ファイルを捨てまくる ごみ箱カラにする  日々雑記

この一週間、ふと思い立ってメールボックスとブックマークの整理をしていた。
フォルダ分けなどはしたりしてある程度整理はしているのだが、なんせ未読メールが多い。
整理した対象は、2008年頃にWindowsからMacに切り替えて以来使っていたメールボックス(未読5000件以上)、2017年末に今のPC担ってから使ってるThunderbirdのメールボックス(忘れたけど未読1000件以上)、2004年頃から使い出したyahooのWEBメールボックス(未読3000件程度)。
読まないまま溜まっていたメルマガをいくつも解約し、フィルタを設定して受信箱に入っているメールを分け、ポイントサイトから来たお知らせメールやら何やらを消し……という作業。コツコツやってましたがなんとか未読メールを0にできました。疲れた。

ブックマークの整理なんだけど、3日間くらいかけて終わらせ、金曜の夜にパソコンの電源を切って土曜日に再起動させたら、ブックマークが整理される前に戻っていた……これほどまでに徒労を感じたことはない。

今日改めてまた整理し直すことに決め、Firefoxはブックマークのバックアップを自動で取っている設定になっているので、金曜日のデータを復元させることにしたのだが、やはり全然変わっていなかった。なんでだ…。

下のサイトを参考に、Firefoxをリフレッシュさせてみたら、無事にブックマークの設定が保存されるようになった。とりあえずよかった。

設定が保存されない

https://support.mozilla.org/ja/kb/how-to-fix-preferences-wont-save


ということで今日9割方ブックマークの整理を終わらせた。後日もうちょいブラッシュアップするかもですが、ブックマーク数も600近く減らしたし、とりあえずいいだろうと。

こんな感じで減らしました。
クリックすると元のサイズで表示します
1

Twitterで書くにはちょっと長い文章など。  日々雑記

・しばらくまともな文章を書いていないことに気づいた。
Twitterの投稿も、後で見返すと文章が言い回しがおかしかったり、誤字脱字があったり…。そういうのは一番嫌いだったはずなのに。

今年のはじめの日記で、「いだてん」はちょっと見てみたい、と書いた。で、今録画してます。第一話だけは録画しそびれたけど。今のところ4話くらいまで見ましたが、ピエール瀧が足袋屋役で出てる回はなんとなく消せない…。

昔からテレビを見るときは、何かしながら見ることが多いんですが、どうも「いだてん」はある程度ちゃんと見ないと話についていけないので、見るときは「えいやっ」って感じで気合を入れて向き合わないと駄目な感じ。面白いですが。
今職場の夏休み中なので、ちょこちょこ見ていこうかなと思ってますが。HDDもいっぱいなので。

・ちょっと前からNGT48問題が気になっていて、Twitterで支援の真似事のようなことをやっています。いや、ちゃんと支援してる方もたくさんいらっしゃるので、支援しているなんてとても言えないのですが。そこらへんについては近いうちにまとめて書くつもり。
0

天皇制の今後についてちょっと考えてみた  日々雑記

Twitterで書くにはちょっと長くなりそうだし、ちょっとこのブログで整理して書いてみます。見る人も少なそうだし。
2日の深夜に大筋を書いたのですが、昼になってからちょっと追記しました。

改元特番でNHKだけが伝えた”不都合な真実”
https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20190501-00124418/

4月30日にベイスターズの試合を見に行って、その夜宿泊したホテルでたまたまこの番組を見ていました。

その中で印象的だったのが、これまでの125代におよぶ天皇のうち、約半分が「側室」(第2夫人、第3夫人など)の子と見られていて、過去400年間では側室の子どもではない天皇は109代の明正天皇、124代の昭和天皇、125代の前天皇(今の上皇陛下)の3人のみ、という話。これにはびっくりした。3人しかいないのか。

平成13年(2001年)、当時の皇太子ご夫妻(現天皇皇后両陛下)に女子(愛子さま)が生まれたことで平成17年(2005年)、小泉政権で皇室典範に関する有識者会議が発足。
それに対して男系の伝統を重視する人たちが猛反対。
結局、この有識者会議では男女の区別なく「直系の長子(天皇の最初の子ども)を優先する」という最終報告を出し、翌年、政府は「女性天皇」「女系天皇」の容認に舵を切ったものの、2006年に悠仁さまが生まれたことで問題は一旦棚上げされている状態に。


…難しい問題ではあるけど、残された時間も少ないし、実際問題、女性の天皇でいいんじゃないかなと個人的には思う。女系天皇となるとまた話が違ってきますが、でもそうまでしないと続かないところまで来ているのでは?

そして、旧宮家の復活も考えたほうがいいと思うのですが、ご本人達の意向はどうなのか。

番組内では旧宮家の方に皇族に復帰する気持ちがあるかどうかを書面で尋ねていましたが、全員が「その件についてはコメントを控えさせていただきたい」とのこと。

番組内では、「女系」に反対する急先鋒だった平沼赳夫元衆議院議員にもインタビューしています。以下引用。


(平沼赳夫元議員)

「やっぱり悠仁親王に男の子がたくさん将来お生まれになることが望ましい。」

(ディレクター」

「一般の我々にしても、女の子がずっと生まれるというのはある。天皇家だけ例外があるのかというとそれも・・・」」

(平沼、しばらく無言で考えた後で)

「誰も結論は出ないでしょうけどじっと待つしかないな。それを信じながら」

 右派の大物議員で現政権にも少なからぬ影響力を与える人物でさえ「じっと待つ」「信じる」という他にこれという妙案がないという。


いやいやいや、そんな期待されても無理だって、と見ていて思ったのですが。
今の陛下だって結婚されるの遅かったし、結局女の子一人しか生まれなかったじゃないか。

側室制度復活というのが、血統を絶やさないためにはいちばん確実な方法ではあるんだろうけど、昭和天皇の時代に一旦側室制度は廃止することにしただけに、今更戻すのも時代に逆行しているようで…。道義的に受け入れられない人も多そうだ。

側室制度を復活されるとして、出てきそうな問題をいくつか。

・側室を設けたとして何人設けるのか、そもそも子供が生まれなかったり、女の子しか生まれなかったらどうするのか。

・そもそも「側室になりたい」「うちの娘を側室にしたい」という人がどれくらいいるのか。仮に側室になりたい人がいたとしても、誰でもいいわけではないだろうし、家族にトラブルがあったりした場合は小室さんちみたいに叩かれかねない。

・肝心の悠仁さまの気持ちはどうなるのか。昭和天皇の時代から側室は設けず、結ばれる相手は一人だけだったのに、「なんで自分だけ血統のためにこんなことしなきゃならないんだ」って気持ちにならないだろうか?
他の皇族の方たちも、彼に余計な重荷を負わせてしまうようで、心苦しくなってしまわれるのでは?

・「側室を設ける」ということに関しての国民感情はどうなる?
皇室に対しての感情も、これまでとは違ったものにならないだろうか。

まだまだあると思うけど、とりあえず思いついたのはこのくらい。
0

2019年雑感  日々雑記

・今日ちょっとバトルスタジアムなど見ていたのですが、涌井さんかっけーな…そして奥さんの押切もえさんから「秀ちゃま」と呼ばれてることを「恥ずい」と言いつつ照れながら白状していたのが可愛かったですw しかし今後打たれた時のヤジは「秀ちゃま何やってるんだー」で決まりだなw

・最近嬉しかったのは、かの寺田夏生さんにフォロー返しされたことです。
あれ2011年のお正月だったのか…もう8年経っているのだな。まだ陸上を続けられているようでびっくり。ニューイヤー駅伝出られてたのか。見たかった…。

・大河ドラマは子供の頃以来見ていないんだけど、「いだてん」はちょっと見てみたい…とTwitter見て思いました。再放送録画するか。
0

2019年の抱負らしきもの  日々雑記

さて、これまで私ブログで今年の抱負なんて書いてきたっけ?と過去のお正月のブログを確認してみたのですが、それらしいことは全然書いていなかった…。そもそも1月にブログ書いてなかったりするし。

今年は40代最後の一年になるわけですが、今年の抱負は「悔いのない人生を生きる」に決めました。今年は、というよりも、人生後半戦に差し掛かったときからずっと考えていることですが、

悔いのない人生を生きるためには、行きたいところに行って、会いたい人に会って、やりたいことをやって、やり残したことや心残りを一つでも減らしたい。
そしてそのために必要なのはお金と健康、ということで、バリバリ稼いでしっかり休みたい。ここ数ヶ月でちょっと体重が増えたので、体も引き締めたい。限りある時間とお金を有効に使いたい。

そんなことを年のはじめに考えました。
今年もよろしくお願いします。
0

M3に行ってきました  日々雑記

今日、M3に一般参加してきました。
M3は10年以上前に一度行ったきりだったのですが、知っているサークルが出ていることと、この日先約がなかったこともあり、思い立って一人行くことに。

浜松町からモノレールに乗り、4つ目の流通センター駅で降りました。その時点で13時半ごろだったのですが、これからM3に行くらしき人が結構降りていてびっくり。

カタログを買い、まずはSalitaさんのところに行って挨拶し、CDを2枚ほど買いました。Twitterでは時々やり取りもあるのですが、実際にお会いするのは2年ぶりくらい。結構久々。
そのまま第二展示場を回ろうとしたら、9月にCATがげろすりー2でお世話になったくにいさんのサークルがあり、ご挨拶。

そして、第一展示棟まで母校のサークルを見に行ってオムニバスCDを1枚買いました。自分が在籍していた頃はまだオムニバステープだったし、もちろんM3なんてまだなかったから、こういう形で人に聴いてもらう場があるのは正直羨ましいところ。

今回の目的が終わったので、後は企業出店エリアやフリースペースを回っていました。フリースペースでは楽器を持ち込んで演奏ができるんですが、ピアニカを持っていている人が何人かいて、自分も欲しくなってしまった。
休憩所でしばらく休んだ後、スペースをぶらぶらし、閉館前にフリースペースで演奏を聴こうかなと戻ったら、バグバイプで「蛍の光」を演奏している男性がいました。実際に吹いてるところなんて初めて見ました。
どうやらサークル参加された方たちでセッションを始めたらしく、ギターやフルート、サックス、カホンにコントラバス…となかなか大掛かりな演奏になっていました。最後の方はだんだんテンポが早くなり、テンションも上がりました。その場に居合わせただけでしたが、幸せな時間が過ごせました。演奏されてた方、お疲れ様でした。ありがとう、
閉館時刻になったので会場を出て、タリーズでパンケーキとミルクティーで一息。

帰りはそのまま流通センターから帰るのも芸がないので、平和島駅まで歩いてみました。最初はバスで行こうと思ったのですが、なかなか来ないので。
途中に大きな公園があり、もっと早い時間だったら寄ってみたいと思いつつ、20分ほど歩いて駅まで。
平和島の駅前も、いい感じにごちゃごちゃしていて下町っぽい。
ガード下のマツキヨで買い物して帰りました。

カープもようやく1勝したし、いい一日。
0

そして簿記初級落ちました  日々雑記

100点満点で合格ラインが70点のところを43点。
まあ落ちるよな、という点数でした。残当。
(次は来月の3級受験に)切り替えていく
0

明日簿記初級を受けます  日々雑記

振り返ればもっと早く簿記は勉強しとけばよかったなあと思う。
仕事で多少扱っていたときに、工業簿記を受けようと思い…思っただけに終わってしまったんだけど、受けなかったことを今になってちょっと後悔している。
どんな仕事をするにせよ、お金の流れって重要なので、無駄にはならないし。

以前から経営学とか経済とか勉強したいなあと漠然と思っていて、そのためにはまず簿記でも受けるかと思ったのは今年に入ってからで、テキストを買ってはみたものの買っただけで終わり…9月に経理の仕事に採用されたので、なおさら経理の勉強は必須に。
11月に3級を受ける前に、とりあえず力試しで初級を受けることにして、テキストを買ってはみたもののここんとこ野球でそれどころじゃなかったりして。
とりあえずここ一週間は毎日問題解いてましたが。
で、今日は仕事帰りにマックで勉強したのはいいけど、家に帰ってからはようつべで「アスリートの魂」など見てしまいまして…(しかも2012年の浅尾特集のやつ)だから受かるのか私?というかブログなんか書いてていいのか?

そして来月は3級を受ける予定…あと1ヶ月。
0

サイト→ブログ→SNS  日々雑記

個人サイトは一軒家。
ブログは商店街に並ぶ商店。
SNSはショッピングモール、みたいなものだと思う。

その昔、まだネットを始めたばかりの頃は、個人でサイトを作る人と言うのは一種の憧れだった。宝島社から出ていた、個人サイトを紹介した本があって、そこからいろんな人のサイトに飛んだりしていた。そのうちに自分もサイトを作りたくなり、HTMLの本など買ったりして、自分でタグを打ちながらサイトを作ってみたものだ。結局忙しくなって、数年で消してしまったが…。

そのうちブログというものが流行り始め、2004年にブログを開設してみた。書かない時は年単位で書かなかったり、時々は引っ越すのもいいなあと思いつつ、なんだかんだで今に至る。Exciteブログのフォーマットがシンプルで好きなので、引っ越すとしたらそこかもw

ブログをやる人がぼちぼち出始めた頃にmixiが出てきた。
mixiで日記を書く人も多かったが、私はあくまでも外部ブログにこだわりたかったので、あえて日記は書かなかった。mixi日記ってmixiやってない人には読めないし、他の人にも読んでもらいたいと思っていたので。

そのうちにTwitterが出てきたのだが、私は結構後までTwitterというものに懐疑的だった。だって面白いブログやテキストサイトを書いている人がどんどんTwitterに流れていって、安易な方向に行っているようで嫌だったのだ。
しかし、とあるオフ会に参加して以来、そこで知り合った人とTwitterでつながるようになり、気がつけば普通にTwitterを使いこなしているのだが、時々TLを見て疲れてしまうこともあるので、そういうときは遠ざかるようにしているし、時には丸一日つぶやかない日もある。

Instagram…は今のところやる気はないですが、結構周りの人や好きな有名人がやっているので、時々見てはいます。気が向いたらROMアカウントを作るかも。

LINEもやってはいるが、LINEでつながってる友人との連絡用として使っている。親戚ともLINE交換はしているが、今の所ほとんど連絡を取っていない。

個人の商店街が寂れてショッピングモールが栄えているのはいいのだが、問題はそのショッピングモールが閉店したときだ。買い物に行く場所がなくなってしまい、一気に寂れてしまう。ツイッターやフェイスブックだって、あと何年かしたらなくなったり寂れたりするのかもしれない。
そうなった時、ネットのつながりはどうなるのであろうか。

とりあえず、ブログという形式がある限りは、Twitterやろうがインスタやろうが、このブログはやめないつもりでいます。
何年も更新されないブログというのも見ていてわびしいので、まあ…1年に1回くらいはw



0

「あたしおかあさんだから」騒動でふと湧いた素朴な疑問  日々雑記

どうしてこの曲を、男性であるだいすけお兄さんに歌わせたんだろう?

歌詞を読んだだけで原曲を聴いてないから、実際にどんなふうに歌ったのかはわからないが、お母さんが自分の心情を子供に向かって語る歌を、なぜ男性であるだいすけお兄さんが歌ったんだ?お姉さんじゃいけなかったのか?というのが素朴な疑問。

いや、だいすけお兄さんが「おかあさんといっしょ」で長年歌のおにいさんやってて大人気っていうのはわかるんだ。単にだいすけお兄さんの人気に乗せたかったってだけなんだろうけど。
演歌やムード歌謡ならよくある手法ではあるし、ニューミュージック系の歌だと、なんとなくねっとりとしてきて歌謡曲っぽさが強くなり、ビールよりも水割りが合い、カラオケボックスよりもカラオケスナックで歌うのが似合いそうな気がする。
「よせばいいのに」「メモリーグラス」「なみだの操」「恋(松山千春の方ね)」「あずさ2号」…などなど。

女性が歌ったらどうなるのかも聴いてみたいけど、歌詞の内容からして、優しげに歌ったとしても、マイナスの感情がにじみ出して聞こえるような気がするんだろうか…?ちょっと怖いもの聞きたさで聴いてみたいかも。

とはいえ、世間のお母さん達に大人気のだいすけお兄さんが、Huluの番組でこの曲を歌い、たくさんの人が聴いたことで、「この歌詞はどうなの?」と一気にネット上で話題になり、作詞したのぶみの評判も地に落ちたのは確かなので、結果的には良かったのかもしれない。経歴詐称とか絵本のパクリ疑惑なども出てきているし。今後どうなるんだろうね?

追記:2/10 13:40 ちょっと文章を追加しました。
1




AutoPage最新お知らせ