ったきりだったのですが、知っているサークルが出ていることと、この日先約がなかったこともあり、思い立って一人行くことに。

浜松町からモノレールに乗り、4つ目の流通センター駅で降りました。その時点で13時半ごろだったのですが、これからM3に行くらしき人が結構降りていてびっくり。

カタログを買い、まずはSalitaさんのところに行って挨拶し、CDを2枚ほど買いました。Twitterでは時々やり取りもあるのですが、実際にお会いするのは2年ぶりくらい。結構久々。
そのまま第二展示場を回ろうとしたら、9月にCATがげろすりー2でお世話になったくにいさんのサークルがあり、ご挨拶。

そして、第一展示棟まで母校のサークルを見に行ってオムニバスCDを1枚買いました。自分が在籍していた頃はまだオムニバステープだったし、もちろんM3なんてまだなかったから、こういう形で人に聴いてもらう場があるのは正直羨ましいところ。

今回の目的が終わったので、後は企業出店エリアやフリースペースを回っていました。フリースペースでは楽器を持ち込んで演奏ができるんですが、ピアニカを持っていている人が何人かいて、自分も欲しくなってしまった。
休憩所でしばらく休んだ後、スペースをぶらぶらし、閉館前にフリースペースで演奏を聴こうかなと戻ったら、バグバイプで「蛍の光」を演奏している男性がいました。実際に吹いてるところなんて初めて見ました。
どうやらサークル参加された方たちでセッションを始めたらしく、ギターやフルート、サックス、カホンにコントラバス…となかなか大掛かりな演奏になっていました。最後の方はだんだんテンポが早くなり、テンションも上がりました。その場に居合わせただけでしたが、幸せな時間が過ごせました。演奏されてた方、お疲れ様でした。ありがとう、
閉館時刻になったので会場を出て、タリーズでパンケーキとミルクティーで一息。

帰りはそのまま流通センターから帰るのも芸がないので、平和島駅まで歩いてみました。最初はバスで行こうと思ったのですが、なかなか来ないので。
途中に大きな公園があり、もっと早い時間だったら寄ってみたいと思いつつ、20分ほど歩いて駅まで。
平和島の駅前も、いい感じにごちゃごちゃしていて下町っぽい。
ガード下のマツキヨで買い物して帰りました。

カープもようやく1勝したし、いい一日。
0

そして簿記初級落ちました  日々雑記

100点満点で合格ラインが70点のところを43点。
まあ落ちるよな、という点数でした。残当。
(次は来月の3級受験に)切り替えていく
0

明日簿記初級を受けます  日々雑記

振り返ればもっと早く簿記は勉強しとけばよかったなあと思う。
仕事で多少扱っていたときに、工業簿記を受けようと思い…思っただけに終わってしまったんだけど、受けなかったことを今になってちょっと後悔している。
どんな仕事をするにせよ、お金の流れって重要なので、無駄にはならないし。

以前から経営学とか経済とか勉強したいなあと漠然と思っていて、そのためにはまず簿記でも受けるかと思ったのは今年に入ってからで、テキストを買ってはみたものの買っただけで終わり…9月に経理の仕事に採用されたので、なおさら経理の勉強は必須に。
11月に3級を受ける前に、とりあえず力試しで初級を受けることにして、テキストを買ってはみたもののここんとこ野球でそれどころじゃなかったりして。
とりあえずここ一週間は毎日問題解いてましたが。
で、今日は仕事帰りにマックで勉強したのはいいけど、家に帰ってからはようつべで「アスリートの魂」など見てしまいまして…(しかも2012年の浅尾特集のやつ)だから受かるのか私?というかブログなんか書いてていいのか?

そして来月は3級を受ける予定…あと1ヶ月。
0

最後の近鉄戦士は神宮に生息していた?!  野球

最後の近鉄戦士2人がCS挑戦 土台は「昭和」の猛練習
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000025-asahi-spo

岩隈もマリナーズを退団したのならいっそヤクルトに来ればいいのにw
と冗談はともかく、正直近藤がここまで生き残るとは思わなかった…。
35歳での初タイトルおめでとう!

坂口と岩隈と言えば、坂口はギターが趣味で、プロ入りしてからも時々路上でギター弾き語りをやっていたのだが、ある日その現場を岩隈に見つかってしまい、それ以来辞めた…というエピソードが好きです。
確か03年のシーズンオフだと思うんだけど、週刊ベースボールのオフ企画で、坂口が楽器屋を訪ねてギターを吟味していた記事があったのを覚えています。残念ながらもとの雑誌は処分してしまいましたが、取っておけばよかった。

0

阪神−中日戦 荒木&岩瀬ラストゲーム  野球

どうも。ここんとこ野球ブログと化してます。
ブログの「野球」カテゴリを追ってたら、その前に書いてたのが2012年頃です。
DeNAがCSに出たときとか、いっぱいネタあったはずだし、Twitterではそれなりにつぶやいていたんだけど、どうもその時はブログ自体書く気がなかったらしい。

今日は阪神ー中日戦を見ていました。Twitterで適宜実況しつつ、資格の勉強しつつ…でもあんまり手につかずw

森監督と金本監督の最後の試合で、荒木と岩瀬の引退試合だったのですが、9回に同点に追いつかれ、岩瀬にセーブがつかなかったのは残念。福留との対決もよかった。ラスト登板が藤浪からのヒットじゃなくてほんとによかったw 

延長になって多少グダったあげく、結局阪神に勝ち越され…そういや浅尾と野本の引退試合のときも阪神に勝てませんでしたね…。
中谷!浅尾からはファールしか打たなくても祖父江からは打つんかい!w

荒木は帽子を深くかぶって目元が見えず、話し方もハキハキとしていましたが、多分泣くのをこらえているように、わざと言葉を切ったように喋っていたのかなあという気がしました。プロ野球ニュースで改めて見た時、目の辺りが影になってたけど泣いてたように見えました…。

そして岩瀬はもう途中から涙声になってましたね。「(福留)孝介、球児、(高橋)聡文…」というところで言葉が詰まってた…。「甲子園のヤジは怖かった」ってところでは阪神ファンからも笑いが起きていたのは面白かった。

セレモニー後の選手との握手と記念撮影で、浅尾がいたのが嬉しかったな。まさかまだユニフォーム姿見られるとは思わなくて。すみません、現在思いっきり浅尾ロス状態なんですわ…。自分でも内心ちょっと引いてるんですが。動画サイトで名場面集やTV番組の録画を見るわ、昔の名古屋ローカル番組に出てた文字起こしブログや、あまつさえなんJの過去ログまで手を出すわ…。先日引退記念グッズのトートバッグを注文してしまったし。(さすがにハート型のタオルとかは気恥ずかしくて買えなかった)

自分が今年見た引退セレモニーは、加賀、後藤(DB)、浅尾&野本(D)、本多(Sh)、根元、岡田(M)、石井、矢野(Fs)、そして荒木&岩瀬(D)…テレビでは見てないけどニュースやTwitterの動画でチェックしたのが杉内(G)、天谷(C)、松岡&山本(YS)あたりかな。結構多いな。戦力外になった選手も含めて、松坂世代(後藤、矢野、小谷野、杉内、村田)と84年組(浅尾、野本、本多、大隣、岡田、荒波、吉村、西岡)がごっそり抜けた印象。

レギュラーシーズンのラストゲームが引退試合だった荒木と岩瀬はさしずめ中ボス、ラスボスはもちろん松井稼頭央と新井さんで(まだ引退セレモニーやってないよね?)。やるとしたらCSか日本シリーズになるだろうし。
0

そういや東北福祉出身の野球選手に介護のイメージってないな  野球

今日、ブログに貼り付けてある「コトノハ」の、自分が過去に答えたリストを見ていたら、
「その者、青き衣を纏いて、ナゴヤドーム9回表のマウンドに降り立つべし。」
というコメントに対して、
「岩瀬もそろそろ…と言われつつ長いよね。しかし今後は浅尾きゅんに期待したいところ。どうか壊れないでね。」
とコメントしていた…。
自分でもこのコメントしたのはすっかり忘れていたけど、他のコメント見る限り、2010年頃に書いたと思う。今見るとフラグになってしまったような…。

岩瀬は一時期目に見えて衰えたけど、また復活して、今年ようやく引退だもんな…。見かけは地味だけどほんとに凄かったよ…。

そして今は浅尾の引退がまだ寂しい。引退報道から2週間経ってるのに。
2010年の日本シリーズは今でも覚えているし、割と好きな選手ではあったが、そこまでファンじゃなかったはずなのだが。2012年以降登板機会がぐっと減ってしまったため、あまり印象がなくなってしまったのがただ寂しい。
引退記念グッズまで注文してしまった。昔出た本とかも注文しようかと思ったけど、今見たら悲しくなりそうなのでパスかな…
0

サイト→ブログ→SNS  日々雑記

個人サイトは一軒家。
ブログは商店街に並ぶ商店。
SNSはショッピングモール、みたいなものだと思う。

その昔、まだネットを始めたばかりの頃は、個人でサイトを作る人と言うのは一種の憧れだった。宝島社から出ていた、個人サイトを紹介した本があって、そこからいろんな人のサイトに飛んだりしていた。そのうちに自分もサイトを作りたくなり、HTMLの本など買ったりして、自分でタグを打ちながらサイトを作ってみたものだ。結局忙しくなって、数年で消してしまったが…。

そのうちブログというものが流行り始め、2004年にブログを開設してみた。書かない時は年単位で書かなかったり、時々は引っ越すのもいいなあと思いつつ、なんだかんだで今に至る。Exciteブログのフォーマットがシンプルで好きなので、引っ越すとしたらそこかもw

ブログをやる人がぼちぼち出始めた頃にmixiが出てきた。
mixiで日記を書く人も多かったが、私はあくまでも外部ブログにこだわりたかったので、あえて日記は書かなかった。mixi日記ってmixiやってない人には読めないし、他の人にも読んでもらいたいと思っていたので。

そのうちにTwitterが出てきたのだが、私は結構後までTwitterというものに懐疑的だった。だって面白いブログやテキストサイトを書いている人がどんどんTwitterに流れていって、安易な方向に行っているようで嫌だったのだ。
しかし、とあるオフ会に参加して以来、そこで知り合った人とTwitterでつながるようになり、気がつけば普通にTwitterを使いこなしているのだが、時々TLを見て疲れてしまうこともあるので、そういうときは遠ざかるようにしているし、時には丸一日つぶやかない日もある。

Instagram…は今のところやる気はないですが、結構周りの人や好きな有名人がやっているので、時々見てはいます。気が向いたらROMアカウントを作るかも。

LINEもやってはいるが、LINEでつながってる友人との連絡用として使っている。親戚ともLINE交換はしているが、今の所ほとんど連絡を取っていない。

個人の商店街が寂れてショッピングモールが栄えているのはいいのだが、問題はそのショッピングモールが閉店したときだ。買い物に行く場所がなくなってしまい、一気に寂れてしまう。ツイッターやフェイスブックだって、あと何年かしたらなくなったり寂れたりするのかもしれない。
そうなった時、ネットのつながりはどうなるのであろうか。

とりあえず、ブログという形式がある限りは、Twitterやろうがインスタやろうが、このブログはやめないつもりでいます。
何年も更新されないブログというのも見ていてわびしいので、まあ…1年に1回くらいはw



0

昔の日記を載せてみる(2003年6月編)後編  昔語り

これでラストです。やっと肩の荷が降りた。


■2003/06/18 (水) 「愛の殺意」

ファミリー劇場でやっていた「太陽にほえろ!」の「愛の殺意」という話を見る。
酒井和歌子が兄の恋人を殺し、兄(村井国夫)に罪を着せる役なのだが、実は彼女は兄に対し、狂った愛情を抱いている、
もともと彼女と兄は一家心中の生き残りだったのだが、兄を独占するために恋人を殺し、
「刑務所に行ったら兄は私にしか会えないから」
と、兄に罪を着せるために工作するんですね。
某花牧氏はこの話を「究極のお兄ちゃん萌え」と主張している。

この話の中で一つ気になるセリフがあるんだが、酒井和歌子を七曲署のお茶くみの女性が評して曰く
「彼女美人だけど、ハンドバッグの中がぐちゃぐちゃなのよ」
これ、どっかで聞いたことがあるセリフなんだが…。
いや、元ネタはこれなんだろうけど、このセリフを誰かが引用した文章を読んだ気がするんだが、思い出せない…。なんかもやもやします。

それにしても、他の刑事たちより頭一つ背が高いジーパンを見て
「松田優作って背が高いよな〜」
と、改めて思ってしまったのでした。

・「愛の殺意」機会があればぜひ一度見ていただきたい。元祖ヤンデレです。


■2003/06/22 (日) 練習

新宿から朝帰ってきてから寝て、夕方からバンド「健康ランド」の練習。
夜はいつも通り飲み会兼ミーティング。
私は途中で帰ったのだが、雨が降っていた。

「新宿」というのは前日の実相寺昭雄上映会のことです。
健康ランドもしばらく活動していないな…。たまに一部違うメンバーで「スーパー銭湯」としてライブはやっていますが。


■2003/06/23 (月) 疲れた。

某えろげーをやった。詳しいことはいずれ書くかもしれないが、非常に精神的に消耗した。ああ。

6/18の日記書いてから、何となく「妹萌え」で検索して見つけたゲームなのだが…。
パッケージの絵がめちゃめちゃ可愛かったのだが…(私もヤバいのか?)
土曜日にヨドバシで買ってきてしまったのだが…。

なんか私、どんどん訳わかんない方向に行ってるような気がするんですが。
金曜日に図書館で借りてきたハリポタでも読んでみるかのう。

明後日は面接です。スーツ買わなきゃ。

・某えろげーというのは「はじめてのおるすばん」です。出たのは2001年の暮れで、発売された時はいろんな意味で物議をかもしたらしい。
http://tiyu.to/permalink.cgi?file=news/02_01_07
ロリゲーなのでハマる人とハマれなかった人に分かれてしまうのですが、自分は結構ハマって薄い本やら同シリーズのゲーム買ってたなあ…。Macユーザーになってからエロゲからは離れてしまったし、ゲームのパッケージも手放してしまいました。


■2003/06/25 (水) 池袋に行ってきた

池袋にスーツを買いに行きました。
アニエスでシャツ2枚、ユナイテッドアローズで黒のワンボタンスーツ、
無印でバッグ。久々に大きな買い物しました。服自体最近買ってなかったし。
行く途中に新発売の「ビューティフルウォーター」を買って飲んだんですが、
池袋駅にそのポスターがデカデカと…。
聖子ちゃんカットにワンピースの、昔のアイドルっぽい格好をした女の子?のポスター。インパクトありすぎ。
モデルが誰か気になったんで、家に帰ってから調べたら、
この人だったのね。身長162cmとは、意外と小柄なんだな。

そういえば池袋駅の構内で、抱き合って今にもキスせんばかりのカップルがいたが、どう見ても女同士だったな…。

この人=伊藤淳史さんですね。例のポスターを画像検索で探してみたけど、残念ながら見つけられませんでした。

で、この日買ったスーツは今でも持ってますし、一応まだ着られます。面接のときくらいしか着てませんが。

ということで、ようやく昔の日記を振り返る企画、これでおしまいです。
ありがとうございました。
0

昔の日記を載せてみる(2003年6月編)前編  昔語り

3年前に2001年頃に書いていた日記をWEB上に再掲載しつつ、ツッコミを入れようという企画をやっていました。

昔の日記を載せてみる(2001年3月編)
昔の日記を載せてみる(2001年5月編)
昔の日記を載せてみる(2001年6月編)
昔の日記を載せてみる(2001年7月編)
昔の日記を載せてみる(2001年8月編)
昔の日記を載せてみる(2001年10月編)
昔の日記を載せてみる(2002年5月編)
昔の日記を載せてみる(2002年6月編) 
昔の日記を載せてみる(2002年11月編)
昔の日記を載せてみる(2002年12月編) 
昔の日記を載せてみる(2003年1月編)

で、最終回を残したままなんだかんだで更新できず…。もともとの日記が長かったのでツッコミを入れきれないまま年月が経っていて、文章も下書きに残ったまま…。
もういい加減供養しようと、


これでラストにしようとしたけど、2003年6月はちょこちょこ日記を書いているので、2回に分けました。


■2003/06/17 (火) お知らせいろいろ

日記書くのは半年ぶりですかね。
マレーシア行ったり2ちゃんしたりライブやったりフリマやったり2ちゃんしたり…無職生活漫喫してる間に春が過ぎ、もう梅雨ですね。ん?関東って梅雨入りしましたっけ?

で、いくつかお知らせ&近況報告。

1.プロバイダ変更に伴い、メールアドレスを変えました。
新アドレスはkyonc@as.airnet.ne.jpです。
これまでのAOLのアドレスも、今月末までは残しておく予定ですが、7月以降は使えませんので、ご了承下さい。
っていうか、AOL使いづらい、いろいろと。
サイトのアドレスも、今月末をめどに移転します。
その際、コンテンツもだいぶ変えます。早瀬さんのページはもちろん補完していきたいですが、他のコンテンツもちょっと考え中…。リンクも張り直さなきゃ…。


1.について
プロバイダ、結婚まではそのままAIRNETを使っていましたが、結婚を機に旦那が使っているドルフィンインターネットに加入し、現在に至ってます。
90年代くらいは「どのプロバイダに入るか?」というのは結構重要な問題だったという印象があります。
なので、ライブドアが無料プロバイダ始めたときは衝撃でしたね…。
HPの方はとうとう再起動はしませんでした。2004年にブログを始め、そのまま現在に至ります。
基本的にあまり動かないほうなんです。


2.このページ見てる人にはいきなりですが、去年の冬に続き、夏コミに出ることになりました。
サークル名は「六月小劇場」。
日にちとスペース番号は8/16(土)東地区 N−32aです。
去年、友達から見せてもらった「怪奇大作戦」で岸田森にはまり、思いあまって作ったことのない同人誌を作って、冬コミで販売してしまったのですが、今年はそのオフセット改訂版と、もう一冊…できればいいなと思ってます。去年は、コピー本作ったのはいいけどページ多すぎてホッチキス留まらなかったんで(^_^;)。
そういえば、岸田さんと早瀬さんとは「ピーマン白書」つながりですね。
あと「六月劇場」つながりでもあるんですが、一度そこら辺の話もまとめたいです。


2.について
同人活動については2012年くらいまでやってました。本も数冊出したし、あとTシャツ作ったり。今思えばよくできたなと思う。DVDの画像をキャプチャして加工してプリントして…。著作権についてはまああれなのですが、そんなに枚数出してないし。Tシャツも手元には残ってません。本は1〜2冊ほど保存用に残してますが。
六月劇場については「岸田森がくしゅう蝶」という本の中で「芸能事務所としての六月劇場」という文章にまとめています。
活動しなくなった理由はお金とモチベーションの低下、です。
今では腹巻猫さんのサークルに売り子で参加するくらい。コミケは参加してるのですが、本も全然買わなくなりましたね…。そこまで買いたい!と思うジャンルがなくなってしまった。むしろ広場でコスプレを見ているほうが面白かったりして。
あとは、たまに興味のあるジャンルのオンリーに行くくらいですが、同人誌も書い続けていると結構場所を取るので、気に入った本だけ残しておこうかな、と考えつつなかなか実行に移せません。普段読まなくても、手にとって読み返すと捨てられなくなってしまうという。


3.校正の通信講座を今週から始めました。
今までやってたのとは全然違う職種ですが、前から興味のある分野だったので。自分に合ってそうだし。副業にするか本業になるかは…まだ未定。
テキスト読んでると、思っていたより歯ごたえのありそう…でも興味深い仕事ではあります。

3.について
通信講座は結局卒業まで…行けたかな。覚えてないや。
校正は2003年の8月頃から10ヶ月ほどバイトでやってましたが、そこで派遣で働いている人から、「校正一本で食べていくのは難しいし、(企業も)経験のある人しか取らない」と聞いて、仕事にするのは難しいかな…そろそろお金もなくなってきたしで、すぐ働ける仕事をするか、と進路変換。
その後短期で校正の仕事をしたりもしていたのですが、他の事務仕事をする際にも、ミスを防ぐという意味では校正を習ったことは役立っているのかも。


4.今日は失業認定日だったんで、朝からハローワークに行ってきたんですが…、なんと!密かに働きたいと思ってたとこからパート募集が…。
今日明日そこが休みなんで、問い合わせは木曜日になりますが、
わっ、どうしよう!履歴書と職務経歴書書かなきゃ!スーツ買わないと!
写真は写真館で撮った方がいいかな?
帰ってからはとらばーゆNetほか、転職系サイトを見ながらにわか勉強。さあ、どうする私!


4.そのパート募集ですが、結局面接で落ちました…。


■2003/06/21 (土) バーベキューと実相寺

バンド「健康ランド」のメンバーと善福寺川緑地公園でバーベキュー。
外で食べる肉はおいしい!が、材料は買いすぎだったと思うぞ。
ちょっと遅刻したので大きなことは言えないが…。その代わりに焼き担当を引き受けましたが。
豚トロとイカが特においしかった。
私はあまり飲めないんでもっぱらウーロン茶でしたが、他のみんなはビール飲んでました。
食事の後はビーチバレー。
暑いけど風が強かったんで、ボールが風で飛ぶ飛ぶ。
久々に運動したって感じでしたな。

バーベキュー夜まで続いたようですが、
私はこの後予定があったので、4時40分頃公園を出て、新宿にGO!

ちなみに行ってきたのはこれ。
実相寺昭雄長編3部作「無常」「曼荼羅」「哥」で、桜井浩子がゲスト。
桜井さんは若いときと変わらず綺麗な方でしたが、質問コーナーで質問が一つもこなかったのはちょっともったいないと思った。
寝不足だったので途中で寝るかと思って、あらかじめフリスクとBLACK BLACKを買ってきたんだが、結局眠らずに全部見終わりました。終わったら朝6時半。
映画の感想ですが、めんどくさいので一言ずつ。

「無常」
田村亮かっこいい。甘いマスク(死語だな)だがワイルド系。やってることは非道いがな。姉と近親相姦、その後は師匠の妻と関係、だし。あと、僧侶役の人(岡村春彦)好きな顔だったり。(顔だけかよ!)
「曼荼羅」
田村亮と清水紘治の会話がやたらと観念的だった。
話には聞いていたがラストでの岸田森の死に顔は最高。それだけでも見る価値あり(言い過ぎ)。
「哥」
これのみCSで見たことあり。
滅び行く旧家と、その家に書生として仕えてきた青年(篠田三郎)の話。
家の体面を守るためなら、その家の奥さんと関係を持つことも辞さないが、弁護士の長男の元に急に入った仕事の手伝いは「5時過ぎたら仕事はしたくないんです」ときっぱり断る。が、夜中の山林の見回りは欠かさない。鬼気迫る役で怖いです。

・健康ランドでのバーベキュー、3年前の10月に水元公園でやりました。ひたすら風が強かった思い出しかないのですが、楽しかったなあ。

・ちなみに行ってきたのはこれ。の「これ」ってなんだよって話ですが、6月21日の深夜にテアトル新宿で行われた実相寺昭雄コレクションDVD-BOX発売記念オールナイトイベント「実相寺昭雄 エロスとカルマの世界」のことです。その一週間後の28日にはイベントの第二夜として「俳優・岸田森 色気と狂気」が開催されて、『血を吸う薔薇』『怪奇大作戦25話「京都買います」』『歌磨 夢と知りせば』『黒薔薇昇天』が上映され、それにももちろん行きました。『黒薔薇昇天』はラストでフィルムが切れてしまって映像が止まったことを覚えています。

・「自宅警備員」という言葉が話題になりだした頃に、「哥」の篠田三郎を思い出してしまいました。書生だから「自宅」というより「居候」みたいなものじゃないかと言われたらそれまでですが。
0

引退試合で思うこと  野球

たまにはブログも書いてみる。

今年は引退する選手が多く、引退試合やその後の引退セレモニーを見る機会が多い。テレビで見るだけでなく、最近はTwitterで投稿された動画を見ることもある。
思い入れがあった選手も、それほどでもない選手もいるけど、やはり何かしら思い出や印象は多かれ少なかれあったりするわけで、現役時代にそこまで見てない選手でも、セレモニーを見ていて涙したりもする…のだが。
入団の頃から記憶にある選手が引退し、在籍年数を聞いて愕然とする。
「えっ10年?そんな前からいたんだ。この間入団したばかりだと思っていたのに」
「12年か…もうそんなに経つんだ…」
などなど。

自分がプロ野球を見るようになってもう20年くらい経つ。
と言っても毎年そう熱心に見ているわけでもなく、年によって結構濃淡があり、熱心に見る年もそうでない年もある。球場に何度も行った年があれば全然行けなかった年もあり…今年は全然行けなかったが…。

テレビやラジオ、スポーツ紙や雑誌だけでなく、WEBメディアで情報を追ったり、野球好きな人と楽しんだりするのも楽しい。思えば、Yahooの球団コミュ、個人の野球ホームページ、2chのプロ野球板、mixiのいろいろなプロ野球コミュニティ、Facebook、Twitter…と、ネットの歴史とともに、中心的に見るものも変わっていった。

2chのプロ野球板は、主にネタスレ中心に常駐していたのだが、スレの中心だった選手が引退してしまい、スレ投下規制が厳しくなって人も減ってしまい…というのが寂しくて、3,4年ほど前から行かなくなってしまった。
今日数年ぶりに見に行ったら、ずいぶんスレッドが減っていて、ちょっと寂しさを覚えたものだ。

年をとるにつれて1年が経つのが早くなり、10年前がついこの間の事のように思えたりするんだけど、人は年を取るし、確実に時間は流れているのだということを、ここ数日の引退試合ラッシュで痛感している。

近々引退試合の感想なども書きたいなあ…。
0




AutoPage最新お知らせ