41番が動き出す  野球

2010年に小瀬浩之選手が亡くなって以来、空き番になっていたオリックスの41番を、来季から佐野皓大選手がつけるとのこと。
背番号変更自体は8日にあって、「背番号41」がトレンド入りしてたようですが、その日はTwitter自体見てなくて。
日曜日に目が覚めて、Twitterで知ってびっくりして…ちょっと泣きました。

オリックス 佐野の背番号を来季から「41」に変更 10年死去の小瀬外野手以来10年ぶり復活

以下本文を引用。


[ 2019年11月8日 17:03 ]
オリックスの佐野皓大外野手
Photo By スポニチ

 オリックスは8日、佐野皓大外野手の背番号を来季から「41」に変更することを決めた。「41」は、2010年2月5日にキャンプ地の宮古島で転落死した小瀬浩之外野手が当時付けていたもので、その後は空き番号となっており、10年ぶりの復活となる。

 佐野は15年に投手として入団し、17年シーズン終了後に野手に転向。一時は育成選手契約となったが、再び支配下選手登録される際に93を付けていた。今季はチーム随一の俊足をいかし、1軍で68試合に出場。活躍を認められ、球団は他の番号への変更を打診していた。本人はいくつかあった空き番号の中から「41」を選択。球団は小瀬の経緯などを説明したが、森川秀樹球団本部長は「それでも本人は、その番号が良いというので了承しました。本人がその番号を背負って、勝利に貢献したいというので、いつまでも欠番になっているよりは良いと思う。前向きに付けていきたいという意志は尊重したい」と話した。

 小瀬の転落死について「ネットで知っているぐらい」という佐野は「(空き番号になっていた経緯は)自分はあまり気にしていない。今後、自分の番号にしていけたらな、と思う」と固い決意を示した。佐野は入団後、5つ目の背番号となる。


ここ最近はあまりオリックスの試合も見てなかったんですが、佐野選手はなんとなく名前は知ってました。サンスポの記事によると、

入団後、4度目の背番号変更となる佐野は、「(過去の出来事は)知っていました。(小瀬氏と)誕生日が(9月2日で)一緒なので縁も感じる。自分の背番号にしていきたい」と意気込んだ。


今年の2月にこんなツイートをしました。
https://twitter.com/rosetail513/status/1092743748289683457

「このまま系譜が途切れたままなのは悲しすぎるので、そろそろオリックスの41番を復活させてもいいんじゃないかなあと思うんだけど。

オリックスが優勝するか、当時いた選手が全員現役を退いてからか、それくらいの時間が経たないと難しいのかな。

もう9年か…。」

「#小瀬浩之を忘れない タグを見ていると今でも涙腺に来るな…。

忘れたくはないし誰かで上書きしたいわけでもないんだけど、そろそろ誰かが41番のユニを着ているところを見たくなってきただけ。」

小瀬もああいう亡くなり方をして、2、3年で誰かがまた41番をつけるのかな…などとなんとなく思っていたんだけど、いつの間にか、誰も何も言わないけどなし崩しに半永久欠番のようになり…。
これまでの事情を知ったうえで、41番の系譜を継ぐ人がいてくれるなんて、心から嬉しいと思っています。止まった時計がまた動き出したようで。

佐野選手はつい先日結婚したばかりとのこと。いろいろ背負うものもあると思うのですが、佐野選手は佐野選手らしく、あまり気負わず、末永く活躍してほしいと思っています。
Twitterもインスタもフォローしたので、これから応援していこうかなと。
いやマジで頑張ってほしい。
続きを読む
2




AutoPage最新お知らせ