2008/10/29

改造版モノスキー  ★モノスキーに改造

クリックすると元のサイズで表示します新品のスノーボード/ブラックホールに
 インサートホール12個作成し
   モノスキーバージョンに改造!

このインサートホールを作成するようになって、モノスキーの愛好者が想像以上に多い事に気が付きました。

県内のスキー場やお隣の安比スキー場では残念ながら見た事がありませんが、チャレンジして欲しいな




予備ホール2個づつプラスして合計12個作成します。
 作成希望位置はここ ↓
クリックすると元のサイズで表示します


一応印し位置を再点検し作業開始
 こんな具合に仕上がります!
 クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
幸いブラックソールなのでパッチが目立ちません



クリックすると元のサイズで表示します同梱されたビンディングをセット!
これでまたひとつ愛機が誕生です。

モノスキーは高価ですし重量も結構ありますが、
改造バージョンは比較的軽い、
そして何よりボードと二刀流で楽しめます。

雪上デビューはいつかな?
 私もとても楽しみですね


2008/10/28

スノーボード修理・ノーズ剥離  ★陥没、剥離、折損他

軽くて、重宝していたスノーボードの
 ノーズ部分が大きく剥離。

クリックすると元のサイズで表示します


この剥離状態のまま暑い真夏を過ごし
  数ヶ月経過した為、ところどころ
  剥がれたソール素材が伸びて歪んでいます。

剥離して間もない時期なら綺麗に接着できますが
 期間が立ち過ぎると境目や素材の歪み部分が
  出てしまう事があります!

見た目より、使用できるようになればOKと
 快くお客様が了解
 さっそく補修作業開始。
 
 

接着面双方のゴミや汚れ、残った接着剤など
  綺麗に除去しクリーニング。

その後接着面を乾拭きし乾燥。
 そして接着し、4日間じっくりプレス!

そして補修完了はこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します

またソールに気になる穴が数箇所空いてた為
 ソール素材をカットしイエローパッチでカバー

これで今シーズンもまた無事に出動できますね!
このボードは補修のみのご注文です。


2008/10/27

プロテクター作成  ★欠損プロテクター復元

【追記】
 このプロテクター欠損修復のご注文は
 現在お受けしておりませんのでご了承ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今年の3月にフィッシャーの欠損プロテクター復元の
 ご注文を頂きましたが、
 今回も全く同じ状況のご注文です。
  しかもメーカーも機種も同じ!

クリックすると元のサイズで表示します

 本体とプロテクターのジョイント部分が
  3ミリほどしかない為取れ易いのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

ソール側を見ればスポンと抜けたって感じ!


手持ちのスキーから嵌め込むパーツを作ります。
 両サイドにはエッジモールが収まっている為、
  削ってその窪みを作り、既製のものより
   深く差し込んで固定できるようにパーツを作成。

取れた部分のソール素材、デザインシート
 双方を少し剥がして差込口を確保し
 パーツをがっちり固定

  2日間接着&プレスしてこんな状態に
クリックすると元のサイズで表示します

既製のプロテクターを見ながら 
 ラジアルファイルで少しずつ研磨しながら
   形を整えます。

クリックすると元のサイズで表示します


ほぼ同型に揃えた、クリア塗装して完成です!
クリックすると元のサイズで表示します


メーカーではこの部分のパーツが
 あるはずですが『非売品扱い』ですし、
 『修理不能』といわれます!



 雪上復帰させたい!
  その気持ちが ぎゅっと詰まった加工パーツです!
   多少の不揃いは笑って許してくださいね。


さーて、明日からこのスキーも
    チューンナップ作業です!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ