ジャッカルについて(備忘録)  音楽

きっかけは、たまたまTLに現れたこのツイートだった。



他のメンバーは大体わかったのだが、前列左の島田あゆ子さん、というのは聞いたことのない名前だった。どうやら事務所のトラブルでデビューがぽしゃってしまったらしい。知らなかった。
で、島田あゆ子さんで検索していたら、出てきた2chの過去ログに、こんな書き込みが目に入った。

209 : 陽気な名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/15(金) 22:48:21.48 ID:Ij2NMzZh0.net [1/1回]
>>201
ジャッカルのCD化は無理だと思うわよ。メンバーの一人が母親を殺して
自殺してるから。おまけにその人デビューの時に歳を10歳ぐらいサバを
よんでたらしいわ。

何があったんですかそれ。めちゃくちゃ気になるんですけど。
すっかり島田さんのことなど頭から吹っ飛んでしまい、「ジャッカル」について調べてみる。
なんでも1979年に「リバプール十字軍」という曲でデビューした三田村佳と園田としきの男性アイドルデュオで、有線大賞新人賞を取っていたそうだが、残念ながら当時小学生だった私の記憶にはなかった…。

デビュー曲はそれなりに印象が強かったらしく、覚えている人もぼちぼちいたようだ。
いくつか紹介してるブログなど。

https://blog.goo.ne.jp/z-c/e/8fff2c7a81689f301b84c9b2e18bbcfa
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-entry-82.html
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-entry-613.html
http://park17.wakwak.com/~nephila-clavata/boy41.htm

これとか2chの既女板の過去ログなどから総合すると、三田村さんの方が薬絡みで?事件を起こして解散、その後…ということのようです。どこぞのまとめブログみたいな文体になってますが、さすがにネットをあさっても詳しい話は出てこない…。

ヤングタウン東京 鈴木ヒロミツ大放送 1979.3.21
https://youtu.be/IbWyvxTJP6M
途中からちょっとだけ曲が聴けます。

そして三田村さんの本名でググったら、こんな記事が。
状況と年代からするとこれっぽいのですが…。

覚せい剤中毒の男、母親刺し殺す 送検後に急死 千葉・浦安
https://www.shits.xyz/metropolitan/archive/346

追記。なんと旦那が「リバプール十字軍」のシングル盤を持っていたことが判明。まさか家にあったとは…。
3

今週末は新宿&錦糸町で僕と握手!  音楽

どうも。もう3月ですね。今日は暖かかった…。
さて、今週土曜日にはCATのイベント、日曜日には健康ランドのライブがあります。よかったらふらっと遊びに来て下さい。

以下告知。

乙女ナイトvol.4 「乙女たるもの 恋心忘れるべからず〜LOVE ×LOVE ★ナイト〜」
3/12(土)15-19時 新宿BAR GARDEN 
チャージ500円+ドリンク代(食べ物は持ち込みOK。飲み物はガンガン頼んでくださいね!)
DJs:CAT(桜ほのか、尾山ノルマ、Kyon-C)
ゲストDJ:深井歪、西川Gowest、ゆずのきB佳
新宿BAR GARDEN  新宿区歌舞伎町1-1-7-3F
通りは花園三番街。 1Fの「新宿ゴールデン街劇場」が目印です。
http://m.facebook.com/g.yaripic

なんと!今回はゆずのきさんが青森から上京の機会を利用してDJに立候補してくれました!

CATの過去の放送などはこちら。
CAT CAT RADIO 放送局
http://www.voiceblog.jp/cat-cat-radio/
そのうち過去のDJイベントの記録なども載せたいですね…

3月13日(日)
rebirth presents「日曜日の使者たち Vol.40」 健康ランド/Badru/しらしら(from POP RADIO)
http://www.will-company.jp/rebirth/top/
OPEN 18:00 START 18:30 CH ¥2.000
入場するときに「健康ランドを見に来ました」と言えば1000円になるぞ!
健康ランドの出番は20時頃からです!みんな来てね!

健康ランド風呂具
http://kenko-land.jugem.jp/
健康ランド
http://www.geocities.jp/majinmee/index.htm
0

2014/12/10高岡早紀ライブ@Motion Blue YOKOHAMA(補足編)  音楽

私のぐだぐだとした文章だけだとあれなので、映像を紹介しておきます。

高岡早紀 feat. 山下洋輔 (P)/アゲイン (Again) [Live at JZ Brat, 2014 Dec 5]
https://www.youtube.com/watch?v=PRJoqzOnyAA
Victor Entertainmentの公式より。
2014年の12月5日に渋谷JZ Bratで行われたライブ­映像です。
横浜でのライブで見たときは衣装がちょっと違うかな。確か白くてふわふわのミニワンピだったような。

高岡早紀/LIVEメドレー(DVD「真夜中のバレリーナ [Deluxe Edition]」より視聴ダイジェスト)
https://www.youtube.com/watch?v=xeA4_JBs4o0
こっちは1989年10月10日〜11日、青山スパイラルホールで開­催されたデビュー・コンサートの模様をダイジェスト映像で公開したもの(2013年6月19­日発売DVD『真夜中のバレリーナ [Deluxe Edition]』より)
コンサートやったのは知ってたけど行ってない。
可愛いんだがつい胸に目が行ってしまう…
0

2014/12/10高岡早紀ライブ@Motion Blue YOKOHAMA(本番編)  音楽

ということで遅くなりました。いよいよライブの話です。
MOTION BLUE YOKOHAMAは赤レンガ倉庫にあるのですが、横浜には何度も行っているのに、赤レンガ倉庫に行ったのは今回が初めてです。
アイススケート場で滑る人たちを横目に見ながら赤レンガ倉庫に入り、クアアイナがあったのでこっちで食事取らなかったのを後悔し(行ったことない)、ようやく会場へ。

平日だったせいか、それともジャズライブバーという場所柄か、スーツ姿だったりそれなりにお洒落している人が多く、自分の格好を見て少々気後れする。
若い女性が何人かいたのは、もしかしたらバンドのメンバーのファンなんだろうか。
以前斉藤由貴のコンサートに行った時には「アイドル時代からのファンでした」という雰囲気の40〜50代あたりの人が多かったのですが、今回そういう人はあまりいなかったのはちょっと意外。

先に来ていたSさんに挨拶してから、席に座る。ステージから少し左に寄ったところの、後ろの方の席だった。

当日のセットリスト。
バックはギター、ウッドベース、ドラムの3人編成。
1.黄昏のビギン
2.ガラスの夜想曲
3.胸の振子
4.野蛮な憂鬱
5.真夜中のサブリナ
6.Ni-ya-oo
(ここでバンドが一旦引込み、山下洋輔登場)
7.アゲイン
8.星影の小径
9.エヴリタイム・ウィ・セイ・グッバイ
10.君待てども 〜 I'm waiting for you 〜

アンコール
1.やりかけの人生
2.Sleep Walker

途中で思い立ってアンケート用紙の裏に殴り書き→手帳に書き直したので、最初の方はもしかしたら違ってるかもしれない。
今回のライブについて、全然情報を仕入れていなかったので、まさか昔の曲をやるとは思わなくて、非常にびっくりした。ただ、アイドル時代に歌っていた曲も、キャピキャピな「いかにもアイドルソング」ではないので、意外に違和感はなく、しっくりと馴染んで聞こえるので不思議なものです。

高岡さんの服装ですが、白いふわふわのミニワンピースにハイヒール、素足か素足っぽいストッキング。
手足が細い!40代…だよな?子供…いたよね?それでこれか…普段何食べてるんだろう?
映画やドラマの撮影だの舞台だのあるんだから、芸能人って体力ないとやってけない仕事なんでしょうが、でも華奢だよなあ…。

アイドルの頃からそうだったけど、濃いメイクが似合うんですよね。
清楚さと妖艶さが同居している、とでも言いますか。
歌は上手い、というわけではないんだけど、声に雰囲気があってジャズには合ってると思いました。
亡くなった父親と親友で、子供の頃からの付き合いだったという山下洋輔との絡みを見ていると、「自分を小さい頃から見てくれているおじさまに懐いている娘」感がありますね。

※これはライブの後で思ったこと。一時期彼女、「魔性の女」って呼ばれていたんだけど(確か布袋寅泰との不倫が噂されていた頃)、そう呼ばれている女性芸能人にありがちな、エキセントリックだったり情緒不安定だったりと、いわゆるメンヘラっぽい面がないように見えますね。そういう不安定なところが無いから、女優としてコンスタントに活動できているのかもしれないな、と。

ただ一つだけ気になったのは、うるさいお客さんが一人いたこと。
「高岡早紀最高!」だの「可愛い!」だの、場の雰囲気をぶち壊すような大声で野次を飛ばす飛ばす。ロック系のライブならまだアリかもしれないが。
あまつさえ、「エヴリタイム〜」の途中でそのお客さんの携帯が鳴り出し、そのまま会場の外へ…。
「おいおい、ライブ前に携帯くらい切っとけよ。そしてそのまま戻って来るな」と思ったのだが、その思いも虚しく、数分で戻ってきやがった。
ライブ帰りに駅まで一緒だった人の話によると、下駄履いてたらしいですそのオヤジ。(和装だったわけではなく、革ジャン着てちょっと業界人っぽくもある服装でした)
かまって欲しいという気持ちがあるのならそんな気持ちは捨てろと言いたいし、ライブを盛り上げようとする気持ちでやっているにしろ、その場の雰囲気を壊すのはやめて欲しい。

アンコールの「Sleep Walker」が最高に格好良くて、山下洋輔がピアノを弾いて(というか、叩いて)いるのを見ていると、「ああ、思い切ってここに来て本当に良かった…」と心から思いました。
ついつい両手を上げて手を叩いてしまったのですが、ふと例のオヤジの方に目をやると「わかるよ」というふうに笑いかけてきた…違う、違うんだ!一緒にしないでくれ〜!

あと今回のライブで気になったのは、ベースを弾いていた鈴木勲さん。出てきたときにびっくりした…えっ、スカートはいてる!?
顔を見ると白いヒゲを生やしたおじいさんなのに、服装はおばあさんなんだよな…「鈴木勲 スカート」で検索すると、他のライブでもスカートはいてステージに立っているようで。何故スカート?

ライブが終わった時はもう11時近くて、家に帰ったときはもう日付も変わっていたのですが、とても幸せな気分でした。
ほんとに素敵なライブでした。

もしもまたMOTION BLUE YOKOHAMAに来る機会があったら、今度はもうちょっとお洒落して行きたいです。

あと当日撮った写真など。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/12/10高岡早紀ライブ@Motion Blue YOKOHAMA(前置き編その2)  音楽

大変遅くなってすみません。唐突に続きです。
前回の話は高岡早紀のライブに行ってきました(前置き編その1)から読んで下さい。

Sさんからメッセージをいただいたのは、ライブ前日の9日。
メッセージをいただいたのはありがたかったのですが、正直なところ、全くライブに行く気はなかったのですね。
さすがに横浜は遠いし、平日で仕事もあるし、行っても間に合わないし…と思っていました。
しかし、メッセージをよく見ると、なんと18時半スタートと21時半スタートの2回公演ではないですか。1度目のステージは時間的に無理だけど、2度目なら余裕で横浜まで行ける。
その数日前、10日の夕方に、会社の最寄り駅近くの病院でインフルエンザの注射を予約していたのですが、それを済ませてからでも大丈夫そう。ではあるのだけど、チケット7000円か…高いなあ…年末で物入りだろうし…と悩みつつも決心がつかないまま、10日当日も、特に着飾ることもなく出勤。
この日の服装は、グレーのハイネックシャツの上に赤いチェックのチュニックを着て、下はグレーのパンツに黒い靴。茶色のロングダウンコートに赤いマフラーという普段通りの格好である。

昼休みに旦那に「ライブ行こうかどうしようか迷い中」とショートメッセージを送った。
その日は定時上がりの日だったので定時に会社を出て駅に向かい、予定通り病院に行ったところで旦那からメッセージの返事が来ていた。
「行っておいで、滅多にない機会だ。チケットまだ有るかだけ確認して」と。

それを見て心は決まった。よし、行こう。

そうと決めれば話は早い。インフルエンザ注射をした後、ライブ会場に電話して、2回目公演のチケットを確保。ついでに会場のWEBサイトも初めてチェック。
飲食メニュー高いなあ…どこかで夕食食べてから行こう。注射をしたときに、もし気分が悪くなったらまた病院に来てくださいねと言われたので、念のために30分ほど最寄り駅の周りをふらふら。コンビニと銀行に寄る。

30分経ったので横浜に向かう。MOTION BLUE YOKOHAMA の最寄り駅はみなとみらい線の日本大通り駅。幸い一本で行ける。乗り入ればんざい。
駅に降りたら改札のところに横浜DeNAベイスターズ2014シーズンの軌跡「ダグアウトの向こう」写真展の案内ポスターが貼ってあった…が、この時点で19時を回っている。知ってたらみなとみらい駅まで足を伸ばしたんだがなあ。

ライブ開場は20:15なので、まだ一時間以上あるが、とりあえずiPhoneの地図を見ながら赤レンガ倉庫方面に向かう。途中でワールドポーターに寄って、新しく靴を買う。ラメを織り込んだ黒と白のチェックのスリッポン、2,052円也。
まあライブ会場で靴なんか見えないんだけど、そこは気分の問題です。履いていた靴が結構ボロボロだったので、せめて靴だけはきれいなのを履きたいなと。
そして鎌倉パスタに行き、バリューセット+パン食べ放題を頼む。
パンは一口サイズなのでついいくつも食べてしまう。
…と、20時近いな。そろそろ行くか。
0

2014/12/10高岡早紀ライブ@Motion Blue YOKOHAMA(前置き編その1)  音楽

12月10日に、横浜のMotion Blue YOKOHAMAまで高岡早紀のライブを見に行ってきました。
本当はもっと早く書くつもりだったのですが、週末に風邪で寝込んだり何だりでクリスマスに入ってしまいました。ただでさえ年末なんて時間が経つのが早いというのに。

チケットを取ったのは当日の夕方だったので、かなり突発的に行くことにしたのですが、それまでの経緯自体は結構長いので、ちょっとまとめてみます。

高岡早紀はデビュー当時から何となく注目していたのですが、映画やドラマを欠かさず見たり写真集や雑誌の切り抜き集めたり…というほど熱心なファンでもなかった。アイドル時代の曲は好きだったけど、実際にCDに手を出したのは、95年に出たベスト盤『Le Fetiche』から、その後後追いでデビュー盤の『サブリナ』を買ったくらい。コンサートもやってたようなのですが、行ってないんですよね。
最近特撮以外のドラマをめっきり見なくなってしまったので、ここ数年はあまり彼女のことも追っていなかった。Facebookやブログをやっている、というのも実は今回初めて知りました。何となくその手のはやらない人だと思っていたので、ちょっと意外。

11月に旦那とディスクユニオンに行った時に、『S'wonderful!+5』という再発盤を見つけて買いました。その時に新譜『SINGS -Bedtime Stories-』のポスターが店に貼ってあったので、気になるからいずれ買おうかな…という話をしてたのですね。そうしたら12月のある日に旦那が『SINGS -Bedtime Stories-』を買ってきてくれました。

Amazonのレビューを引用すると、
「高岡早紀の約22年ぶり(2014年時)となるアルバム。主演映画『モンスター』のエンディング曲「君待てども ~I’m waiting for you~」に続き、ジャズ・ピアニストの山下洋輔が全面参加!“夜寝る前に静かに聴きたいアルバム”をコンセプトに、歌い継がれるスタンダードなラヴ・ソングを厳選。シンプルなアレンジで、囁くようにセクシーに歌う大人の(ジャズ)ヴォーカル・アルバム。」

「君待てども」「黄昏のビギン」「胸の振り子」などの昔の歌謡曲や、「アゲイン」などのジャズをカバーしているのですが、タイトル通り、夜寝る前にゆっくり聴くとはまります。
その勢いで入ったままだったmixiの高岡早紀コミュに
「新譜聴きました。雰囲気があっていいですね〜。夜に聴くとハマります。」
てなことを書いたら、コミュのSさんという方が、
「10日に横浜でライブがありますよ」
と書き込んでくれました。
(次回に続く)
0

手持ちCDデータベース作成中  音楽

前々からやろうやろうと思っていて、以前エクセルでフォーマットだけ作り、何件か入力したまま放置していたデータベース作成を、この間の連休でちょっと再開しました。
入力が面倒くさいので、
「iTunesのライブラリを書き出して、そこからアルバム名とアーティスト名だけでも抜き出して表に貼り付ければ少しは楽なんじゃない?」
と思いつき、いざ試してみたのはいいのですが、xmlファイルだけで10MB以上もあったので、いざテキストエディタで開くと膨大になってしまう。
しかも、旦那から借りたCDをリッピングしたもの、ポッドキャストのファイルなど、手持ちのCDからリッピングしていない曲なども多数あったので、まずそれらのノイズを削除するのが結構骨でした。
しかもiTunesの情報欄って、発売年の情報は入るが発売日はない。とりあえず年だけはコピペしましたが。
連休から今日まで220件ちょっと、とりあえずアルバム名とアーティスト名、発売年は貼り付けたものの、肝心のCD番号やレコード会社の入力はこれからです。多分これが一番面倒くさいはずなんですが。
あと、リッピングしていないCDもそれなりにあるので、そこらへんはちょっとずつやっていくしかないかなあ…。
0

高野二郎さんの講座に行ってきました  音楽

東急セミナーBE自由が丘教室で、
「特撮ソングスペシャル企画 〜ゴジラで盛り上がろう〜」という一日講座があったので、今日CAT3人で行ってきました。
http://www.tokyu-be.jp/seminar/2014100006YB02091.html

「モスラの歌」と「ゴジラとジェットジャガーでパンチ・パンチ・パンチ」の2曲を取り上げる、と聞いて、かつてG-Sessionライブで「ゴジラと〜」のバックコーラスを歌った我々としては行かないわけにはいかない!ということで。

最初発声練習と軽いストレッチ→曲を聞きながら、楽曲についての説明、その後でみんなで歌いました。

ただ、「モスラの歌」はともかく、「ゴジラと〜」はコーラスしかやってないので、いざメインボーカルを歌おうとすると勝手が違うという…。
0

どうも今日は気持ちが落ちていたので  音楽

以前買ったままになっていた松任谷由実の『時のないホテル』を聴いてみる。リンク先のAmazonのカスタマーレビューを見てもらうとお分かりの通り、かなり暗い、内向的なアルバムなんだけど、そこが好きなんですよ。
2、3回繰り返して聴いたら、どうやら少し落ち着いた。


ユーミンは人並みには聴いているんだけど、それほど熱心なファンではない。確か中学生の時に 『VOYAGER』のLPを買ったっけ。
そういえば20年ほど前、一度コンサートを見に行ったことがある。場所は確か代々木第一体育館だった。多分母がどこかでチケットを当てたので、一緒に行ったような記憶があるんだけど、もう随分前の話なので、細かいことはすっかり忘れてしまったなあ。曲目なんかも全然覚えていないし。
1

Worlds End Rhapsody  音楽

最近、Nujabes『Modal Soul』ばかり聴いている。
とても切なくて、美しい。

その中でも最近特に好きな曲でも。

Nujabes - Worlds End Rhapsody
0




AutoPage最新お知らせ