2013/1/25

そろそろ雪板の寿命  ●ソールの劣化

到着した雪板を点検すると
凄く乾ききった感じのソールがよくあります。


よ〜く見るとソール素材に細かい亀裂が
入っている雪板があります。
これはソール素材の劣化です。
ソール素材が疲労困憊気味!


これをマシンに掛けると通常圧の
送りローラーを通過しただけで
ソールに蜘蛛の巣状に細かい亀裂が
もっと入る事があります。

たとえばこのボードのテール部分
クリックすると元のサイズで表示します


拡大するとこんな感じ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ソール素材は伸縮性のある材質のポリエチレンが、
使用されていますが、温度差や摩擦などによって
酷使され柔軟性がなくなり硬化したものです。
劣化し始めると板が撓るたびにこの亀裂が
次第に板全面に出てきます。

こうなるとホットワックスしても浸透せず
ワックス持ちも非常に悪くなります。

使い込んだ雪板をご自身でも点検できます。

トップ部分をつかんでセンター部分を
強く何度も押してみるとそれだけで
この亀裂が発生する事があります。
その場合はそろそろソール素材が寿命です。

=雪板も寿命。

お疲れ様、ご苦労さんと労ってあげましょう!



← ワンクリックお願いします!!



★今がチャンス!送料無料のお買い得スノーボード★






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ