41番が動き出す  野球

2010年に小瀬浩之選手が亡くなって以来、空き番になっていたオリックスの41番を、来季から佐野皓大選手がつけるとのこと。
背番号変更自体は8日にあって、「背番号41」がトレンド入りしてたようですが、その日はTwitter自体見てなくて。
日曜日に目が覚めて、Twitterで知ってびっくりして…ちょっと泣きました。

オリックス 佐野の背番号を来季から「41」に変更 10年死去の小瀬外野手以来10年ぶり復活

以下本文を引用。


[ 2019年11月8日 17:03 ]
オリックスの佐野皓大外野手
Photo By スポニチ

 オリックスは8日、佐野皓大外野手の背番号を来季から「41」に変更することを決めた。「41」は、2010年2月5日にキャンプ地の宮古島で転落死した小瀬浩之外野手が当時付けていたもので、その後は空き番号となっており、10年ぶりの復活となる。

 佐野は15年に投手として入団し、17年シーズン終了後に野手に転向。一時は育成選手契約となったが、再び支配下選手登録される際に93を付けていた。今季はチーム随一の俊足をいかし、1軍で68試合に出場。活躍を認められ、球団は他の番号への変更を打診していた。本人はいくつかあった空き番号の中から「41」を選択。球団は小瀬の経緯などを説明したが、森川秀樹球団本部長は「それでも本人は、その番号が良いというので了承しました。本人がその番号を背負って、勝利に貢献したいというので、いつまでも欠番になっているよりは良いと思う。前向きに付けていきたいという意志は尊重したい」と話した。

 小瀬の転落死について「ネットで知っているぐらい」という佐野は「(空き番号になっていた経緯は)自分はあまり気にしていない。今後、自分の番号にしていけたらな、と思う」と固い決意を示した。佐野は入団後、5つ目の背番号となる。


ここ最近はあまりオリックスの試合も見てなかったんですが、佐野選手はなんとなく名前は知ってました。サンスポの記事によると、

入団後、4度目の背番号変更となる佐野は、「(過去の出来事は)知っていました。(小瀬氏と)誕生日が(9月2日で)一緒なので縁も感じる。自分の背番号にしていきたい」と意気込んだ。


今年の2月にこんなツイートをしました。
https://twitter.com/rosetail513/status/1092743748289683457

「このまま系譜が途切れたままなのは悲しすぎるので、そろそろオリックスの41番を復活させてもいいんじゃないかなあと思うんだけど。

オリックスが優勝するか、当時いた選手が全員現役を退いてからか、それくらいの時間が経たないと難しいのかな。

もう9年か…。」

「#小瀬浩之を忘れない タグを見ていると今でも涙腺に来るな…。

忘れたくはないし誰かで上書きしたいわけでもないんだけど、そろそろ誰かが41番のユニを着ているところを見たくなってきただけ。」

小瀬もああいう亡くなり方をして、2、3年で誰かがまた41番をつけるのかな…などとなんとなく思っていたんだけど、いつの間にか、誰も何も言わないけどなし崩しに半永久欠番のようになり…。
これまでの事情を知ったうえで、41番の系譜を継ぐ人がいてくれるなんて、心から嬉しいと思っています。止まった時計がまた動き出したようで。

佐野選手はつい先日結婚したばかりとのこと。いろいろ背負うものもあると思うのですが、佐野選手は佐野選手らしく、あまり気負わず、末永く活躍してほしいと思っています。
Twitterもインスタもフォローしたので、これから応援していこうかなと。
いやマジで頑張ってほしい。
続きを読む
2

長野カープ入りか…  野球

「長野が人的補償でカープ入り」
てっきり東スポの飛ばし記事だとばかり思っていたのですが、仕事が終わって携帯見たら事実になっていたことに驚き。
内海のときも思ったけど、プロテクトされてなかったんかーい。
確かに年齢は少々行っているけど(今年35だし)、

しかし巨人もずいぶん人を入れ替えてきたな…。
0

「FOR REAL−遠い、クライマックス。−」感想  野球

「FOR REAL−遠い、クライマックス。−」を先日見に行ってきました。
 DeNAベイスターズになってから、「ダグアウトの向こう」(2012〜14)「FOR REAL」(2016〜)と公式ドキュメンタリー映画が作られるようになりましたが、実はこれまで全然観たことがなくて。
今回は予告編を見て行きたくなったので、先日思い切って見に行ってきました。
今年はハマスタも行けなかったしな…。

さて、観た感想ですが。ネットで言うほど重苦しくはなかったし、ところどころでは笑ったし、ところどころ涙ぐんだが(主に高城のトレードで)、少なくとも、映画のCMにありがちな「号泣しました!」とか「サイコー!」と言いたくなる映画ではないですw

映画を観ながら思っていたのは、どうして去年か一昨年見に行かなかったんだろうかと。そうしたらもっとスカッとした気分で観ていられたのにと。
思えば一昨年は、チーム初のCSを決めた試合を雨のハマスタに観に行っていたじゃないか。去年の8月には3日連続サヨナラ勝ちの3日目を観に行ってたじゃないか。どっちもカープ戦だなそういえば。

思えば一昨年CS初出場、去年3位からの日本シリーズ出場で、次は優勝だ!とみんな思っていたのだけど、今年はけが人が多かったし、先発陣も調子上がらないし、もともと選手層も厚くはないし…。これまでがうまく行っていただけで、今年のように怪我人が続出すると、結構危ないんだな…ということを改めて思い知らされた年ではあります。
でもまあ、カープもCS初出場から3連覇する前に1度4位になっているし、丸も抜けたし、行けるんだったら来年か再来年じゃないか?と勝手に思っています。筒香も山崎もメジャー行ってしまう前に。

その他印象に残った点を箇条書き。
・内海に完封されたシーンを見て、「来年から内海もライオンズか…」としみじみ(ちょうど移籍が決まった日だった)
・東が映ってると大概バナナ持ってるw
・倉本の「撮らんでいいっすよ」はそこだけ切り取られると確かに印象悪い、かもしれない(パンフを読むと決してそんなことはないとわかるのですが)
・個人的に木塚コーチが結構目立っていたような気がする。
・改めて砂田が可愛いw

来年はハマスタも行きたい…まあチケット取るの難しいのですが。無理そうなら一度横須賀にも行ってみたいな…。
0

ソフトバンク日本一&去年日本シリーズでのベイスターズの盗塁について  野球

カープ応援してたのでやはり悔しさが湧きました…。
大差で負けた試合はなかったのですが、余計にソフトバンクの底力というか、層の厚さを感じました。
こんなに強くてなんでシーズン2位だったんだろう…という疑問すら浮かんでくるほど。

で、なんてったって甲斐キャノン。ですよ。
1日に、Facebookの方で、「このままソフトバンクが優勝したら甲斐がMVP候補になりそう」と書いたのですが、まさかそれが実現してしまうとは。関係ないけど甲斐拓也って名前もカッコいいですね。

そしてシリーズ中ふと疑問に思った。今年は甲斐キャノン甲斐キャノン言われてるけど、そういえば去年の日本シリーズでそこまで言われてたっけ?と。
昨年シリーズでの甲斐の出場成績を調べたら、去年は3戦目と4戦目以外はマスクをかぶっていた(高谷と併用だけど)ので、対戦はしているはず。

「2017 日本シリーズ 甲斐」で検索して見つけたのが西日本スポーツのこの記事。
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks_flash/article/371219/

 ◆日本シリーズ第6戦 DeNA−ソフトバンク(4日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのキャッチャー甲斐の“バズーカ”が、ここぞの場面でさく裂した。

 0−0の2回、1死一、三塁のピンチ。バッテリーを組む先発東浜が、DeNAの8番嶺井をフルカウントから外角低めのスライダーで空振り三振に仕留めた。一塁ランナー白崎がスタートしていたが、甲斐の瞬時の二塁送球はベースカバーに入ったショート今宮のグラブに収まり、完璧なアウト。DeNAにとっては最悪の三振ゲッツーでチェンジとなった。今宮のタッチを見届けた東浜は、判定を見るまでもなくグラブをたたき、ベンチへと戻り始めていた。

=2017/11/04 西日本スポーツ速報=

「甲斐キャノン」と実況では言ってなかったと思うんだけど、しっかり白崎がやられてましたね…。

更に調べたところ、昨年の日本シリーズでのDeNAの盗塁は2つしかなく(第4戦に倉本1、第5戦に桑原1)しかなく、相手はどっちも甲斐ではなかった。
盗塁刺は4(梶谷1、桑原2、白崎1)だけど、梶谷と桑原が盗塁死したのは、甲斐が出ていない第3戦と第4戦。

ということで、そもそも甲斐相手に盗塁を仕掛けたのが1度しかなかった(そして失敗した)模様。

参考:■ 2017年度SMBC日本シリーズ 試合結果
http://npb.jp/bis/scores/nipponseries/linescore2017.html


カープ側は、結果的に盗塁にこだわり過ぎていたのが敗因だったのかなあという気もします。なまじホームランやタイムリーなどは出ていただけに、ガンガン打っていく方向でいけば…と言っても丸が第5戦除いて不調だったしなあ…。安部の満塁HRなどもあったけど、いまいち打線がつながらなかった感じ。
あと新井さんにシリーズでの見せ場がないのが残念だったなあ…。

11/4 タイトル変更&ちょっと記事を書き直しました。
0

最後の近鉄戦士は神宮に生息していた?!  野球

最後の近鉄戦士2人がCS挑戦 土台は「昭和」の猛練習
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000025-asahi-spo

岩隈もマリナーズを退団したのならいっそヤクルトに来ればいいのにw
と冗談はともかく、正直近藤がここまで生き残るとは思わなかった…。
35歳での初タイトルおめでとう!

坂口と岩隈と言えば、坂口はギターが趣味で、プロ入りしてからも時々路上でギター弾き語りをやっていたのだが、ある日その現場を岩隈に見つかってしまい、それ以来辞めた…というエピソードが好きです。
確か03年のシーズンオフだと思うんだけど、週刊ベースボールのオフ企画で、坂口が楽器屋を訪ねてギターを吟味していた記事があったのを覚えています。残念ながらもとの雑誌は処分してしまいましたが、取っておけばよかった。

0

阪神−中日戦 荒木&岩瀬ラストゲーム  野球

どうも。ここんとこ野球ブログと化してます。
ブログの「野球」カテゴリを追ってたら、その前に書いてたのが2012年頃です。
DeNAがCSに出たときとか、いっぱいネタあったはずだし、Twitterではそれなりにつぶやいていたんだけど、どうもその時はブログ自体書く気がなかったらしい。

今日は阪神ー中日戦を見ていました。Twitterで適宜実況しつつ、資格の勉強しつつ…でもあんまり手につかずw

森監督と金本監督の最後の試合で、荒木と岩瀬の引退試合だったのですが、9回に同点に追いつかれ、岩瀬にセーブがつかなかったのは残念。福留との対決もよかった。ラスト登板が藤浪からのヒットじゃなくてほんとによかったw 

延長になって多少グダったあげく、結局阪神に勝ち越され…そういや浅尾と野本の引退試合のときも阪神に勝てませんでしたね…。
中谷!浅尾からはファールしか打たなくても祖父江からは打つんかい!w

荒木は帽子を深くかぶって目元が見えず、話し方もハキハキとしていましたが、多分泣くのをこらえているように、わざと言葉を切ったように喋っていたのかなあという気がしました。プロ野球ニュースで改めて見た時、目の辺りが影になってたけど泣いてたように見えました…。

そして岩瀬はもう途中から涙声になってましたね。「(福留)孝介、球児、(高橋)聡文…」というところで言葉が詰まってた…。「甲子園のヤジは怖かった」ってところでは阪神ファンからも笑いが起きていたのは面白かった。

セレモニー後の選手との握手と記念撮影で、浅尾がいたのが嬉しかったな。まさかまだユニフォーム姿見られるとは思わなくて。すみません、現在思いっきり浅尾ロス状態なんですわ…。自分でも内心ちょっと引いてるんですが。動画サイトで名場面集やTV番組の録画を見るわ、昔の名古屋ローカル番組に出てた文字起こしブログや、あまつさえなんJの過去ログまで手を出すわ…。先日引退記念グッズのトートバッグを注文してしまったし。(さすがにハート型のタオルとかは気恥ずかしくて買えなかった)

自分が今年見た引退セレモニーは、加賀、後藤(DB)、浅尾&野本(D)、本多(Sh)、根元、岡田(M)、石井、矢野(Fs)、そして荒木&岩瀬(D)…テレビでは見てないけどニュースやTwitterの動画でチェックしたのが杉内(G)、天谷(C)、松岡&山本(YS)あたりかな。結構多いな。戦力外になった選手も含めて、松坂世代(後藤、矢野、小谷野、杉内、村田)と84年組(浅尾、野本、本多、大隣、岡田、荒波、吉村、西岡)がごっそり抜けた印象。

レギュラーシーズンのラストゲームが引退試合だった荒木と岩瀬はさしずめ中ボス、ラスボスはもちろん松井稼頭央と新井さんで(まだ引退セレモニーやってないよね?)。やるとしたらCSか日本シリーズになるだろうし。
0

そういや東北福祉出身の野球選手に介護のイメージってないな  野球

今日、ブログに貼り付けてある「コトノハ」の、自分が過去に答えたリストを見ていたら、
「その者、青き衣を纏いて、ナゴヤドーム9回表のマウンドに降り立つべし。」
というコメントに対して、
「岩瀬もそろそろ…と言われつつ長いよね。しかし今後は浅尾きゅんに期待したいところ。どうか壊れないでね。」
とコメントしていた…。
自分でもこのコメントしたのはすっかり忘れていたけど、他のコメント見る限り、2010年頃に書いたと思う。今見るとフラグになってしまったような…。

岩瀬は一時期目に見えて衰えたけど、また復活して、今年ようやく引退だもんな…。見かけは地味だけどほんとに凄かったよ…。

そして今は浅尾の引退がまだ寂しい。引退報道から2週間経ってるのに。
2010年の日本シリーズは今でも覚えているし、割と好きな選手ではあったが、そこまでファンじゃなかったはずなのだが。2012年以降登板機会がぐっと減ってしまったため、あまり印象がなくなってしまったのがただ寂しい。
引退記念グッズまで注文してしまった。昔出た本とかも注文しようかと思ったけど、今見たら悲しくなりそうなのでパスかな…
0

引退試合で思うこと  野球

たまにはブログも書いてみる。

今年は引退する選手が多く、引退試合やその後の引退セレモニーを見る機会が多い。テレビで見るだけでなく、最近はTwitterで投稿された動画を見ることもある。
思い入れがあった選手も、それほどでもない選手もいるけど、やはり何かしら思い出や印象は多かれ少なかれあったりするわけで、現役時代にそこまで見てない選手でも、セレモニーを見ていて涙したりもする…のだが。
入団の頃から記憶にある選手が引退し、在籍年数を聞いて愕然とする。
「えっ10年?そんな前からいたんだ。この間入団したばかりだと思っていたのに」
「12年か…もうそんなに経つんだ…」
などなど。

自分がプロ野球を見るようになってもう20年くらい経つ。
と言っても毎年そう熱心に見ているわけでもなく、年によって結構濃淡があり、熱心に見る年もそうでない年もある。球場に何度も行った年があれば全然行けなかった年もあり…今年は全然行けなかったが…。

テレビやラジオ、スポーツ紙や雑誌だけでなく、WEBメディアで情報を追ったり、野球好きな人と楽しんだりするのも楽しい。思えば、Yahooの球団コミュ、個人の野球ホームページ、2chのプロ野球板、mixiのいろいろなプロ野球コミュニティ、Facebook、Twitter…と、ネットの歴史とともに、中心的に見るものも変わっていった。

2chのプロ野球板は、主にネタスレ中心に常駐していたのだが、スレの中心だった選手が引退してしまい、スレ投下規制が厳しくなって人も減ってしまい…というのが寂しくて、3,4年ほど前から行かなくなってしまった。
今日数年ぶりに見に行ったら、ずいぶんスレッドが減っていて、ちょっと寂しさを覚えたものだ。

年をとるにつれて1年が経つのが早くなり、10年前がついこの間の事のように思えたりするんだけど、人は年を取るし、確実に時間は流れているのだということを、ここ数日の引退試合ラッシュで痛感している。

近々引退試合の感想なども書きたいなあ…。
0

杉内惜しかったな〜  野球

最後だけ見てたんだけど、まさか8時過ぎに終わるとは。
9回2アウトフルカウントまで行って四球とは。

完全試合っていうのも、なかなか出ないもんだねえ。
94年に槙原が達成したときは、まだそれほど野球見てなかったし、あまり印象がない…。

横浜VSソフトバンク、今日も最後までやきもきしましたが、なんとか逃げ切れてよかった。
これで交流戦順位も8位に上がり、セ・リーグ上位3チーム入り…って、巨人と中日が交流戦1,2位独占ってどういうこと?まあ、下から1位と2位もセ・リーグが独占しているわけですが…(゚∀゚)
それにしてもヤクルト大丈夫かい…。
0

4年ぶり…(泣)  野球

ベイがオリックスに勝って実に嬉しい。こんなに嬉しいことは4年振りくらいだ。さあ、盃を持ちなさい!(名護さん風)

最後はかなりヒヤヒヤしましたがwやっと勝ててよかった…。
一昨年なんか目の前で交流戦優勝決められちゃったしな。あれは悔しかった…。
2010年6月14日の日記参照)

藤井も2年ぶりの勝利おめでとう!



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120528-00000522-sanspo-base
藤井2年ぶり勝利!ベイがオリ戦14連敗で止める

 (セ・パ交流戦、DeNA2−1オリックス、2回戦、1勝1敗、28日、横浜)DeNAは筒香の4号2ランで挙げた2点を5投手のリレーで守り、オリックス戦4年越しの14連敗(引き分け1を挟む)をストップ。2008年5月26日以来1463日ぶりの勝利を飾った。

 先発の藤井は五回まで李大浩のソロ本塁打による1失点に抑え、移籍後初勝利。巨人時代の2010年10月2日、横浜戦(現DeNA)以来となる、2年ぶりの勝利投手となった。

 藤井はヒーローインタビューで「横浜ベイスターズの藤井です。応援ありがとうございます。1つ1つアウトを取って、せっかくホームで投げられるので、頑張ろうと思ってました。みんなに助けられて、筒香の本塁打がすごく後押しになりました」と笑顔をみせた。
1




AutoPage最新お知らせ